空のように、海のように♪


パピヨンパパの思うこと
by willfiji
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メールアドレス
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
最新のコメント
紹介 日本語の起源..
by コトタマ学 at 22:03
ジョニー店長、動物達は何..
by パピヨンパパ at 21:10
目は、口ほどに…と、言う..
by Jony店長 at 20:08
大変参考になりました!!..
by 拓也 at 21:52
拓也君偶然ですね、弓張は..
by パピヨンパパ at 11:03
佳苗ちゃん、いいよ!幹事..
by パピヨンパパ at 10:24
突然のコメントすいません..
by 拓也 at 12:47
良いなぁ…月山!! 来..
by 佳苗 at 10:34
ジョニー店長。休みの考え..
by パピヨンパパ at 08:23
平田さん、   ご意見良..
by jony店長 at 21:48
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
正義と信念のために
from 笑う社会人の生活
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
トキ 4羽の繁殖成功 多..
from ローカルニュースの旅
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:池井戸潤 ( 2 ) タグの人気記事


下町ロケット

100人程の従業員を抱えた町工場を父親が経営していた事もあって、僕にとって「下町ロケット」(著・池井戸潤)は今有名な同氏の「半沢直樹」よりぐっと身近な小説だった。
前回書いた「空翔ぶタイヤ」に比べても直木賞受賞の納得いく内容だった。

a0199552_1601283.jpg


正義が弱者にあるにもかかわらず強者が弱者を飲み込んでいく事にそうはさせるかと反抗する主人公が出現して、もうダメだというところまで追い詰められるが、最後には大逆転で弱者が勝利する。そんな筋書きを著者は得意とする。

主人公佃はロケット開発の研究者であったが打ち上げ失敗の責任を取らされる形で辞職し、実家の工場を継ぐ。佃はロケットの夢を捨てきれない。
過剰な研究費を使ってロケットの中核部品であるバルブの特許を取る。社員から無駄だと声があがる程、現時点では汎用性のない宝の持ち腐れになるものだった。

そんな中、国産ロケットを将来の柱にするとの社長方針のもと社をあげて取りくんでいる大企業の帝国工業があった。
バルブの特許を申請した時に一足早く佃が特許を取得した事を知る
内製化に拘る帝国工業から佃へ示された条件は多額の特許使用料だ。
佃はロケット開発の夢を実現すべく製品納入を申し出る。

帝国重工は中小企業にできるわけがないと製品納入を拒むばかりか必要以上の検査や情報の遮断で納入を阻止しようとする。銀行にまで手を回し資金の切迫に至るのは半沢と同じ作者の元銀行員ならでは展開がある。

資金が即日手に入る特許使用権を取るべきという強い社内意見にあっても、佃は自分の夢はやがて社員のものにもなると筋を曲げない。
帝国工業とのやり取りが続く中で製品納入を反対していた社員も大企業の横暴なやり方にプライドまで譲る事はできないと考え方を変えることになる。

帝国側にも技術力をきちんと見通せる人もいて最後には佃が勝利する。
下町で最先端のロケット中核部品が生まれる。この感動の物語はどうなるか?ハラハラの連続だ。

最後に決定したのは帝国工業の社長だ。かつてロケット発射失敗時に責任を取らされた研究者がこの特許をとった佃だと知ったからだ。

池井戸氏の著作は権力を持つ者の優劣が多くの人の運命を変えるという側面を突きつける。経営者が企業を生かしも殺しもする。上の立つ者の知力と人間性の大切さを改めて知ることになった「下町のロケット」は管理職にお薦めの一冊だ。

[PR]

by willfiji | 2013-09-08 16:11 | 読書 | Comments(0)

空翔ぶタイヤ

今話題の半沢直樹の著者池井戸潤の代表作に「空飛ぶタイヤ」がある。
主人公赤松は小さな運送会社の社長、不正を隠ぺいする大企業の官僚体質と真正面からぶつかる構図は「半沢直樹」と同じ、「10倍返し」の痛快さを味わう小説だ。
a0199552_16223079.jpg

車のタイヤがはずれて若い母親が死亡するという実在の事故がこの小説のもとになっている。物語のホープ自動車が現実のM自動車である事は冒頭からわかる。

M自動車はこの事故の少し前リコール隠しのために顧客が離れ売上が激減、元財閥グループの支えによる再建の途上だった。
その時に起こったこの事故がM自動車の責任なら今度こそ市場から見放される事になる。グループ会社の思惑が交差する。

赤松はホープ自動車の徹底した証拠隠しと偽装により、事故は整備不良によるものとされ加害者として遺族から糾弾され提訴される。警察は町の小さな運送会社は整備不良は日常だと家宅捜査し検挙の方向で動く。

弱者になればなるほどいじめられる。取引先の離反や融資の停止や借入金の繰り上げ返済といった苦境に赤松は立たされる。そんな中赤松を支えたのはひたむきに仕事をする従業員と地域から犯罪者と呼ばれても赤松を信じた家族だった。

赤松は同様の事故が整備不良として処理されている実態を知り何度もホープ自動車と証拠になる事故車部品の返却をかけあう。だがここで信実を暴露されればホープ自動車に勤める人の家族ばかりでなく関連下請け企業まで路頭に迷うという都合のいい企業の解釈がホープ自動車の総意となりグループの力を結集して赤松の前に壁となってたちはだかる。

赤松は訴訟に持ちこたえる資金も断たれ四面楚歌状態に陥るが戦いの手はゆるめない。
相手から口封じのための資金提供も断り正義のための排水の陣を敷く。

追い詰められた中で赤松を最後に救ったのはホープ自動車社内の内部告発と社員の証拠持出しだった。社内競争に敗れ左遷された社員の反抗だった。小さな良心もあった

読者はそれでほっとする。半沢もそうだがどんでん返しには奇跡がある。世の中は理不尽があっても正義の使者も来ないで「仕方がないと諦める事」がしばしばある。
池井戸氏は強い者に寄り縋るサラリーマンの実態を面白いように描き出す。
痛快に悪をやっつける場面はビジネスの中で正義を貫く事の難しさを象徴する。許すよりもやっつける方がスカッとする。池井戸潤は「小悪人は許し大悪人を許さない」その按分が心地よい。

[PR]

by willfiji | 2013-08-31 16:31 | 読書 | Comments(0)