空のように、海のように♪


パピヨンパパの思うこと
by willfiji
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
メールアドレス
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
最新のコメント
紹介 日本語の起源..
by コトタマ学 at 22:03
ジョニー店長、動物達は何..
by パピヨンパパ at 21:10
目は、口ほどに…と、言う..
by Jony店長 at 20:08
大変参考になりました!!..
by 拓也 at 21:52
拓也君偶然ですね、弓張は..
by パピヨンパパ at 11:03
佳苗ちゃん、いいよ!幹事..
by パピヨンパパ at 10:24
突然のコメントすいません..
by 拓也 at 12:47
良いなぁ…月山!! 来..
by 佳苗 at 10:34
ジョニー店長。休みの考え..
by パピヨンパパ at 08:23
平田さん、   ご意見良..
by jony店長 at 21:48
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
正義と信念のために
from 笑う社会人の生活
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
トキ 4羽の繁殖成功 多..
from ローカルニュースの旅
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

「ジャーナリストはなぜ戦場へ行くのか」(読書no.286)

「ジャーナリストはなぜ戦場へ行くのか」
(編・危険地帯を考えるジャーナリストの会)

a0199552_11201652.jpg

 

安田純平氏が武装集団から解放され戻ってきた。連日ジャーナリストの自己責任についての議論がマスコミを賑わした。


ジャーナリストの自己責任が問われるようになったのは、
2015年、イスラム国による後藤健二氏と湯川遥菜氏の人質殺害事件以降だ。自己責任論は政権の露骨な報道統制と萎縮したメディアによって世論ともなった。


今回の報道を見ると相変わらず自己責任論の者もあったが多数の人たちがジャーナリズムの使命として語った。世論が変わってきたとボクには感じられ、この本を手にした。

変化の一因にはこの本を編集した人たちの努力があったことが見逃せないからだ。


書は「危機感に駆られたジャーナリストたちがフリーランス、新聞社、通信社、テレビ局など立場や媒体を超えて本書に集結。海外取材の実績を踏まえ、これまでの「事故」をシビアに自己検証し危機回避の具体的方策を提示するとともに、「それでも誰かがそこへ行かなければならない」と訴える。


安倍政権とその擁護者の特徴は「知らしむべからず」で民は黙って権力者に従えばいいという傲慢さがある。中東と言う遠い所で起こっていることなどなぜ日本人がかかわるのか、欧米が報道するニュースの配信を得ていればいいではないかというもの。こうした言動は国民の知る権利を脅かす権力の乱用である。


違法性のある集団的自衛権容認を強行採決した日本はアメリカ軍応援に入る道を歩んでいる。そうした現状をふまえても中東で何が起こっているのかそれが日本にどんな影響があるのかジャーナリストが現地に入って事実を伝えなければならないのは明らかである。

国境なき医師団が危険地帯に入って行くのを誰も自己責任とは言わないのに紛争地域での取材を自己責任とするのかという問いを編集者たちは提起する。


エボラ熱にかかってしまう医師たちと同じようにジャーナリストたちは安全対策に万全を期すが絶対ではない。


海外で全く言われない自己責任論が日本で起こるのはなぜか、「和を以て貴しとなす」を心する日本人の長所が「事なかれ主義」に陥っているのではないかと書は国民性に言及する。沈黙は独裁者や虐待者や圧政者たちに力を与えるだけだ


アジア太平洋戦争最中、戦争の実態を正確に伝える報道があったなら戦争をもっと早く止めることができたのではないか。


「虎穴に入らずんば虎子を得ず」とシリアに入った安田純平さんをバッシングする社会に強力にパンチを浴びせたこの本のジャーナリストたちにボクは心から敬意を表する


[PR]

by willfiji | 2018-11-13 11:26 | 読書 | Comments(0)
<< 「平民宰相原敬伝説」(読書no... 「不死身の特攻兵」(読書no,... >>