人気ブログランキング |

空のように、海のように♪


パピヨンパパの思うこと
by willfiji
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
メールアドレス
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
最新の記事
最新のコメント
紹介 日本語の起源..
by コトタマ学 at 22:03
ジョニー店長、動物達は何..
by パピヨンパパ at 21:10
目は、口ほどに…と、言う..
by Jony店長 at 20:08
大変参考になりました!!..
by 拓也 at 21:52
拓也君偶然ですね、弓張は..
by パピヨンパパ at 11:03
佳苗ちゃん、いいよ!幹事..
by パピヨンパパ at 10:24
突然のコメントすいません..
by 拓也 at 12:47
良いなぁ…月山!! 来..
by 佳苗 at 10:34
ジョニー店長。休みの考え..
by パピヨンパパ at 08:23
平田さん、   ご意見良..
by jony店長 at 21:48
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
正義と信念のために
from 笑う社会人の生活
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
トキ 4羽の繁殖成功 多..
from ローカルニュースの旅
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

「キネマの神様」 (読書no.344)

「キネマの神様」(著・原田マハ) 

「キネマの神様」 (読書no.344) _a0199552_11003870.jpg

映画化が決まっていてタレントの志村けんさんが主役になる予定だったと友人が教えてくれた。志村さんを悼みながら読んだ。


夫婦でマンションの管理人をする老夫妻と一粒種の娘が「映画」を通して疎遠だった関係を築き直すぬくもりのある作品だ。


志村さんが演じるはずだった老人は、競馬、麻雀に明け暮れるとんでもない人。娘は一流会社の課長職、老夫婦にとって自慢の娘。だが有能であるがゆえに妬みもあって会社を辞める。その日老人が梗塞で倒れる。


老人には多額の借金があった、額は
17
年務めた娘の退職金300万と同じ。

このように書くとシリアスな本だと思われるが著者の文章は軽快で主役を志村さんにしたように全体がポジティブ、なんとかなるだろうと読者に心配させることはない。


一命を取り留めた老人はまた元の生活に戻る様子だった。老人は人生の大半を映画を見ることで埋めてきた。街の名画座は彼の最も心地のいい空間で同じぐらい年老いた経営者がいた。彼の選択する名画は確かだった。


老人は見た映画全ての感想をノートに記していた。ある日娘がそのノートを目にする。娘も老人の影響もあって映画への造詣が深くシネマコンプレックスを日本にも作ろうと企画し責任者として登用された中で辞職した


老人の感想文はやがてブログになって日本のみならず世界に広がり、さらにアメリカの著名映画評論家との論争にも発展する。老人が慣れないパソコンを使いながらブログで語る数々の名画の論調は世界読者に伝わる。


博打好きのとんでもない老人は映画の中に人生を発見し、醸成し、知らない間に世界の名だたる映画評論家と互角に戦えるほどの知を得ていた。

好きな事はこの老人の映画ように続くものとそうではないものがある。


短期間
であっても人生を変えることも多い。


ボクも映画がボクの生き方を変えた面がある。多感な高校の時この本と同じように映画にそして新劇に興味を持った。特に洋画は衝撃的だった。名画といわれる高尚なものでばかりはない。カトリーヌドヌーブやジェーンフォンダといった女優を見て心が躍った。服装や風景、語る言葉に無限を創造する力の凄さを知った。


クリエイティブに生きたい
という思いが大学を決めた。


コロナ禍の中、ボク等は自粛を余儀なくされ変化の無い日々を送っている。ボクは丁度リタイアした時と同様な思いがしている。


好きだった事でできることをやる時間ができた。


この本で紹介された映画を初め色んな映画を見る事にした。

幸いアマゾンで観れる。「ビューティフルマインド」・「ニューヨーク眺めのいい部屋」・「天使にショパンの歌を」・「ニューシネマパラダイス」・「ヒトラーの忘れ物」・「天使のくれた時間」・「ライオン」・「俺たちは天使じゃない」「マーゴットウエディンッグ」「独裁者」


気持ちのいい日々
が続いている。

映画の主役が志村けんさんに代わってジュリーになったと友人から連絡が来た。


ジュリーと志村さんは友人同志との話だがボクのイメージは簡単には直せない。



# by willfiji | 2020-05-22 11:11 | 読書 | Comments(0)

ウイルスは生きている(読書no.343)

「ウイルスは生きている」 (著・中屋敷 均) 


新型コロナウイルスが世界を席巻、インフルエンザはウイルスだがペストやコレラは菌、どう違うのか?ウイルスってなんだろう?


ウイルスは生きている(読書no.343)_a0199552_10383115.jpg

今回のコロナはボクの人生の中で恐らく一番の出来事になるだろう。

どのようにこの問題を捉えていくのがいいのか?基本知識が必要だ。


電子書籍で購入した。サンプルを読み進んで購入できるから便利だ。

ただそこに問題があった。


序説は易しかったが徐々に難解になった。戻っては読み結局
2回読む事になったのだから。


今から
150年前までは病気がなぜ起こるか分かってなかった。それを発見したのがコッホ、細菌を発見した。細菌を通さないろ過装置が開発されたがそれを通り抜けるのがウイルスだった。細菌は生きているがウイルスは生物だろうか?結論は出ていない


インフルエンザウイルスはエンベローブといわれる壁がある。

エンベローブが細胞に接触して中に入り込む、エンベローブは石鹸で洗い流すことができる。だから手洗いは重要だ。ノロウイルスはエンベローブを持たないから石鹸では防げない。手洗いを推奨する時この説明なら誰でもわかる。政府の説明は不親切だ。


生物は体内に常駐菌を持っている、大腸菌など有名だ。

人間の遺伝子は2.5万個、その中で2000個の遺伝子を持つウイルスがいる。


人の腸内には
100兆個の細菌がいてアミノ酸やビタミンなどを生成する。草食動物は腸内細菌無しでは生きられない。
人間のゲノム
DNAの半分はウイルスや転移因子と呼ばれているもので構成されている。人間は親から子へと遺伝子で引き継がれるがウイルスも遺伝子に影響を与える。


生命は
38億年前にこの地球で生まれた、ウイルスは原核生物に影響を与え生物を進化させてきた。最初はすごくゆっくり生命は進化した、それは動物のナマケモノようだと面白い話が記される。ナマケモノは省エネだった。既に絶滅したナマケモノにオオナマケモノがいた。名前に反して!動きが速く食肉獣に見つかった。


オーストラリアのウサギの話も興味深い。狩猟のために
24匹のウサギが野に放たれ、やがて6億匹にもなった。農作物被害も甚大で駆除のためにウイルスが散布された。90%のウサギが死んだ。強いウサギだけが生き抜き強い遺伝子が引き継がれた。ウイルスは弱い

ウイルスになっていたという、全滅したらウイルスも消滅してしまうからだ強いウサギが増えたらまた強いウイルスが出現する。戦いは終わらない。


コロナウイルスはどうなるだろうか?政府は責任を果たしてないがやがて収束するだろう。コロナウイルスで人間がどう進化するのだろうか。古来より人間は戦い、そして協力して社会を作ってきた。好戦的な人は淘汰され協力する人が生き残った。


近年好戦的な指導者の台頭がある。トランプ大統領が自国の失敗を中国のせいにしているのがその例だ。中国もコロナを機に覇権を広げようとしていることも問題だ。


政治学者のイアン・ブレマーはパンデミックの世界を「国家は期待できないが世界の人々こそ期待できる」という。無能な指導者に翻弄されることなく国民がしっかりしていることが重要だ。日本も大多数の国民が自粛してコロナを抑え込もうとしている。


国民の中にも自粛できない人がいる。そんな人を理由もなく叩く人、相変わらず嫌韓嫌中を煽る人もいる。コロナの収束と同じように終息して欲しいと思う。

そういう人がいなければ監視も武器もいらないのだから。



# by willfiji | 2020-05-06 10:47 | 読書 | Comments(0)

「海を渡った人類の遥かな歴史」 (読書no.342)

「海を渡った人類の遥かな歴史」 (著・ブライアン フェイガン)

「海を渡った人類の遥かな歴史」 (読書no.342)_a0199552_16293423.jpg

コロナが蔓延する中、雄大な人類の歴史に触れたくなった。

ボクはダイビングを趣味として現役時代年2回の連休をフル活用して海に行った。


南の海の空港に着くとココナツの匂いがして日常を忘れた。

この本はその中でも思い出に残るミクロネシア、ポリネシアから始まる。

天国に一番近い島ニューカレドニアの海ではウミガメの甲羅に手を乗せ一緒に泳いだ、バヌアツの金髪の少年が印象的だった。マンタが何匹も舞った海は幻想的だった。


ホモサピエンスがアフリカを脱したのは
5500年前、人類はユーラシア大陸を初めアメリカ大陸、オーストラリア大陸まで生存域を広げた。


この南の海 ミクロネシアからハワイ、サモアにやってきたのは比較的新しく紀元前
1500年のころ。キャプテンクックがハワイやタヒチを発見したのは1760年代だ。


石器時代、ミクロネシアに住んだ人は丸木舟に帆をつけた船やカヌーで海を渡った。人類がなぜ移動したか?諸説ある。著者は部族が多くなって他の地を求めたという。ボクはホモサピエンスの好奇心という説に賛同するがそうではないとする。


鋭さを持つ石器ができる黒曜石のある島を見つけた。物々交換で島々の交易が盛んになった。視界の届かない島々とも交流があった。この人たちをラピタ人と呼ぶ。


磁石も海図も無い中、太陽や星が方角を知らせた。自分の位置が動かないと仮定すれば星が動いて自分と島との距離と分かった。

ラピタの人々は文字を持たない。長老が語り継いで島々の位置や季節によって変わる風向きで島への行き方と帰り方を教えた。


エーゲ海の島々を人々が渡ったのは紀元前8000年、世界
4大文明は紀元前4000年~2300年だからずっと古い。フェニキア人の世界だ。

各地域の産物に加え奴隷も船に乗せて運んだ。


ユダヤ人、ムスリム、ヒンズー教、インド洋からペルシャ湾、紅海の海も古くから賑わった。イスラム教徒はイスラム信徒を奴隷にしない。イスラム教がこの地で広がった。

中国明の皇帝永楽帝は1405300の船3万人の船員を擁してホルムズ海峡まで渡った。

その他この本は北欧の海の歴史、アメリカ大陸太平洋岸のアラスカに住む人々やサンフランシスコ沿岸の先住民のくらしにも言及する。


有史以来人間は海を乗り越えて地球の地に住んだ、今や
77億の人がいる。昔は隣の島に行くのも何日もかかった。世界の距離が縮まった現代、コロナはあっという間に世界に広がる。その昔、星を頼りにカヌーに乗った人々にこんな世界は考えられなかっただろう。小舟に乗った人たちは次に行く島の人たちが友好的だと信じていた

好戦的な人たちや盗賊たちもいたが人類はそういう人たちを淘汰させた。

伝染病を持ち込まれてマヤやインカが滅んだがその事は人類の深い傷として人々の心に残った。今コロナ感染を前に人類はカヌーで新地を求めた人の気持ちを持てるようになればいい。世界の戦争を一次停止しようとしたことにトランプは中国コロナが原因だと明記しないからと反対した。中国も宣言に反対して成立しなかった。


トランプを選んだのはアメリカ国民だ。中国が指導権を取ろうとしているが民主国家ではない点で心配だ。アメリカも中国もナショナリズムに偏った人たちが間違った方向に引っ張っている。日本だって危ない。今こそ世界協力が必要だ。ナショナリズムにナショナリズムで対抗してはならない。世界の海を制覇したホモサピエンスはホモデウスにならなければならないとノア・ハラリ氏が提唱する。ボクはその考えに心酔している。



# by willfiji | 2020-04-23 16:41 | 読書 | Comments(0)

「ペスト」(読書no.341)

ペスト」(著・カミュ) (読書no.341

「ペスト」(読書no.341) _a0199552_11363978.jpg

新型コロナウイルスが世界に蔓延し、日本も毎日コロナづけ。

コロナ対策に正解はなく、数多の情報の中で人々は行動を変え生活を営む。

自分の選択が正しいのか?考える余裕を失った時、自分の思考を放棄して人間は強い指示に従う。

特に同調圧力がかかりやすい日本はこれからどんな方向に動くのだろうか?


この本「ペスト」がアマゾンのベストセラーになっている。多くの人が考える根拠を求めていると心強く思う。著者の「異邦人」を読んだのは高校生の頃だったが、「ペスト」を読んだかは定かではない。多様な登場人物の言動は今まさに新型コロナウイルス下にある人それぞれの内面に浮き上がる思いと共通する。


街にネズミの死骸が増えていく、何人もの人が倒れ、熱にうなされる。フランスの植民地アルジェリアの要港であるオランは即封鎖された。世界大戦が終わり、人々の日常が戻ってきた時だった。戦争は人災であって世界はその馬鹿げた人類の振舞いを反省した時であった。


ペストは誰も責任がない。


カミュは登場人物に神、社会、人間、という3つの正義の役割を与え、死や病や苦痛など人生における不条理にそれぞれが立ち向かう姿を描いた。


医師リウーは懸命に病人を助け不眠不休でペストと闘う、そのリウーこそが著者の代弁者であることを読者はやがて知る。

ペストという悪の象徴は戦争という生々しい体験を経た人にとって究極の理不尽であった。


支配国フランスが封じ込めた植民地でそれでも人間は尊厳を持って生き抜いた。

神父は神の正義を説いた、人間の背負った罪に対して神のおぼしめしを受けろというもの、その論調をペストは砕く、罪もない神父の幼い子供がペストで死んだからだ。

社会の正義を貫く人へもペストは容赦しない。聖者は生きるための善をなそうとただ勤めることだとペストにかかっても人々を助ける。リウーは目前の病人に医者としてできるすべてを施す聖者の一人だ。


人の正義を演じるのは取材でやってきたパリの大新聞の記者ランベール。封鎖によって帰国ができなくなる。恋人と離れ離れになったままこの地で命を失うかもしれない。記者としての仕事よりも恋人への愛を取ったランベールは非合法な出国の道を探る。非合法に手を貸す人々に罪の意識はない。手筈が整えられた時、ランベールは自分の愛について深慮する、パリに戻ったら恋人との関係が変わってしまう、国民とは何か、ランベールはオランに残る。ペストは彼をも襲う。

コロナ対応の世界各国の動きは様々でいろんな意見が飛び交っている。


ボクはノア、ハラリ氏が寄せた世界の指導者が地球規模で協力せよと言う対コロナ発言を全面的に支持する。

見えない敵に対して、短期的には交流制限もいいだろうが自国主義に陥ってはならない。


中国もアメリカもイギリスもそして韓国も日本も最も危惧しなければならないのは自国ナショナリズムの台頭だ。コロナという理不尽に直面した時、敵を作ることがあってはならない。武漢ウイルスとか中国ウイルスなんてことを言い出す指導者を是認してはならない。


コロナ対策によって世界中が経済的に打撃を負っている。各国の国債で賄うのだがこれは国民の負担だ。コロナに対抗するには今こそ人間の理性を発揮して新しい世界を作る事だ。


世界が協力体制を取るために各国の防衛費をコロナに対する防衛費に変えるべきだ。平和国家日本が取るべき道は戦闘機の代わりに病院船の配備を行い自衛隊員全員が看護できる訓練を受け災害救助隊として必要なら中国にも韓国にも北朝鮮にも行けばいい。


コロナという敵が人類に与えた課題は人類が地球を守れるかというもの。兵器産業は国を愛するナショナリズムを利用し好戦的な政治家を後押しし巨大な産業になった。コロナを利用してナショナリズムを煽る政治家を国民はしっかり見極め排除する必要がある。


コロナの標的に領土や人種や経済は関係ない。

「人は自国に対して一番高い連帯感と帰属意識を持っているがそれを超える連帯を実現しなければならない」(大澤真幸)。「一時的な世界政府の樹立」(ブラウン元英国首相)など数か月前には考えられなかった主張が議論されるようになった。


ノア・ハラリ氏はコロナが新しい世界をつくると楽観的でカミュはそれを示していたと思う。


コロナが収束した時、リウーが見たのは街の人々の歓喜であった。幸福を感じる人々とそれへの共感、

それこそが人類の罪のない強みだ



# by willfiji | 2020-04-08 11:55 | 読書 | Comments(0)

「柔軟的思考」(読書no.340)

「柔軟的思考」 (著・レナード ムロディナウ)
国難を乗り越える独創的な脳


「柔軟的思考」(読書no.340)_a0199552_10441799.jpg

年を重ねると頑固になる。ボクは色んな考えを容認し穏やかな毎日を過ごしたいと思うのだが、そうはいかない日々である。


この本は柔軟という書名でそんなボクを引き寄せた。柔軟思考ではなく柔軟的思考と「的」に意味があると翻訳者が解説で記した。英語の
ELASTICの訳がこの本の中核を成すもの。「的」と同じような言葉に「等」は官僚が最も使う言葉だ。柔軟性を持つことが大事だが佐川さんのような官僚は許せない。柔軟にもいろいろあるがこの本が示す柔軟は世当たり上手のそれではない。


人間は新しさに惹かれる。一般に生活するうえでの判断ははっきりとした正解が選ばれることは少なくより好ましいものが選ばれる。ボクはますます気に入った。

左脳は分析的で右脳が柔軟性の役割を持つ。生きていくには左右のバランスが重要だが右脳を活性化することを言葉で示すのは難しい、

論理的に説明するのが左脳だからだ。著者は例を出して説明する。

右脳が活性化するのは睡眠時とか無意識になった時、ひらめきはその時生まれる。


想像力豊かな人は変人でもある、夢見る人だ。ボクもそんな自覚があると言えばかっこいいが、集中力に欠ける落ち着きのない人でもある。この本に載っているテストをやってみた、ボクは標準で普通の人だった。


面白い実験がある。最初に青のカードを見せて、何人か緑と言わせる人を入れる、次に青から緑に移って行くカードをみせて色を順に言わせると緑と言う人が早めに出るというもの。人は自分の意見に反対する人の意見に影響される。違う意見の友だちを持つこともいいことだ。柔軟的思考の効用だ。


A=B B=C
ゆえにA=C という問題と犬はペット、ペットはふあふあしてる、ゆえに犬はふあふあしいてるという問題は同じように見えても考える脳は前者は左脳で考え後者は右脳で考えている。Aは記号で犬は固有名詞、感性が働く。


人は論理だけではそれが正解であっても偏るのだ。ジョークを理解するには右脳。


文学を書く作者は別の誰かが書いているとよく言われる、無意識が腕を動かし書となる。無意識も意識も一人の人間の中に存在する。


世の中には怒りを覚えることが多くある、怒りは感情だが冷静に考えても怒りが収まらないこと、更に怒りが強くなることがある。怒りより喜びの方がいい。ネガティブよりポジティブの方がいい。自分なりに生きている今、ポジティブに考えれば考えるほど怒りが収まらなくなる問題が出てくるのはなぜだろう、

柔軟に考えればこの解は無意識に得られるのだろうか?柔軟的に考える習慣がまだ足りない。



# by willfiji | 2020-03-26 10:52 | 読書 | Comments(0)