空のように、海のように♪


パピヨンパパの思うこと
by willfiji
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メールアドレス
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
最新のコメント
紹介 日本語の起源..
by コトタマ学 at 22:03
ジョニー店長、動物達は何..
by パピヨンパパ at 21:10
目は、口ほどに…と、言う..
by Jony店長 at 20:08
大変参考になりました!!..
by 拓也 at 21:52
拓也君偶然ですね、弓張は..
by パピヨンパパ at 11:03
佳苗ちゃん、いいよ!幹事..
by パピヨンパパ at 10:24
突然のコメントすいません..
by 拓也 at 12:47
良いなぁ…月山!! 来..
by 佳苗 at 10:34
ジョニー店長。休みの考え..
by パピヨンパパ at 08:23
平田さん、   ご意見良..
by jony店長 at 21:48
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
正義と信念のために
from 笑う社会人の生活
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
トキ 4羽の繁殖成功 多..
from ローカルニュースの旅
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:福田和代 ( 3 ) タグの人気記事


「サイバー・コマンド」(読書no.226 )

サイバー・コマンド」 (著・福田和代)

サイバーテロという危機が世界を襲っているが、どんなことが起こるのだろうか、サイバーとはインターネット空間と考えていいだろう、インターネットを使ったテロをどう防ぐのか、そんなことが書かれている本を手にした。


a0199552_10174625.jpg

明神海斗が防衛庁のサイバー防衛隊に勤務したのは、自衛官に必須の体力には自信はなかったが、ハッカーとしての能力が際立っていたからだ。


インターネットが武器になる
、海斗はサイバーを戦場とする兵士なのだ。


トランプ大統領のロシア疑惑や北朝鮮や中国が発信先だとされるサイバー攻撃による通信障害疑惑がニュースに頻繁だが、情報戦は自由社会においても今や常識でメルケル首相がアメリカ滞在時に盗聴されたことなどで明らかだ。


ネットの世界で怖いのは、誰でもハッカーになれ、そして国境を越えて同志を募ることができる点だ、同志が集まれば
CPUが加算され戦闘力も増す。


この小説はちょっとしたことでサイバー戦争が始まり、その国のインフラを破壊する可能性を示す、コンピューターをコントロールすれば、交通機関を麻痺させ大事故をおこすことも、原発に入り込んでメルトダウンを起こすことも可能だ。


第二次世界大戦を契機に国際連合や
EUを産んだ世界がにわかに岐路に立っている。


日本にしても平和主義や民主主義が揺らいでいる。先の大戦から人々は善なるものの大切さを知り、性善説が世界をリードした、だが今、平和の芽を摘む勢力が待っていたように現れ、暗雲が出番をうかがう、自己利益実現を優先し他人を配慮しない人が闊歩する、ネットの世界は更に激しい、匿名性にあるからだ。


インターネットは本来人間の善意によって成り立つ仕組みだが、悪用する輩が幅を利かせていることも否めない、ネトウヨなど最たるもので愛国心というより自己顕示欲やフラストレーションの発散に近い、彼らの非難と罵倒はおよそ文明国の物言いではない。


この本はそんな人たちが仕掛ける戦争があると示すのだ、愛国者を語る人が集団で他国をサイバー攻撃することは可能だ、国がその人たちを仕向ける危険性もある。


武力行使がサイバーという手段になっても変わらないものがあると著者は綴る、国同士、国民同志が憎しみの連鎖を解き、自国も他国も互恵によって成り立つという正義に立脚することだ。

正しいことをやり続けるのが難しいなら正しくないことをやらなければいいのだ。
「正しいことをしなさい、正しくないことがわかれば正しいことがわかるはず」、


サイバーテロ攻撃を最小限に食い止めた海斗はこの言葉をかみしめる。


[PR]

by willfiji | 2017-08-08 10:25 | Comments(0)

オーディンの鴉(からす)

「オーディンの鴉」はボクが読んだ「福田和代」の2冊目の小説。

同期の読書家Fが僕にこの作家を推薦して最初に読んだのが「碧空のカノン」。
このブログに書いたその感想文がFは気に入らず(多分?)。「あの本で福田を評価してはだめ、是非読め!」と薦めてくれたのがこの本だ。

前回は同じ同期のH推薦図書を記した。この前の同期会でFとHと飲むほどに読書の話題になった結果だ。

a0199552_1026557.jpg


主人公は検事、特捜の一員。収賄汚職捜査で追い詰めて行った政治家が自殺を図る。
誰をかばうためか?普通のストーリーならそんな展開になる。そこが違うのがFが薦めた理由だ。自殺前に政治家のブログが炎上、ツイッターの容赦ない非難が気持ちの悪い言葉で限りなく発信されていた。

収賄の追求を逃れるために自殺したのではない。真相を求め検事は立ち上がる。
見えない権力の壁が障害となる。危険が家族に迫る。

ITという武器を持った裏組織の凄さを作者は徹底した取材で構築する。現代の怖い話が現実味を帯びる。
ボク自身、一般人としては情報発信が多い方だと思っている。
ブログでもFacebookでも情報を公開している。

まだこれほどSNSが盛んではなかった時、犬仲間の掲示板に匿名の他人が入ってきて汚い言葉で中傷を繰り返した事があった。その卑劣さに断固許せない思いを持った時から、インターネットの社会性という事に自らの主張として「公開」を貫いている。
Facebookをよく使っているのは公開というコンセプトが正々堂々としているから。
できるだけ情報発信しようとも心がけている
。情報発信が多い分だけ自分も情報を得られる。
「一生勉強!一生青春!」を実践する好奇心を満たしてくれる理由だ。

横道に少しそれたがこの小説、面白いのはIT情報を使っている人程身迫るものがある。
権力が情報を握り自由に操作できるとしたら、反権力者は殺人犯にも仕立てあげられる。


「集団的自衛権容認反対」くらいならその手はおよばないと思うが、原発再稼働や辺野古移設やリニア新幹線にNOをつきつけ活発な運動をしている活動家となってちょっと有名人ともなれば、綺麗な人のスラリとした美脚を横目で見ただけで痴漢にされてしまう怖さがある。

幸いにもボクはそんな有名人でも活動家でもない。
しかも規制のない自由競争や障害のない貿易としてのTPPは推進すべきだと思っているから心配は概ね無い。
Fが薦める確かな手応えを感じて、今まで気になっていた「ホワイトアウト」を次に読む事にした。


[PR]

by willfiji | 2014-08-16 10:37 | 読書 | Comments(0)

碧空のカノン

理科系女子の面白い本があると友人から勧められて、
「碧空(あおぞら)のカノン」(著・福田和代)を読んだ。
副題に「航空自衛隊航空中央音楽隊ノート」とあった。友人の勧めがなければ読むことはない本だ。

内容は音楽大学を出た主人公が就職したのが航空自衛隊の音楽隊、アルトサックスパートの演奏者が退職したために運よく採用された。この楽団での出来事がオムニバス形式で物語られる。

明るいタッチの描写に「自衛隊に対する偏見」が既に払拭されたからこんな小説が生まれたのかと全共闘世代の僕は違う角度で読んでいった。

a0199552_17532728.jpg


音楽や絵画等、芸術で身を立てるのは生易しいものではない。
演奏者として楽団に入り一生の仕事をして行ける人はごくまれだ。
自衛隊には陸・海・空に楽団があってそれも複数存在する。楽団員も相当の訓練をして能力も高く各地でコンサートを開き、多くの人達に感動も与えている。
そのことは悪いことではないが、なぜかすっきりしない面がある。
この費用は軍備費で税金で賄われているのだ。

自衛隊が災害救助活動によってイメージが向上したことは否めない。
災害救助隊ではだめなのか?音楽隊も国立の音楽隊でいいのではないか?全共闘世代は容赦がない。

自衛隊の先にあるのは軍隊であるというのが安倍さんの主張だ。

広報活動があって自衛隊は認められる存在になった事は否めないが軍隊になったら、戦争目的のための部隊になる。広報活動を人々が受け入れたのは、気持ちのいい音楽や訓練された隊員によって災害救助できる組織であって、決して戦争ではない。

この本はそんな事は書いていない明るい広報活動の本だ。
ただ工学部卒の作者だから友人は理科系の小説と言ったのでない気分がした。

[PR]

by willfiji | 2014-05-22 17:59 | 読書 | Comments(0)