人気ブログランキング |

空のように、海のように♪


パピヨンパパの思うこと
by willfiji
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メールアドレス
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
最新の記事
最新のコメント
紹介 日本語の起源..
by コトタマ学 at 22:03
ジョニー店長、動物達は何..
by パピヨンパパ at 21:10
目は、口ほどに…と、言う..
by Jony店長 at 20:08
大変参考になりました!!..
by 拓也 at 21:52
拓也君偶然ですね、弓張は..
by パピヨンパパ at 11:03
佳苗ちゃん、いいよ!幹事..
by パピヨンパパ at 10:24
突然のコメントすいません..
by 拓也 at 12:47
良いなぁ…月山!! 来..
by 佳苗 at 10:34
ジョニー店長。休みの考え..
by パピヨンパパ at 08:23
平田さん、   ご意見良..
by jony店長 at 21:48
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
正義と信念のために
from 笑う社会人の生活
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
トキ 4羽の繁殖成功 多..
from ローカルニュースの旅
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2016年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧


総員玉砕せよ

総員玉砕せよ」「ああ玉砕」(著・水木しげる)
水木しげるは自らの体験のもとに描き出す、一人の兵隊として戦場でおこった事を生き残った者の責任として後世に伝えている
総員玉砕せよ_a0199552_1244378.jpg

南の島の戦いで水木しげるが体験したのは、上官に絶対服従の軍の姿だ、兵隊は一日中なぐられていた世界だ、

総員玉砕せよ_a0199552_1252240.jpg

食べ物もなくやせ細った隊へ「全員玉砕」の命が下る、銃剣だけで戦車に突入する、「気合勝負」の戦いだ。

兵が壊滅する中で何人かの生き残った兵がジャングルで合流する。ひとまず退去して大隊に合流するが、「あっぱれ!全員玉砕」と報告され軍の士気向上につなげた後のことでもあって、再び玉砕を命令される。反対者は自決か銃殺、あまりにもむごい。

敗戦直後、軍はほとんどの資料を償却したが、生き残った人たちの証言が事実を暴き出している。

兵たちは東条英機の「生きて虜囚の辱めを受けるなかれ」の言葉によって玉砕の道を進んだ、美しい言葉は時に残酷さを人に強いるのだ。

2週間ほど前、NHKで「東京裁判」が3夜連続で放映された。
裁判で裁かれる東条英機は「生きて虜囚の辱め」を受けていたのだからこれほどの喜劇はない。

東京裁判の判決に異を唱えたパル判事を引き合いにあの戦争はアジア解放の戦いであったとする人たちがいるが、全く誤った考えだ、パル判事はその時の戦争に関する法解釈では無罪であると主張したものでボクもその意見には賛成だ。だから本来なら、日本の戦争責任とともに欧米の植民地政策やアメリカの原爆投下責任も問われるべきで、パル判事の次への展開が国際社会で必要になったのだ、それがなかったから冷戦がおこり憎しみの連鎖が始まり今また各国の軍事費増大という歴史的退化が始まっているのだ。

戦争はしてはいけない、「国のために尊い命をささげた」という言葉を使って靖国参拝をする政府要人の人たちが戦争を美化する時、そこに戦争を再び生む土壌があることをしっかり押さえなければならない。

言葉は人を救うが破滅に導く怖さもある。


今月安倍首相が真珠湾戦没者をオバマ大統領と共に慰霊した。
二度と戦争を起こさないという不戦の誓いを支持しない人はいない
安倍首相の言葉を読むと憲法9条の精神そのままでなぜ同じ人が改憲論者なのかわからない、総理大臣が2枚舌や嘘つきでは通るはずがない。

真珠湾訪問で安倍政権の支持率が高まったという報道は政権にすり寄るマスコミの姿を現している。少し前のプーチン大統領との会合でも日露平和条約を望まない人はいないから、北方領土問題は別にしても両首脳が対話を持ったことに反対する人は少ないのだ。

中国の南京事件や韓国の慰安婦に対しても首相が二度と過ちをくりかえさないと現地慰霊訪問したり、竹島も尖閣も北方領土と同じように「新しい秩序を作る」という棚上げによって領土問題を解決するという姿があってこそ初めて世界に対して平和国家日本を表明できることになると思う。

しかし安倍首相と同行した稲田防衛大臣が真珠湾から帰ってすぐに靖国に参拝するということを見ても可能性は少ないだろう。

大臣は国のために死んだ英雄を慰霊するのはあたりまえと言明した。戦争で死んだのは日本兵だけではない。
東京裁判で裁かれた人の罪はもしその人たちが戦争の道を進まなければこの戦争で死ぬことはなかったということにある。
稲田氏の行動は日本の戦争によって被害を被った隣国の人たちの感情を逆なでしたことは明らかで国務大臣としてしかも自衛隊を管轄する大臣として許されるものではない。

集団的自衛権容認、沖縄の基地移設とオスプレイ配備、核や南スーダンの武器輸出禁止の国際条約へ反対や棄権票を投じる等、この政権に「二度と過ちを犯さない」とした不戦の誓いは日米軍事同盟強化をめざした軽い言葉でしかないと思わざるをえない。

韓国の慰安婦像がなかなか撤去されないことに異を唱えるなら要人の靖国参拝にも意を唱えるべきであろう。自国ファーストという思想は誰にでもあるが内向きになっていわゆる右傾化してはならない。

来年こそは自国ファーストは相手国にもあるのだということを心する、
相手の身になって考える」ことができる平和国家日本の道を歩んで欲しいと願っている。



by willfiji | 2016-12-31 12:15 | 読書 | Comments(0)

生物と無生物のあいだ

「生物と無生物のあいだ」(著・福岡真一)

少し前、東京農大のシンポジュウムに行った時、学生街の古本屋で目にしたのがこの本だ。当時ベストセラーだったこの本、ペラペラめくったらたちまち虜になった。
生物と無生物のあいだ_a0199552_186561.jpg


人間は6兆の細胞を持つ(3,7兆との説もある)、細胞の中に核があって染色体が存在する。染色体はDNAがタンパク質に巻き付いたもの、そおDNAの一部に遺伝子がある。人のDNAは2万2千の遺伝子があると言われ遺伝子情報を持つ、この情報をゲノムという。染色体は22種類の常染色体とXYの2種類の生染色体があって人間は46本の染色体を持っている。

生命に関する本を読むといつも混乱するのは総体をなかなかイメージできないからだが、この本で少しイメージできるようになった。

生物にはすごい構造がある。
本は生命とは何かを問い続ける、DNA発見までの、研究者たちの競う姿が書かれている、演繹的に考えるのと帰納的に考えるのとどっちが正解に導く道として優れているのかも書かれていて捏造に至りやすい環境にある研究者たちの内面をも知ることができる。

表題にあるように読み始めたら止まらない本だが、何度も読みなおさなければ理解できない部分もあって内容が濃い。

最も興味深かったのは「生命とは自己複製するシステム」というものだ。
例えば人間の細胞には途方もない原子、分子がふくまれているのだがその大きさからすれば体は無限大に大きい。それは、分子の中に異常なものが出てもそれが他に影響することを防ぐためだという。そして、細胞の中の分子は半年から一年でほとんど入れ替わる。

脂肪も蓄えられると考えるのは間違っていて、入れ替わっているのだ。DNAが破損しても絶え間のない分解と合成の中で修復していく。
過去の自分のいやなことは分解されると考えるとさわやかな気分になる。

その動きが止まるのが死だが、死を迎えるまで新たな細胞ができていると知ってその時間の大切さ を改めて思うに至った。


by willfiji | 2016-12-23 18:12 | 読書 | Comments(0)

「ホ・オポノポノの教え」「竹田和平氏の生き方」

ホ・オポノポノの教え」(著・イハレアカラ ヒューレン)
たった4つの言葉で幸せになれる。心がらくになる。

日本一の大投資家から教わった人生で最も大切なこと」(著・本田晃一)
竹田和平氏の生き方。

戦争についての本を読み続て精神的に少し疲れた。少し一服するために
この2冊を選んだ。
この2冊は全く関連がないのだがボクの中では繋がっている

「ホ・オポノポノの教え」「竹田和平氏の生き方」_a0199552_1226463.jpg

「ホ・オポノポノ」はハワイの教えでその心は仏教の空に通じる。
ボクは人生の中で迷ったりストレスを感じたりする時に気功や座禅に身を置くことで
心のわだかまりを解いていった。

大きく呼吸することや天からのエネルギーを感じることでそれを丹田に満たし、
自分の細胞一つ一つに語り掛けることによって、全身が浄化され嫌な事を体から吐き出す方法が身に着いた習慣になった

リタイヤと同時に太極拳やヨガをするようになったのも、これから年老いていく身を自分なりに整えておきたいと思ったからだ。

ホ・オポノポノを具現化したのはフラダンス、手や腰の動きで愛を伝えるあのダンスだ。優雅な動きは確かに太極拳に通じる。ボクにフラは無理だが、この本によって、その教えを知る事ができた。
「ありがとう」、「ごめんなさい」、「許して下さい」、「愛しています」。この4つの言葉を使って記憶をクリーニングするというものだ、それが仏教でいう「空」なのだ。

「ごめんなさい」、「許してください」とはなかなか言えないもの、著者は「愛しています」だけでいいという、ボクにはこれも難しいからよく使う「ありがとう」を今まで以上に使って行こうと思う。

「許す」という言葉が胸に刺さった。人は何でも許すことができるのだろうか?
許せない相手に向かって「許してください」と言うには更にハードルがあがる。

そんな時は×でいいとあった。これならできる、嫌な事があった時、それを飲み込んでしまうことは難しいことだ。×にしてしまうことならできる。これは空に通じる。

ホ・オポノポノの本は何冊も出ている。また癒しの時間を持ちたい時に読んでみようと思う。
「ホ・オポノポノの教え」「竹田和平氏の生き方」_a0199552_1227489.jpg


「竹田和平」は名古屋のタマゴボーローで有名なお菓子屋さんの会長で日本のバフェットと言われる大投資家だ。
氏は新自由主義といわれるような金融論者には与しない本当の投資家だ。

リーマンショック時も大きな損失を被ったが気にすることなく王道を貫いている。
「本当の経済活動というものは、相手を思いやりお互いが幸せになるということだ」という主張にみられるように、本質を突き進むことの大切さ示した人だ。

ボクは現役時代、友人や周りの人が株に手を出す中で投資にはあまり興味がなかった。
お金そのものに囚われてはいけないという父の教えが身に着いていた。村上ファンドやホリエモンの存在を下品だと思った。一方お金があれば手に入れられる多くの物を手にしたかった。人間は平等ではあるが物質的に豊になるためには競争が必要だと考えている。社会主義国家の崩壊を目の前にして、分配の平等化はいいが分配する人の階級を作り自由が束縛されがちに社会主義や共産主義はなると思った。

そんな時、ボクの心を捉えたのは「王道」ということだった。人間は豊かさを求めそれを手に入れることで幸せになれる、その幸せを作る働きが社会貢献という考え方だ。

人を不幸に陥れてはならない。社会でそれを実現するシステムとして企業がある、そうした企業を応援するのが真の投資なのだと思うようになった。

気がつくとそんな思いを実現する器の大きな人たちが沢山いた。人間の幸せを実現することが社会貢献なのだから、戦争には加担しない、賭博など虚業を応援しない、人間の基本的人権を侵す差別主義者を排除する。そんな思いのある人たちだ。
そのポジションは許容範囲の広い世界だ。竹田和平氏はその中の一人だ
現役時代、ボクが共感する投資先をみつけた。世界の豊かさの実現に貢献する日本企業を応援しようというファンドだ。株やお金に興味はなかったが、そのファンドを毎月買い続けた。同時に飢餓で苦しむ子供たちへのWWFへの寄付もはじめた。

リタイヤしてファンドは辞めたたが、嬉しいことにそのファンドは毎年のボクの飲み代に使える資金になっている。

王道こそ真理だ、カジノを容認し核廃絶に反対し、選挙や同盟強化のために真珠湾攻撃の慰霊を行うという今の動きはボクには覇道としか見えない。

オ・ホポノポノと竹田和平は天のエネルギーが示す王道で繋がっている。



by willfiji | 2016-12-10 12:32 | 読書 | Comments(0)

従軍慰安婦をめぐる30のウソと真実

従軍慰安婦をめぐる30のウソと真実」(著・吉見義明・川田文子)

日本軍は慰安婦制度をつくりアジアの女性に対する重大な人権侵害を犯してきた。
従軍慰安婦問題は南京大虐殺とともに日本が犯した罪の最たるものだ。

従軍慰安婦をめぐる30のウソと真実_a0199552_11304863.jpg


この出来事に対して、おかしな方向に行っているのは戦争肯定論だ。
敗戦国となった日本はポツダム宣言を受諾した。その瞬間、戦勝国は善で敗戦国は悪とされた。それはおかしいと誰でも思う、日本には「喧嘩両成敗」という言葉がある。
そんな思いが強くなると、日本は正しかったという人たちが出てくる。
この人たちは原爆投下や民間人を狙った東京大空襲も肯定するアメリカ人と同じだ。戦争そのものが誤りで、二度としないために自国が何をしたかを人間として見つめることが必要だ。

日本人として戦争の真実を知る事はつらいことだ

戦争時における非人間性の証拠がいくつもあがっている。
敗戦によってうちひしがれた兵隊たちの多くは戦争の事を語らず事実を封印したままだった。やがて良心に従って証言する人たちが数えきれないほど出てきた。そこに真実が語られている。

従軍慰安婦の事をボクは学校では習っていない。従軍慰安婦問題が知らされたのは戦後50年経ってからだ。ボクはしっかり学びたいと多くの本を読んだ。

最近、あまりにも事実を捻じ曲げた見解が散見されそれは目を覆いたくなるようなものがある。

一例として満州に残された日本人婦女と従軍慰安婦の人たちとの話がある。
「日本人婦人に敗戦時、ソビエト兵に辱めを受けた人たちがいるがその事を一切口にせず、中には帰国寸前に海に飛び込み自ら命を絶った、それが誇りある日本人女性の生き方だ、従軍慰安婦の人たちが保証を口にするのはお金が欲しいためにその恥ずべき体験をおおげさに語っているに過ぎない」というものだ。

ネトウヨはこの論法に拍手喝采している。
そして共感している人が結構いる。何という女性蔑視だろうか

また、従軍慰安婦は業者がやったもので軍は関与していないというものがある。
従軍慰安婦は戦場の兵士が現地の女性に乱暴しないために軍と共に行動させたものである事は明らかだ、それでも現地女性被害は減らなかったのだが、そんな体質が軍にあったのだ。

GHQが上陸する前に政府が日本女性の純潔を守るために駐留各地に慰安所を置いたことは有名だ

各部隊が決めた慰安婦利用規則には軍人の階級別の利用時間と利用料金が必ず記されている。そのことを持って強制はなかったという人がいるが軍の関与は明らかだ

例えば利用料金は兵が20~30分で1円50銭、下士官は30~40分で2円、将校は5円、将校は宿泊できるが10円。慰安婦の稼ぎは1500円から300円で取り分は50%、ただしほとんどが前渡金利子と衣装代、その他食費にかかり手元には残らなかった

しかも、多くは軍票で支払われ敗戦になると価値はなくなった。

下級兵士の給料が8円だから相当なもので、慰安婦は公娼と変わらないという人もいるが、
公娼と違うのは、未成年が多く本人の意思とは関係なく連れて来られ、やめる自由もなかったことだ。

前渡し金を払ったから合意だという者がいる。日本は朝鮮半島から70万人、中国から4万人の人々を強制連行した、その中に慰安婦がいる。前渡金によったとしても軍公認という中で行われたことは当時の日朝関係からいえば強制で国家的な犯罪行為であることは確かだ。

元慰安婦の人たちは戦後50年経って声をあげた。
性犯罪被害者がなかなか声をあげない事情を理解すればその時間のその人たちの思いがわかる。

近年、平和条約によって破棄されたにもかかわらず、韓国や中国が戦争時の賠償を求める動きがあり、一部には企業が狙い撃ちされて、中には納得いかないものもある。
ボクのビジネスの経験でも契約違反しても日本は戦争であれだけの悪事を働いたのだから損害を被っても構わないといった事が少なからずあった。そんなことは悲しいけど沢山あることだ。人間としてどうなのかを見つめればいいと思う。

豊かな社会を実現するビジネスは時に我慢も必要なのだ。反日バッシングを受けた中国の日本企業がそれでも営業を通してその地域の人たちになくてはならない存在になっている。そこに力に頼らない姿勢をみることができる。

アメリカ人の中でも原爆投下は誤りだったという人が多く出てきた、
日本人も少し前まではそうであったように侵略戦争に対する深い反省はいつも心に刻むべきだ。
そんな中で将来を担う若者たちが戦争をしない国を作っていくと思う。

相手が悪いという憎しみの連鎖を解くのは我々自身ではないだろうか。


by willfiji | 2016-12-04 11:42 | 読書 | Comments(0)