空のように、海のように♪


パピヨンパパの思うこと
by willfiji
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メールアドレス
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
最新のコメント
紹介 日本語の起源..
by コトタマ学 at 22:03
ジョニー店長、動物達は何..
by パピヨンパパ at 21:10
目は、口ほどに…と、言う..
by Jony店長 at 20:08
大変参考になりました!!..
by 拓也 at 21:52
拓也君偶然ですね、弓張は..
by パピヨンパパ at 11:03
佳苗ちゃん、いいよ!幹事..
by パピヨンパパ at 10:24
突然のコメントすいません..
by 拓也 at 12:47
良いなぁ…月山!! 来..
by 佳苗 at 10:34
ジョニー店長。休みの考え..
by パピヨンパパ at 08:23
平田さん、   ご意見良..
by jony店長 at 21:48
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
正義と信念のために
from 笑う社会人の生活
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
トキ 4羽の繁殖成功 多..
from ローカルニュースの旅
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

「虚空遍歴、上・下」(読書no.282)

虚空遍歴、上・下(著・山本周五郎)
 

a0199552_15543829.jpg

これで周五郎の長編を全て読んだことになる。「虚空遍歴」は周五郎晩年の作品、ますます上質な作品だった。


中藤沖也は侍出身の浄瑠璃語り、
10代の時から才能を見込まれ、習った常磐津から沖也節を創設する勢いだった。


沖也の唱が江戸中で歌われた。沖也の名声の後ろ盾には陰ながら上演を応援する岡本という料理茶屋の存在があった、沖也が岡本の娘、京を娶るのも自然の流れだった。


岡本に出入りする度に京は沖也の世話をし、沖也も気に入っていた。

京は聡明で美しく沖也節を起こす妻としてもふさわしい気性を備えていた。


沖也の周りには常磐津の人ばかりではなく歌舞伎役者や台本作家や座元の人たちが集った。

ある日、沖也は浄瑠璃を幼い時から共に学んだ生田半次郎から沖也節は岡本の後ろ盾があってのものと明かされる。

それなら自分だけの力で新作を世に出そうと試みる、沖也節は人生を知らない若者の唄という批判が耳に入る。


沖也には妥協を許さない侍の血か流れている、自立を目指した沖也は後ろ盾を無くし新しい芝居を上演する機会も失う、沖也は上方での公演で再起を図るために大阪へ旅立つ、京は別段止めることもなく旅費を用立て、その後の資金も送ることにする。


その時京のお腹には子が宿っていたが沖也は気にも止めず上方へ向かう。


上方芝居は実事、江戸芝居は荒事,と言われる。芝居の内容が違うのだ、上方芝居は人々の暮らしや心情を映したものが演ぜられる。一方戦国の英雄伝等の将が主役になるのが江戸芝居だ。文学で言えば周五郎は前者で司馬遼太郎は後者だ。


上方への旅で沖也は市井の人たちの生きざまに触れる、新たな沖也節の生みの苦しみが始まる、沖也は何度も病に伏す、今でいうストレスで胃の腑がやられ食欲がなくなる、痩せて体力も落ちていく。更に苦悩を和らげるために手にした酒が体を鞭打つ吐血するようにもなった。


病に苦しみながら街道を進む沖也をいつも助ける女人がいた。芸妓屋の娘、けいである。


けいは沖也の歌を初めて聞いた時から身に染みるただならぬものを感じ、芝居小屋へ通った、一度だけ沖也に引き合わされたことがあるが沖也は覚えていない。


けいは男好きのする自分の体を知り、何人かの旦那も持ったがその時は一人身、


沖也への思いは男と女のものではなく沖也の唱そのものへのあこがれだった。


旅の間に陰ながら援助をしていたがやがて沖也の知ることとなり、共に旅する二人となった。同部屋であっても関係を持つことはなかった。


上方に行き、新しい沖也節が上演されるに至ったが沖也はそれを壊してしまう。

沖也の武士の魂がいつも災いをもたらす。沖也は芝居が上演されている金沢をめざす.


沖也は人生経験を積む度に沖也節を更に深めなければと思い悩み酒を手にする。

思いは胃の腑を悪化させる。悩みながら三味線を手にする沖也にいつも寄り添うけい、

起きられない日が続いてもけいは献身的に看病する。


周五郎がつけた本題の「虚空遍歴」の世界が繰り広げられる。芸の道を究めるのは仏と同じ道を歩むようなものだ。


「苦しみつつ、尚働け、安住を求めるな、この世は巡礼である」。


対照的な愛の姿を周五郎は「京」と「けい」で描く。沖也の悩み以上に読者の心を捉える。


沖也の命が幾ばくも無いと思った時、けいは京に手紙で知らせる、京は急ぎ籠で北陸今庄をめざすが間に合わない。

けいに会って沖也の最後の時のことを聞いた時も取り乱すこともない。けいは沖也と男と女の関係は無かったと話すがどうでもいいことのように無視される.

けいの心はつぶれるほどの悲しさを覚える。周五郎の実事は円熟味を超えて愛の難解さをみせつける。


[PR]

by willfiji | 2018-10-08 16:03 | 読書 | Comments(0)
<< 密謀」・「義民が駆ける」(読書... 「青べか物語」(読書no.281) >>