空のように、海のように♪


パピヨンパパの思うこと
by willfiji
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メールアドレス
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
最新のコメント
紹介 日本語の起源..
by コトタマ学 at 22:03
ジョニー店長、動物達は何..
by パピヨンパパ at 21:10
目は、口ほどに…と、言う..
by Jony店長 at 20:08
大変参考になりました!!..
by 拓也 at 21:52
拓也君偶然ですね、弓張は..
by パピヨンパパ at 11:03
佳苗ちゃん、いいよ!幹事..
by パピヨンパパ at 10:24
突然のコメントすいません..
by 拓也 at 12:47
良いなぁ…月山!! 来..
by 佳苗 at 10:34
ジョニー店長。休みの考え..
by パピヨンパパ at 08:23
平田さん、   ご意見良..
by jony店長 at 21:48
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
正義と信念のために
from 笑う社会人の生活
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
トキ 4羽の繁殖成功 多..
from ローカルニュースの旅
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

凍える牙

『凍える牙』は「復讐」と「女性差別」がテーマとなっている乃南アサの直木賞受賞小説。

鑑識課で警察犬の訓練をしていた元警官笠原がその職を退く事になったのは娘が非行に走った事による。

中学生だった笑子は覚醒剤中毒となり20半ばになった今も精神病棟で暮らす
心を開くのは、父に連れられた疾風(はやて)と名付けられた超大型犬が見舞いに来る時だった。

疾風はしっかり訓練されたオオカミの血を持つ日本では珍しいオオカミ犬、飼い主の命令には絶対服従で病院スタッフに危害を加える事は全くなく、スタッフもこの犬が来る事を心待ちにしている所があった。

a0199552_9462963.jpg


男が時限発火装置により殺されるという事件が起こる。

男の大腿部には大型の犬に噛まれた跡が残っていた

特別捜査本部が設置され、そこで白バイ隊に配属せれた経験を持つこの小説の主人公である音道貴子が登場する。男社会の刑事の中で女刑事の貴子は好奇の目で見られ、相棒となった渋沢も態度を露わに貴子を一人前に扱おうとはしない。

捜査を進める中、大型犬に殺傷される事件が続き、捜査の手は疾風に伸びる。疾風を追うバイク上の貴子、笑子の復讐を担う疾風。疾風を追ううちに貴子は鬱積したもやもやが取払われて行く事を感じる。

無念さを法律によって晴らす事ができない復讐心や、拭い去る事のできない男女差別が歴然と存在する社会を乃南アサは従順な犬と女性刑事を通して読者に訴える。

心理サスペンスというジャンルは刑事物ではあるが痛快さを捨てた重い小説のことだと思う。
人間は論理では解決できない問題をかかえながら人生を送るものだ。

[PR]

by willfiji | 2013-07-27 09:53 | 読書 | Comments(0)
<< ホテルローヤル 利休にたずねよ >>