空のように、海のように♪


パピヨンパパの思うこと
by willfiji
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
メールアドレス
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
最新のコメント
紹介 日本語の起源..
by コトタマ学 at 22:03
ジョニー店長、動物達は何..
by パピヨンパパ at 21:10
目は、口ほどに…と、言う..
by Jony店長 at 20:08
大変参考になりました!!..
by 拓也 at 21:52
拓也君偶然ですね、弓張は..
by パピヨンパパ at 11:03
佳苗ちゃん、いいよ!幹事..
by パピヨンパパ at 10:24
突然のコメントすいません..
by 拓也 at 12:47
良いなぁ…月山!! 来..
by 佳苗 at 10:34
ジョニー店長。休みの考え..
by パピヨンパパ at 08:23
平田さん、   ご意見良..
by jony店長 at 21:48
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
正義と信念のために
from 笑う社会人の生活
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
トキ 4羽の繁殖成功 多..
from ローカルニュースの旅
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:天井の葦  ( 1 ) タグの人気記事


天井の葦 (読書NO.210)

「天井の葦 上・下」(著・太田愛)読書NO.210


共謀罪法案
がまたもや強行採決で立法化されるような情勢の中、この小説は権力によって報道が抹殺されていく危険性を示した話題の書である。

a0199552_16080757.jpg

本当に日本はどうなってしまうのだろうか?共謀罪はテロ対策とのまやかしで日本を監視社会にしかねない、人権侵害の法案だ。太平洋戦争に国をあげて突き進んだのは反対する人たちの口を塞ぎ死に至るまで拷問で追い詰めた治安維持法が威力を発揮したことによる。治安維持法そのものになり得るのが共謀罪だ。

戦争に反対する人たちを売国者とか非国民として国民自身にも監視させ、意見の合わない者を排除した。共謀罪は一般の人には関係ないという、一般の人とは政権に賛成する人で戦前は国のため、天皇のために命を投げ出す人だった。


国のために死ぬのはいいことだ
という無知性が顔を出している。人が生きていくための基本的人権をわがままなことだと矮小化する戦前復帰思考に酔う極右が安倍政権支持者のコアにあって政権が否定できない状況にあることが危険なのだ。


この本は政権首脳がメディアを政府の方針を宣伝するための道具として考えている状況を描き出す。どんな時代の報道の中にも権力にすり寄る者たちがいる、自分の下劣さを処世術や政治力と思い違いした人たちだ。


毎日の報道番組で田崎何某や山口何某といった人が頻繁に登場しジャーナリストにはあり得ない政府擁護の発言を繰り返す姿は見苦しいものではあるが少なくない視聴者が引きずられている面があることも現実だ。


ひとつの国が危険な方向に舵を切る時、その兆しが最も表れるのが報道であって
報道が口をとじ始めた時はもう危ないとこの小説は読者を現実の世界に引き戻す。


安倍政権が長期化して報道に口出ししてから報道の切れ味が鈍ったことは確かだ。
何人ものキャスターやコメンテーターが姿を消している事を目の当たりしている。


報道が萎縮していると発言を強めているのが池上彰氏だ、彼は左翼でもリベラルでもない良識派だが相当なバッシングがあると明言する。ネトウヨによって非国民、国賊といった言葉が広がり普通に暮らす人々の間に幅を利かせている。


池上氏は少しでも政権に批判すると様々な圧力が加わりその対応に消耗してしまいかねない状況にあると訴える。秘密保護法ができてから報道の自粛が始まったという。共謀罪は監視社会をつくり更に政府の姿勢を察して動く行動が報道を包むことになる。


人々が政治に対して無関心になり言われるままになっていく、それは民衆主義の崩壊だ。


安全という名目で危険が迫り自由がなくなっていいのかと国民は真剣に考えなければならないだろう。
ボクがこんなことを書いても問題のない社会を続けることにつながる。


北朝鮮のミサイルに対して日本も先制攻撃できる体制を作れとびっくりするような発言が出てきた。こんなことに賛成する人は今少数だと思うが、やがて国論となってしまうかもしれない。

太平洋戦争が起こったのはそんな国民の意識があったからで戦前復帰の思想は戦争を肯定したことから生まれている。

3次世界大戦が起こるような無知性な世界を止めるためには小さな火であってもひとつひとつ消していく国民の強い意志が必要だ。


[PR]

by willfiji | 2017-04-07 16:16 | 読書 | Comments(0)