空のように、海のように♪


パピヨンパパの思うこと
by willfiji
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メールアドレス
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
最新のコメント
紹介 日本語の起源..
by コトタマ学 at 22:03
ジョニー店長、動物達は何..
by パピヨンパパ at 21:10
目は、口ほどに…と、言う..
by Jony店長 at 20:08
大変参考になりました!!..
by 拓也 at 21:52
拓也君偶然ですね、弓張は..
by パピヨンパパ at 11:03
佳苗ちゃん、いいよ!幹事..
by パピヨンパパ at 10:24
突然のコメントすいません..
by 拓也 at 12:47
良いなぁ…月山!! 来..
by 佳苗 at 10:34
ジョニー店長。休みの考え..
by パピヨンパパ at 08:23
平田さん、   ご意見良..
by jony店長 at 21:48
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
正義と信念のために
from 笑う社会人の生活
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
トキ 4羽の繁殖成功 多..
from ローカルニュースの旅
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

「ながい坂・上・下」(読書no.277)

「ながい坂・上・下」 (著・山本周五郎)


1000
ページに及ぶ長編である、この本も3度目になる、20代、40代の時に満員の通勤電車の中で読んでいた。
ボクの働き方に大きな影響を与えた本である。

a0199552_12033508.jpg

リタイアした今読み直しているのは世の中が目先のことに囚われて普遍的なものから遠ざかっているように感じたからだ。山本周五郎の世界が古き良き時代を映し出したものだと感じたからだ。

この物語は主人公三浦主水正の
8歳から38歳までの物語である。

簡単に言えば出世物語だが、通勤電車で読むボクに一筋の長い道を教えたものであった。


平侍の子として生まれた主水正が城代家老まで上り詰める、次代家老に主水正が請うたのは
3代続く城代家老職を引き継ぐことが運命づけられていた滝沢兵部その人だった。


主水正が
8歳の時、父親に連れられて魚釣りに行った、いつも通る橋が無くなり、侍にここは私有地通ってはならぬと命令され父親は平身低頭して従った。その父親の姿が主水正を変えていった。自分の父親ではないと子が父を蔑み母をも遠ざけた。いつか見返すという執念によって上級武士の通う学舎での学びを得ることになる。

主水正は文武に優れ若い藩主飛騨守に見いだされ特別扱いされるようになった


一方、滝沢兵部の道は平坦だった、4代目の家老になるのが当然とされた、背丈も高く兵部も文武両道に秀でていた。親の定めた道を歩めばよかった。主水正の自ら求めなければならない境遇との対比がある時交わり地位が攻守交替する。兵部は道を外れ酒の日々を送り、親も見放した。


主水正にも紆余曲折があった、まっすぐな彼の気性は清濁併せ持つ藩の大勢から外された。若き藩主飛騨の守もそんな重臣たちから疎まれ、世継ぎ問題に絡んだお家騒動になっていく、主水正のまっすぐな道に暗雲がたちこめる


多くの者が強きになびく、正義を貫くことの難しさを主水正は身を持って体験する。

幽閉された中で飛騨の守は時を待っていた、主水正も待つことを知る、人生には長い坂があるのだ。兵部も酒におぼれる中で悩みぬいている自分に気が付く。


主水正も兵部も山小屋にこもって考え抜く時を持つ。主水正は兵部のその姿を知って長い坂を一緒に歩む友となると確信した。


ボクは長い坂を読むたびに王道を歩んで行こうと心した、強い者になびくことなく覇道に惑わされることのない自分の道だ、時に障害物もあって回り道ともなった。損得勘定からすれば利にはならない道だったかもしれないが歩めたことに感謝している。


若い日々は正論を振りかざしすぎて非寛容さが人を遠ざけたことも多かったと反省もあるが弱いものいじめや権力者の横暴を許さないという考えに変わりはない。


安倍政権に見られる柳瀬氏や佐川氏、国民の多くが嘘つきだと思っている安倍三選を支持する7割以上の自民議員の人たち、差別発言を繰り返す杉田水脈氏をはじめとする国民主権を国家主権に逆戻りさせる皇国主観に毒されているひとたち、物事の本質を見ずひたすら安倍政権の全てに追従するネトウヨの面々。


人生は貴重な長い坂である。誰もが王道を歩む権利がある。

ストイックに正義をかざす必要もないが強い者や長いものにまかれて生きていてもそれは恐怖から逃れている虚しいことだと知って欲しいと思う。


主水正38歳で小説は終わる、登城する彼の目の前にながい坂がある、緩やかに曲がり先は見えていない。


[PR]

by willfiji | 2018-08-03 12:11 | 読書 | Comments(0)
<< 「樅ノ木は残った上・下」(読書... 「さぶ」(読書no.276) >>