空のように、海のように♪


パピヨンパパの思うこと
by willfiji
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メールアドレス
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
最新のコメント
紹介 日本語の起源..
by コトタマ学 at 22:03
ジョニー店長、動物達は何..
by パピヨンパパ at 21:10
目は、口ほどに…と、言う..
by Jony店長 at 20:08
大変参考になりました!!..
by 拓也 at 21:52
拓也君偶然ですね、弓張は..
by パピヨンパパ at 11:03
佳苗ちゃん、いいよ!幹事..
by パピヨンパパ at 10:24
突然のコメントすいません..
by 拓也 at 12:47
良いなぁ…月山!! 来..
by 佳苗 at 10:34
ジョニー店長。休みの考え..
by パピヨンパパ at 08:23
平田さん、   ご意見良..
by jony店長 at 21:48
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
正義と信念のために
from 笑う社会人の生活
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
トキ 4羽の繁殖成功 多..
from ローカルニュースの旅
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:多摩動物園 ( 8 ) タグの人気記事


動物ドーセントになる!

2014年を迎えた。今年はどんな年になるだろうか?時代の流れには逆らえないが生き方を決めて行くのは自分でしかない。年頭にあたりちょっと書いてみた。
a0199552_22101527.jpg



リタイヤして4年目を迎える。3年経った。1年目は地域活動に参画して貴重な体験をした。東日本大震災が起き、日本人の考え方も変わった時だった。身近な人とのつながりが人間らしく生きる上で大切だ、そんな意味で絆という言葉は自分のものとなった
一方、地域活動を自分の利益だけのために利用する人がいることも知った。

仕事を通して長年の友だった会社に週3日顧問として行くようになったのはリタイヤから2年目を迎えた時だった。培ったファッションビジネススキルが友人の会社のために生かされるなら願ってもないことだ。
顧問はラインではないからアドバイスする立場になる。友人の会社は規模も小さく組織力ではなく個人技で動いている部分が多い。友人の人柄で持っていると言ってもいい。
それでも何十人かの社員を抱えているから雇用責任もあるしコンプライアンスもしっかりしていなければならない。僕のやるべき事は多義に渡る、友人もその意は十分汲んでいた。変えるべき点は明らかで1年で多くのことを変えた。しかし変わろうとしない所もあってベテランほど硬い。大手ならリストラ対象だがそうあってはならない。時間をかけてわかってもらえばいいと思うに至った。そんなわけもあって、
昨年秋より週2日勤務のプチ労働にした。

そこで増えた自分だけの時間をどう使うかという楽しい課題に早速取り組んだ。スポーツジムの時間を増やしても余りある日の使い方だ。


a0199552_2271967.jpg

リタイアした時、真っ先に行ったのは動物園だ。リタイアを決めた時、部下の一人がどうするのですか?と聞いた。「毎日でも動物園へいける」と即答したことがあった。

多摩動物園のパスポートを買って何度か通ううちに知ったのが「TZV」(東京動物園ボランティア)という東京都が運営する上野、多摩、井の頭の3動物園で動物についての教育活動(ドーセント)をするというものだ。ボランティア団体の中で40年続いている最も歴史のある団体とのこと。300人が活動している。説明会に行った。年1回の募集に老若男女の動物好きが多数集まっていた。申請理由レポート等を提出した後手にした合格通知に久しぶりに胸が踊った。

間もなく実習研修がはじまり既に3ヶ月が経った。図鑑ではわからない動物のことや動物園の歴史等を学んでいる。実際に来園者の前でコアラやレッサーパンダやシマウマの説明もした。
子供達が動物と触れ合って命や自然の大切さを知ればいいと思う。ディズニーランドもいいがリアルを体験して欲しいと思う。絶滅に瀕した動物達を動物園が救っている実態がある。動物が住めない環境では人間も住めない。
動物園は檻に動物を閉じ込める見世物小屋ではない。そんなことを報せることができたらいいと思う。
6ヶ月の実習研修が終わって認定されれば本格的なドーセント活動に入る。任期は2年。
更新可能だから健康の許す限りできるものになる

年間400万人も来る上野動物園にマックがあってもいいのではないかとビジネスの顔が持ち上がるしボランティアの世界も何があるかわからないけど、今年もポジティブに自分らしく生きたいと思う。

[PR]

by willfiji | 2014-01-02 22:15 | 動物 | Comments(0)

動物達の目

多摩動物公園は動物達はもちろんだが、昆虫達の展示も充実していて楽しい。
秋の虫展をやっていると知って、行ってきた。
a0199552_1015424.jpg

もちろん動物達を観ながらのランチビールは格別に旨い。
今日は動物達の目をテーマに写した。
鋭い、あどけない、つぶらな、目が語るもの、
少しだけわかる気がした

a0199552_10171099.jpg

a0199552_10174516.jpg

a0199552_10183821.jpg
a0199552_10191077.jpg
a0199552_10193644.jpg
a0199552_10201011.jpg
a0199552_10204587.jpg
a0199552_10211141.jpg

[PR]

by willfiji | 2013-09-22 10:27 | 動物 | Comments(2)

多摩川にトキが飛ぶ日

佐渡の空を放鳥されたつがいから生まれたトキが見事に飛んだ。
少し前の「トキのひなが誕生した」とのニュースは、きっと多くの人に、
暖かい気持ちと同時に育つだろうか?との一抹の不安をももたらしたと思う。
そのひなが育ち、トキ色の羽をひろげて飛ぶ姿をTVで観て、
日本の各地の空をトキが舞う日も夢ではないような気がしてきた。
a0199552_19114958.jpg

日本コウノトリも絶滅してしまった日本の鳥だが、多摩動物園がトキのように中国とロシアから、(これもトキと同じで、99.9%遺伝子が同じとのこと)コウノトリを連れてきて、繁殖に成功した。
日本コウノトリが自然の中で飛ぶ姿は兵庫県コウノトリの郷公園で観られる。大きな丸い巣の中で仲良く子育てする姿もよくニュースで紹介されるが、それが多摩動物園で育ったコウノトリの家族達だ。
a0199552_19121680.jpg

コウノトリ・トキの舞う関東自治体フォーラム」というのがあるのを知った。
江戸時代、関東の空には沢山のコウノトリやトキが飛んでいた。そんな空を取り戻そうという活動らしい。野田市がコウノトリの飛ぶ環境を作ろうと動きだしていたり、その名も「鴻巣市」も名乗りをあげたりしている。(ちなみに鴻巣は僕の母が生まれ育った所)
先週、多摩動物園に行った時、その活動の詳細が知りたくて関係の方に聞いてみた。多摩川がトキやコウノトリが舞う地にならないか?という僕の夢の実現可能性も確かめてみた。
コウノトリが好きなドジョウやタニシが十分いるだろうか?その地域が水田や畑の広がる環境になり、住民の協力と理解が得られるか?等、高いハードルがあった。
トキやコウノトリを少し見守っていることにした。
(公開されていないが多摩動物園ではトキも育てている。)
 

多摩川に迷い込んだ黒鳥(2010.12月) 
a0199552_19123579.jpg

[PR]

by willfiji | 2012-05-31 19:22 | 動物 | Comments(0)

春よこい!

前回は[冬が来る前に!]動物達に会いに行った、
今日、[春よ来い!]と多摩動物園に行った。
雪と遊ぶチンパンジーもいたが、みんな春を待っていた!
ハチドリと会えた!貴重ないいショットも撮れた・・と思う、
ハチドリは手乗りにならないのかな?

                                      約90秒作品

ナイスショット!ハチドリ 

a0199552_20292975.jpg

蝶より小さい 
a0199552_20433318.jpg

モモンガ!狙ったよ! 
a0199552_2032359.jpg

[PR]

by willfiji | 2012-03-01 20:55 | 動物 | Comments(2)

進化論

動物園友の会に入っているから、機関誌「どうぶつと動物園」冬号が届いた。
記事の中に「ダーウィンの進化論」があった。考え方のヒントになった。
a0199552_10535024.jpg

オラウータンの子供と人間の子供は同じような行動をする。
a0199552_10532671.jpg
そこで「人間は猿から進化した」とするのが普通だがダーウィンは「人も猿も共通の祖先から進化した」とした。
地球には多種多様な生き物が存在する。種の数が増えたからという。
何故か?「似た者同士でも、自然界における役割が少しずつ違えば共存が可能」だからだ。この結論がすごい!
a0199552_10521265.jpg

人は「違う事で争う」、「違う事で共存する」ことが進化だ。今、地球は生物多様性が問われている。異端や異教を排するイスラム対キリストの争いは進化の頂点に人類が立つとはとてもいえない史実だ。どちらも自然が無くなった砂漠で生まれた。
これからはすべての所に神がいるという自然信仰から生まれた仏教的考え方が神様の主役のような気がする。
それは企業経営にもいえることではないだろうか?一人一人が役割を持って仕事をするには、一人一人の異なった能力を認め育てることが前提となる。自己実現の世界だ。
a0199552_10525762.jpg

この機関誌冬号には他にも熊の赤ちゃんが冬眠中に生まれることや蜘蛛の巣によく蜂がかかっているがあれは蜘蛛に卵を産みつけて寄生するための演出というような、興味ある記事が載っていた。

[PR]

by willfiji | 2012-01-09 11:17 | ビジネス | Comments(2)

冬が来る前に♫

冬が来る前の小春日よりの今日、きっと蝶達が沢山舞っているだろう!
動物達もそれでもちょっと寒くなったから、元気に遊んでいるだろう!
多摩動物園に行ってきた。
昆虫館の蝶達は思ったように花から花へ飛び、お目当てのハチ鳥もとらえた。
動物達が生き生きとしていて、その目に会えたことがうれしかった!
ライクルが来てから、一層愛着がわいているレッサーパンダが飼育員に甘えていた。いいな!いいな!




何食べてるの?ワライカワセミ
a0199552_18284296.jpg

最高のバーカウンター
a0199552_1831260.jpg

[PR]

by willfiji | 2011-11-17 18:37 | 動物 | Comments(6)

動物達

動物達にもいろんな世界がある。

[いい子!いい子!]
a0199552_20442136.jpg

[争い!・いけないよ]
a0199552_20443843.jpg

[見る・視る]
a0199552_20445541.jpg

[像さん!像さん!]
a0199552_20451933.jpg

[お友達だよ]
a0199552_20455461.jpg

[まっすぐな目]
a0199552_20463544.jpg

[どこ見てるの?]
a0199552_2047581.jpg

[哲学者]
a0199552_2048831.jpg

[遊ぶ・あやとり♫]
a0199552_20483983.jpg

[待ったよ・ハクビシン]
a0199552_20492293.jpg

[ガァオー・かわうそ]
a0199552_20504580.jpg

[PR]

by willfiji | 2011-04-10 21:09 | Comments(2)

てんでんこ

大津波の中、釜石の「津軽てんでんこ」を日常訓練していた小中学生の多くの命が助かった。
復興にむけて、新しい日本をつくるためにも「てんでんこ」は輝きをもった言葉になっている。
津波があったらすぐ「自分の責任で高台へ逃げる」。この時先生の指示を待っていたら死んでいた。

復興のために先ず重要なのは「自らやるべきことをやる」ことだ。震災を機会に新しい機運が若者達にできてきたことは頼もしい限りだと書いたのはそのことを意味する。

リーダー待望論があるが、危険なのは考えない個人のよりどころとしてリーダーを求めることだ。震災前の日本はそんな状況だった。今回の原発も、継続している沖縄の基地問題も、強い意見は賛成か反対かの2立によって構成される。そして多数を形成するのは視聴率を気にする大衆迎合したマスコミの意見となる。マスコミのレベルがその国の民度となるならしかたないが、マスコミが国民をあおった結果、先の大戦があり日本人200万人、中国・アジアでは1800万人以上の人達が命を落とした事を忘れてはならない。

「てんでんこ」の考えが浸透し強い個人が生まれ、強い連帯になる。それを結集していくのが真のリーダーの役目で、その「マネジメント」ができるリーダーが新しい日本のために求められる。

石原都知事の「お花見をやっている時ではない」との言葉で、上野の花見がなくなった。
今、誰でも自粛の気持ちは痛いほど持っている。桜を愛でる気持ちはこんな時だからこそ特別だ。「自粛」とは自ら当たり前のことをやること。若き文学者であった氏の言動は歳を重ねるごとに保守化して国民を弱い者として扱う傾向がでてきている。人気があるのはわかるが違和感がある。強い方向を示すことはリーダーとして大切な資質だが、時代が求めている「マネジメント」とは程遠い。

企業にも同様の例として「休日返上や勉強会への自主参加」といった課題がある。実態は強制のことも多く、それはコンプライアンス視点でも労働搾取やサービス残業となる。しかも強制は思ったほどの効果はない。

個人が優秀なら、休日返上も勉強も自ら考え、やる時はやる。「てんでんこ」が次の未来を示している。
 
〔多摩動物園自粛解除 ・タイガース健在〕
a0199552_16111254.jpg

〔起きたね!20時間寝てる〕
a0199552_1612231.jpg

〔同じパンダだよ〕
a0199552_16125570.jpg

[PR]

by willfiji | 2011-04-02 16:22 | Thnking | Comments(0)