空のように、海のように♪


パピヨンパパの思うこと
by willfiji
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メールアドレス
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
最新のコメント
紹介 日本語の起源..
by コトタマ学 at 22:03
ジョニー店長、動物達は何..
by パピヨンパパ at 21:10
目は、口ほどに…と、言う..
by Jony店長 at 20:08
大変参考になりました!!..
by 拓也 at 21:52
拓也君偶然ですね、弓張は..
by パピヨンパパ at 11:03
佳苗ちゃん、いいよ!幹事..
by パピヨンパパ at 10:24
突然のコメントすいません..
by 拓也 at 12:47
良いなぁ…月山!! 来..
by 佳苗 at 10:34
ジョニー店長。休みの考え..
by パピヨンパパ at 08:23
平田さん、   ご意見良..
by jony店長 at 21:48
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
正義と信念のために
from 笑う社会人の生活
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
トキ 4羽の繁殖成功 多..
from ローカルニュースの旅
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2018年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧


「青べか物語」(読書no.281)

「青べか物語」 (著・山本周五郎)

a0199552_15485931.jpg

山本周五郎を読み続けている。「青べか物語」の評価は別格のものだがボクは未読だった。

読み進むうちにその特異性がわかった。著者は自分の文学は大衆文学ではないという理由で直木賞受賞を辞退したとか、では純文学か?と思ってみても「樅ノ木」も「さぶ」もそうとは言えない。疑問はこの「青べか」ではっきりした。まさに漱石のように書かれていた

時は昭和初期、浦粕という東京近郊の海辺の人たちに起こる日常を描いている。


著者は
25歳の一年間を浦安で過ごした。そして30年後この本を著した。2著者は貧乏なその日暮らしの若者だった。童話や短編を雑誌に載せわずかな原稿料で暮していた。海へそそぐ川岸でスケッチしたり本を読んだりしていたから街の人たちから先生と呼ばれた。

蒸気船が人々を運ぶ船乗りが住む街でもあった。漁船は近海の貝採りを生業にして仕分けする工場があった。貝殻を石灰にする工場もあってそこでは男も女も裸で働いていた。船着き場には居酒屋が並び、女給が酌もすれば春も売った。


東京から近く釣り船屋があって漁場を案内する船頭たちが雇われていた。恋があって愛があってちょっと破廉恥な日常があった。子供たちはマセていて男と女の行為を悪びれることなく大声で歌った。先生はその中でもインテリだったが25歳の若者でもあった。


「べか」とは小舟のこと、使い物にならなかった古い船を著者は買わされる、修理してもらって何とか浮かんだ。青いペンキで塗りなおしたから「青べか」と言う名前をつけた。


「青べか」を漕いで子供の遊び道具のような釣り竿でスズキやフナを釣りそれが貧しい食卓を飾った。


著者は時代小説作家と言われるがこの本は昭和初期のノンフィクションである。
30年経って著者はどんな思いでこの本を書いたのだろうかボクは当時の社会に引き込まれながらそんな考えに至った。

大家となった著者は若き日の自分に還ったのだと思う。その中に女の子が出てくる。きっと著者が恋した子だろう。著者は昭和
4263歳で他界する。あっという間の人生だった。


「上智と下愚は移らず」と言う言葉を著者は遺す。人は天才でもなければ愚人でもない。そのどちらでも無い中での人生がある。海辺の人たちを描いて、同じ人生なら上智をめざす人生を送るべきだと
30年経った著者は言いたかったのではないだろうか。


著者自身が若者に戻ったらその後どんな人生を送ったかを考えたのかも知れない。

読書はいつも自分の中にある心情を理解させてくれる、大衆文学でも純文学でもそれはかわらない。


[PR]

by willfiji | 2018-09-14 16:00 | 読書 | Comments(0)

「ツキノワグマ」(読書no.280)

ツキノワグマ」 (著・山崎晃司) すぐそこにいる野生動物。

著者を動物園ボランティアの勉強会で知った。

a0199552_16041194.jpg

シカやイノシシ、サルやクマが人里に出現し人間由来の作物を荒らしている。


そんな報道が頻繁になった。今やシカは
200300万頭、イノシシが80100万頭、ニホンザルは1520万頭が生息し、毎年何万、何千と言う数の動物たちが捕殺されている


クマも例外ではない。生息数はヒグマを合わせても
2万頭に過ぎないが出没すると人に危害を与えることもあって大きなニュースになる。

毎年50件から150件の人身事故が起こり、その中で死亡事故に至るのは多い年で数件、3000頭が捕殺されている。


少し前までは再び山へ返したことが多かったが最近は捕殺が圧倒的に多い。


捕殺処分を決定するのは国ではなく市町村、当然担当者に専門家が少なく、捕殺に対する動物愛護者からの厳しい指摘と被害農家や近隣住民からの排除の声の間にコンセンサスの行き場に迷う現状がある。


著者はツキノワグマの生態を多くの人が知ることが、絶滅危惧種である日本のツキノワグマと共に生きる社会をつくるとこの本を著した。


クマが日本列島にやってきたのは
30万年から50万年前、人は4万~5万年前だ。現在本州と四国にツキノワグマが生息し、九州は絶滅した模様である。北海道にはツキノワグマはいない。いるのはヒグマだ。


四国のツキノワグマは
30頭ほどで絶滅寸前の状況。


野生動物保護に懐疑的な人がいる。野生動物が人間にとってどんなメリットがあるのか?という理由だ。あえて挙げればツキノワグマは地球温暖化によって植物が北上や高地移動する時、その種子を糞で運ぶと言ったメリットがある。


それがなくとも野生動物保護は人間としての使命ではないか。

韓国では絶滅したツキノワグマを輸入してまた森で生かそうとしている。見習うべきだと思う。


「クマの生存理由を問う必要はない」と著者はどなたかの言葉を使って断言する。


地球上に住む野生動物は数パーセントに満たない、家畜と人類がそのほとんどを埋める。

ボクの活動している多摩動物公園には「道産子」と呼ばれる馬がいる。「北海道和種」が正式名。少し前までは北海道で農作業に使われていた馬であのばんえい競馬の馬ではない。


トラクターや耕運機によって使用価値が無くなったこの家畜馬を前にもういらない馬ではないか?と質問する人がいた。その時、ベテラン動物説明員は見事に切り返した。道産子は文化です」と。
動物は生きているだけで大切な存在だ。


ツキノワグマは奥多摩や箱根にも生息する。最近では人家のそばに出没するようになった。

著者の話で面白かったのは今野生動物が増えている理由の一つに森の拡大があるというもので、日本の森林は数百年単位で考えて今が最もこの国土を覆っているということだ。

奈良時代の仏教建築から日本人は森林伐採を続けた。森を捨てたのはつい最近のことと納得する。日本の動物たちは日本文化と共に生きてきた。


キャンプしていてクマにこそ会わないがシカやサルに出会って自然を感じる。絶滅していなくてよかったと思う。それがいい。


ツキノワグマの体重は60~80キロ、多くの人が思っているより小さめだ。食肉目という種にあるが食糧の90%は植物種や昆虫から取っている。


自然保護だからと言って人間に危害を加えることを学習したツキノワグマはやはり殺処分するのがいいと著者は一方的にクマ保護に走らない。増えすぎたシカやサルを管理処分するのも残念だが仕方がない。そのコントロール力が今後ますます求められる

極端な排除主義と過激な動物愛護
に偏らない生息区域を結んだ小さな地町村だけに任せない国の政策が必要だ。これから進む里山の過疎化とそれに伴う野生動物の増加にどう取り組んだらいいかを著者は提示する。


野生動物といえばアフリカやアマゾンのことだと思いがちだがそうではない。日本人と共に日本の動物たちが生きていけること、それが問われている。


[PR]

by willfiji | 2018-09-08 16:17 | 読書 | Comments(0)

「世界史序説」(読書no.279)

世界史序説」 (著・岡本隆司) アジア史から一望する。

a0199552_12505249.jpg

資本主義の終焉といわれる世界の状況がある。第2次世界大戦後の米ソの冷戦を経て、世界は地域的な紛争はあっても平和と融合の方向に向かっていた。


日本も戦争のない平和な日々の中で民主主義国家として先進国の仲間に入り、先頭集団を走った。そんな景色が変わってきたのは日本では安倍政権の東日本大震災後からで、イギリスの
EU離脱、アメリカのトランプ政権誕生と時を同じくする。


何れの国も国民が選ぶという手順に従っているから首をかしげるのだが、今までとは違ったベクトルが働いているのは確かなようだ。

そんな中でこの本が評判になった。もう一度世界史を見直してこれからの見通しを持ちたいという人たちが多いことの証でボクもそんな気分でこの本を手にした。


アジア史とあるから東アジアを中心に書かれているのかと思ったら違った、文明の発生をユーラシア大陸の中ほどに置いた展開だ。

著者はシルクロードを境界とした遊牧と農耕の歴史から世界史を観る。


遊牧は武力において農耕を上回り世界を支配した。

権力は武力によってもたらされる


ローマ市民は自ら武器を持たなくても傭兵によって力を持ち、モンゴルのチンギスカンは遊牧の首領であったがオリエントの文化人や農耕民族を従えて大国を治めた


我々が身近な中国の支配者は南の農耕と北の遊牧が交互に入れ替わる歴史を持つ、ちなみに明国は南、清国は北で日本が担いだ満州国溥儀は清朝最後の皇帝でもある。


ユーラシア中央が世界の中心であった時代から、辺境だった西欧が歴史の主役に躍り出るのが近代である。スペイン、ポルトガル、オランダ、イギリスと世界のリーダーが変わるがヨーロッパが近代を主導したことに変わりはない。

著者はヨーロッパと同じように辺境の日本がきわめてヨーロッパに近い形で近代化したとこの本のテーマを明かす。

近代日本が文明開化を迎えたのは辺境で漢字、仏教、儒教の影響を受けながら独自の文化を築いてきた。


ヨーロッパの台頭から二つの戦争を経てアメリカがその先頭に躍り出る。


そして今、資本主義の終焉といわれる現象であるアメリカファーストを標榜するトランプ政権の誕生はアメリカが世界のリーダーから降りる象徴でもある。


トランプと同じようにプーチンや習近平といった大国の指導者の強権なふるまいは歴史の流れに逆らうものだが歴史はいつもらせん状に進む、人間は常に正しい道を歩むわけではないからだ。

日本の安倍政権も残念ながらその道を行く、理想通りにはいかないという理性や良識に目を閉ざすポピュリズムが政権を支えている。


しかし、新しい潮流も起こっている、脱原発や核兵器禁止条約、地球温暖化阻止に向けるパリ協定、マイクロプラスチック抑制などがそれだ。どれも日本政府は前向きではないが、日本国民として推進の姿を世界にみせたいものだ。


[PR]

by willfiji | 2018-09-02 15:42 | 読書 | Comments(0)