空のように、海のように♪


パピヨンパパの思うこと
by willfiji
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メールアドレス
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
最新のコメント
紹介 日本語の起源..
by コトタマ学 at 22:03
ジョニー店長、動物達は何..
by パピヨンパパ at 21:10
目は、口ほどに…と、言う..
by Jony店長 at 20:08
大変参考になりました!!..
by 拓也 at 21:52
拓也君偶然ですね、弓張は..
by パピヨンパパ at 11:03
佳苗ちゃん、いいよ!幹事..
by パピヨンパパ at 10:24
突然のコメントすいません..
by 拓也 at 12:47
良いなぁ…月山!! 来..
by 佳苗 at 10:34
ジョニー店長。休みの考え..
by パピヨンパパ at 08:23
平田さん、   ご意見良..
by jony店長 at 21:48
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
正義と信念のために
from 笑う社会人の生活
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
トキ 4羽の繁殖成功 多..
from ローカルニュースの旅
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ホテルローヤル

話題の今年直木賞受賞作、『ホテルローヤル』(著・桜木紫乃)は普通なら読まないジャンルだが、受賞がTVで映し出され、作者のコメントに好感を持ったので読んでみた。

実家はラブホテルを経営しているという。普通なら隠したい事をなんのケレン味もなく語る作者に興味を持った。

前回書いた『乃南アサの凍える牙』のブログを読んだと友人が感想メールをくれた。
前から乃南さんのファンでTV放映されたこのドラマも面白かったとのこと。
僕は現役時代には仕事に役立つという視点で本を読んでいたが「リタイアしてから読む本の巾が広がった」という意味の返信メールを送った。

a0199552_10573234.jpg


この本「ホテルローヤル」はそんな意味からすると、正しく生きろ!とも一生懸命せよ!とも、理不尽の中でも生きる姿を見せたり、一途な愛があったりするものでもない。

ラブホテルを利用する人、そこに働く人、経営する人の様々な人生を描く。滑稽な姿であり、豊かではなく、幸福でもなくただ生きている人たちだ。そこにも笑いがあり、生きて行く確信がある。

短編の一つに「誰も恨まず生きていく」「誰をどう恨むのかわからない」という箇所がある。この小説全体に流れている雰囲気を伝える文章だ。
騙されても、不幸な境遇であっても痛みを感じず、相手の思うままになってもそれに対抗すらしないし、対抗手段を元から持っていない。全て受け入れて生きていく。耐える事を耐えると思わず生きていく、人生を軽く生きる。
僕にはそんな部分は微塵もない。

無視するにしたって無視する努力をしないと出来ない自分が常にいる。
矛盾を受け入れるにも時間がかかる

「役にたつ」、とか「意味がある」とかは誰が決めるのだろうか?
この小説は僕に新鮮なテーマをもたらした。

[PR]

by willfiji | 2013-07-31 11:03 | 読書 | Comments(0)
<< 青森ねぶた 凍える牙 >>