人気ブログランキング |

空のように、海のように♪


パピヨンパパの思うこと
by willfiji
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メールアドレス
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
最新のコメント
紹介 日本語の起源..
by コトタマ学 at 22:03
ジョニー店長、動物達は何..
by パピヨンパパ at 21:10
目は、口ほどに…と、言う..
by Jony店長 at 20:08
大変参考になりました!!..
by 拓也 at 21:52
拓也君偶然ですね、弓張は..
by パピヨンパパ at 11:03
佳苗ちゃん、いいよ!幹事..
by パピヨンパパ at 10:24
突然のコメントすいません..
by 拓也 at 12:47
良いなぁ…月山!! 来..
by 佳苗 at 10:34
ジョニー店長。休みの考え..
by パピヨンパパ at 08:23
平田さん、   ご意見良..
by jony店長 at 21:48
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
正義と信念のために
from 笑う社会人の生活
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
トキ 4羽の繁殖成功 多..
from ローカルニュースの旅
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

「ホモ・デウス 上・下」(読書no.312)

「ホモ・デウス 上・下」 (著:ユヴァル・ノア・ハラリ)


a0199552_16013301.jpg
前作、世界的ベストセラー「サピエンス全史」を読んだのは2年前。

地球上から飢餓、戦争、疫病で死ぬ人が減っている事を明らかにしてホモサピエンス=我々人類がこの地球でいかに生きていたかを記した。歴史を洞察して今を語る、独特の比喩は難解でもあったが新しいホモサピエンスを予感させた。その姿が「ホモ・デウス」だ。

楽観的ともいえる論理で描く。


読者はのほほんとはしていられない。ホモ・デウスの世界は始まったばかりだが日々進行している。


著者は幸福の尺度で今を語る。肥満で死ぬ人の方が飢餓で死ぬ人の方が多い。自殺者は先進国の方が多い。これで人間は進化したと言えるだろうか。


ホモ・デウスとは人間が神に近づくことだ。サピエンス全史で科学革命によって人間が神を作ったことが明らかになったと記した。

著者は「ホモ・デウス」はアルゴリズムの生き物だとする。アルゴリズムとはボクも最近初めてこの言葉を知ったのだが、物事を構成する仕組みのこと。難しく考えるとわからなくなるが科学が進み人間そのものが解明されると人間を構成する細胞のひとつひとつまで人の手によって作り出すことができるようになる。

苦痛や快楽、怒り、愛、を感じる体はどこでどうなっているのかが解明された時、人間の持つ意識をどう解釈するのかという哲学的ともいえる問いを人間は有機的なアルゴリズムだとする。


ホモサピエンスが生き物の頂点に立ったのは何万何千万というホモサピエンスが協力することを可能にする能力を備えたからだ。


その上でソ連をはじめとする社会主義国家がアメリカを代表とする資本主義国家に敗れたのは権力を集中した国家より自由意志を尊重し分権化した国家の方が力を持ったと分析する。


ホモデウスの世界は人間至上主義からデータ至上主義へ移行する。

歴史に照らしてみれば、情報の自由度が勝敗のカギを握る。


AI
が加速する中でホモサピエンスに代わってホモ・デウスが登場する。運転手も医者もAIに代わる社会や裕福な人が人生150年を生きられる世界は目の前に迫っている。

そんな時科学で解明されている地球温暖化に背を向け自国第一主義を掲げるトランプ大統領を著者はアップグレードしない政治家だと時代の流れが一方向ではない事も言明する。

日本の民主主義を形だけでいいと考えている安倍政権も情報の自由を奪い統制への道を歩む。隣国との関係悪化は政治家たちが時代逆行している現れだ。

ホモサピエンスとして歴史を認識すればホモ・デウスへの方向がわかるはずだ。


著者は結ぶ、「何か月という単位なら難民危機や経済減速に目をむけるべきだろう。何十年という単位なら地球温暖化や不平等の拡大が問題だろう、ところが今考えなければならないのは生命という壮大な視点でみることだ」と。


様々な選択肢をもつことがホモ・デウスに近づくことになる。

経験が倫理的知識の源泉になって何がよくて何が悪いかわかってくる。意識は持たないものの高度な知能を備えたアルゴリズムが私たち自身よりも私たちを知るようになった時、社会や政治や日常活動はどうなっているのか?


「優れた書物はまだ知られてないことをあきらかにすること」。それがホモ・デウスの結論である。



by willfiji | 2019-07-14 16:08 | 動物 | Comments(0)
<< 「サピエンス全史をどう読むか」... 頭に来てもアホとは戦うな。(読... >>