空のように、海のように♪


パピヨンパパの思うこと
by willfiji
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メールアドレス
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
最新のコメント
紹介 日本語の起源..
by コトタマ学 at 22:03
ジョニー店長、動物達は何..
by パピヨンパパ at 21:10
目は、口ほどに…と、言う..
by Jony店長 at 20:08
大変参考になりました!!..
by 拓也 at 21:52
拓也君偶然ですね、弓張は..
by パピヨンパパ at 11:03
佳苗ちゃん、いいよ!幹事..
by パピヨンパパ at 10:24
突然のコメントすいません..
by 拓也 at 12:47
良いなぁ…月山!! 来..
by 佳苗 at 10:34
ジョニー店長。休みの考え..
by パピヨンパパ at 08:23
平田さん、   ご意見良..
by jony店長 at 21:48
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
正義と信念のために
from 笑う社会人の生活
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
トキ 4羽の繁殖成功 多..
from ローカルニュースの旅
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:中川志郎 ( 1 ) タグの人気記事


生き物はすべてつながっている

生き物はすべてつながっている」(著・中川志郎)。元上野動物園園長のエッセイ。
2012年に81歳で亡くなった後にそれまで著者が上野のれん会のタウン誌に書いたのをまとめた本だ。
a0199552_14291157.jpg

著者は上野動物園の獣医として採用され、上野、多摩の動物園長となり、晩年は動物園協会や動物愛護協会等の要職を務められた。動物学会における功績は多大だ。

このエッセイは動物に対するいっぱいの愛情で綴られている。易しい言葉中に深い意味がある。一生を動物に注いだ著者の哲学を垣間見ることができるものだ。

上野動物園の歴史の中で最も悲惨な事は太平洋戦争末期の動物達の処分であった。
殺処分を命じられても賢い動物は毒物を食べる事はなく餓え死にの道を選んだ。
飼育員がそうさせたのかもしれないが命令違反は国賊扱いとなる。公然にはできない。

そんな世の中に二度としてはいけない。

戦後の子供達に笑顔をもたらしたのは、お猿電車や触れ合い動物園や移動動物園だ。
尽力されたのは著者が新人の獣医として入園した時の古賀園長だ。新しい動物園のあり方の基礎が古賀園長によって築かれたと記される。悲しい歴史を体験した古賀さんの意志は新人達に強烈に植えつけられた。
動物を愛することはそのまま人類愛にもつながる。

生物多様化は今や地球規模の問題だがその中で動物園の役割はますます重要になっている。
この本の題は「生き物はすべてつながっている」だ。
この真実が人類の課題だ。

イルカ漁の問題や動物園は見世物小屋といった批判について正面から著者は語る。
大事な動物を預かる身として極めて重い責任を感じながら、動物達と接し種の大切さを伝えていく姿がそこにある。
「動物園は文化である」 動物を通して人々が幸せを感じるように著者は心から願っていた。

著者の他界と入れ替わるようにボクは動物園ボランティアの活動に入った。
著者の志のひとかけらでも担うことができたら本望だ。

[PR]

by willfiji | 2015-07-10 14:37 | 読書 | Comments(0)