空のように、海のように♪


パピヨンパパの思うこと
by willfiji
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
メールアドレス
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
最新のコメント
紹介 日本語の起源..
by コトタマ学 at 22:03
ジョニー店長、動物達は何..
by パピヨンパパ at 21:10
目は、口ほどに…と、言う..
by Jony店長 at 20:08
大変参考になりました!!..
by 拓也 at 21:52
拓也君偶然ですね、弓張は..
by パピヨンパパ at 11:03
佳苗ちゃん、いいよ!幹事..
by パピヨンパパ at 10:24
突然のコメントすいません..
by 拓也 at 12:47
良いなぁ…月山!! 来..
by 佳苗 at 10:34
ジョニー店長。休みの考え..
by パピヨンパパ at 08:23
平田さん、   ご意見良..
by jony店長 at 21:48
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
正義と信念のために
from 笑う社会人の生活
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
トキ 4羽の繁殖成功 多..
from ローカルニュースの旅
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

知る沖縄

知る沖縄」(著・木村司)
沖縄の基地問題があまりマスコミでは取り上げられない。

そこに沖縄の特別な事情がある。

a0199552_10423411.jpg

ヘリポート建設や辺野古への移設は沖縄の人たちの声を無視して進められている、反対しているのは左翼や中国からの資金を得たひとたちだとの声があるが、自民公明の与党議員が一人も選ばれていない現状を見れば沖縄の人たちが

基地建設に反対なのは明らかだ

著者は沖縄の選挙で示された民意を安倍政権ほど軽んじる政権もかつてなかったと厳しく批判する。


沖縄はボクにとって特別の意味を持つ。この本は一足飛びにボクの学生時代の出来事を伝える。

1971
1117日佐藤首相のもとで衆院特別委員会は抜き打ち的に返還協定を強行採決した。

当時大学生だったボクは泥沼化するベトナム戦争を批判する米日学生の大きな流れの中にあって国家権力が再び武力で覇を争う世界になることを阻止することが学生としての使命だと考えていた。


ポツダム宣言から遅れること
27年経って沖縄が日本に帰ってくることは喜ぶべきことだが、

そこに、無条件に米国が沖縄の基地を使えることにした現代に続く主権放棄ともいえる対米従属姿勢を見逃すわけにはいかなかった。


この著書にもあるが、その時沖縄の人たちの願いは「沖縄は基地のない平和の島」としての返還だった。知事が持参したその建議書が空港に到着する直前に強行採決が行われたのだ。


当時ボクがどのようにこの出来事を感じたのか?怒り心頭だったことは若気の至りだけではなかっただろう。翌々日の
1119日本最大の学生デモの中にボクの居場所があった。


穏健ではあったが東大駒場から先頭をきって走る一団の中にいて機動隊と衝突し、その夜世田谷署に収監された。若さだと思うことはその後何度もあったがボクの人生を変えた出来事でもあったのだ。

思想によって罰せられることはなく、凶器準備集合罪で留置場や拘置所といった誰でもが経験できる場所ではない所で
2か月を過ごした後、ボクは学校に戻った


それから40年経った
2010年民主党政権になって佐藤首相の密約文章の存在を認めることになった。
それは沖縄が返還されてもアメリカは自由に基地を使うことができ尚その整備やインフラにかかった費用は全部日本が持つとしたものだ。

屈辱的な地位協定はそのまま残って
今に至るのだ。ボクは武力闘争は誤ったことだと思うがデモに加わったことは今でも間違えていなかったと思う。


その後日本は戦争に巻き込まれることなく平和憲法のもとにあったがここの所怪しい雲行きになっている。

平和ボケとか自虐思想と言った言葉で平和を揶揄する社会現象が表面化してきたのだ。平和がうさんくさいものとして語られてしまう。

平和は戦争に勝る強い信念がなければ維持できないということが忘れられているように思える現状がある。


この本は沖縄の返還後の様相も伝え、変わらぬ差別意識のもとで沖縄が扱われている現状を描き出している。

沖縄が復帰する前、沖縄は基地依存の島だった日本が1$
360円だった時、沖縄は120円、製造業を育たなくした。


返還後基地依存は大幅に減ったから沖縄の民意が基地移設反対に動いたが基地の土地を貸し出した地主たちは高齢になってそれしか収入がない人たちもいる、市町村の中には基地使用料が入らなければ成り立たない部署がある。政府は移設賛成を条件にその人たちをゆさぶる

沖縄はアメリカ軍が戦場にした日本で唯一の場所だ、そこで
20万人の人が犠牲になった。ここでも東条英機首相の「生きて虜囚の辱めを受けず」という皇民化教育が徹底され天皇のために命をささげると銃弾の中に立つ人や自決する人たちが多数いたのだ。


終戦直前にアメリカは沖縄について徹底調査をした。日本人は沖縄人を差別しここが米軍の拠点となっても国外問題としてか認識しないというものだった。それが佐藤首相の密約に繋がり、安倍政権の態度になっている

日本が最も辱めをうけているのは地位協定に他ならない。米軍及びその関係者がいかなる犯罪行為をしても日本に裁く権利はなく日本国内の基地は米国が自由に使えるというものだ。
憲法改正(悪)の前に地位協定の破棄を実現するのが真の独立国家ではないのだろうか。


[PR]

# by willfiji | 2017-02-10 11:11 | 動物 | Comments(0)

岩波講座・現代

岩波講座・現代
(編集委員・大澤真幸他)現代の現代性―何が終わり何が始まったか。


a0199552_11342562.jpg


時代を担う学者たちが明らかに違ってきた現代を転換の時として論説する。


民主主義を超える民主主義に対して、半世紀前に出版された旧作はその時代を深く考察したものだったが、本書も現代を明確に捉えこれから行くべき道を示唆している良書である。


流行りのSNSは多くの人に様々な情報を与え瞬時に世界のことを知らせるが、それが現代の病を作っている側面がある。SNSは簡単に知識が手に入り、その人の価値観で情報を得ることができる。人々は活字から離れゲーム感覚で思想遊びをするようになってしまった。

そんな中、人を中傷する発言やヘイトが蔓延する。特にネト右と呼ばれる人たちは自分のうっ憤をはらすように、偏向的だ。なぜこんな世界になってしまったのか?


今の社会現象はおかしなことになっているとこの本は知を磨くことが必要だと訴える。


アリストテレスは人間を政治的動物と定義した。生きるために人間は生まれてきたが「善く生きるために」生まれてきたのが他の動物とは違うとしたのだ。

そして資本主義の原点となったアダムスミスは「市民社会は自分の利益だけを意図している集団だが競争にまかせれば見えざる手が悪を駆逐し善行が利益を生むことになるとした。


善とは正義であってその概念は「自分と他者をとの相互性、反転可能性である」ことは言うまでもない。正義とは相手から見ても同じ正しい生き方だ。

最近おかしくなったのはこの善=正義の考え方をしなくなったからだ。


トランプ氏のアメリカファースト、には反転可能性はない。アメリカさえよければという立場に善はない。

人気の高い小池都知事も都民ファーストを口にする、今までの悪弊と戦うことは大いに評価すべきだが、都民ファーストという言葉が使われたのは韓国人学校の用地を巡って保育園を作れとの主張から出たものだが、フランス人学校は認めて韓国人は認めない姿勢があることにボクは違和感を覚える。
ついでに輝けなにがしの議員のその時の言動は差別主義者的であって改革の志からは程遠いと感じたものだ。

更に小池氏が都民ファーストと言いながらカジノ誘致に賛成な点を見るに、都民ファーストという都民とは

その出処に利己的なものを見ざるを得ないのだ。


哲学なんてくそくらえ」シェークスピアがロミオに言わせた言葉だ、哲学ではジュリエットを創れないとロメオが嘆いた。これが「有効性」ということだ。


トランプは最たるものだが、安倍政権も小池都知事もこの有効性を旗印に支持を得ている。著者たちは有効性が世界を支配しているが有効性の上にあるものが新しい世界を作り出すとしている。


安倍首相がトランプ大統領と信頼度を増した関係を創ろうと懸命だが有効性が価値観の者同士だから、信頼関係の重みを感じない、相互理解はいつでも裏切られる性格をもつものになると想像できる。


アメリカ戦略指導部は表明する、「もしもアメリカ合衆国の重要な利益が攻撃されたら合理性を失って復讐に出るというのが国民的気質である」と、あの言論の自由を保証し民衆主義を先導したアメリカの姿はもうない。


トランプ氏は日本に軍事力強化を求め、日本も自立というシナリオで軍事力増強の道を歩む、このままでは中国に尖閣を取られ沖縄だって危ない、北朝鮮脅威にどう対抗するのか?と現政権は国民を揺さぶる。自衛隊が軍隊になることに国民が賛同するような流れがある。


戦争直後の反省が薄れていく中で抑止論が軍備拡大を促している。

 
今からの戦争は抑止論では収まらない戦争であることを誰でもわかっているが解がないからそこに留まってしまう

中国と北朝鮮を脅威と感じるならなぜもっと会話の道を築こうとしないのか?

安倍首相はトランプ大統領との会談にあれほどの意欲を持つなら何故隣国と話し合うことに同じくらいの熱意を示さないのか、北朝鮮は難しいことがあるだろうが中国なら話し合いの余地は沢山あると思う。内弁慶だと思う

対米従属は自主憲法をめざす安倍政権にとって矛盾ではないのだろうか?日本としてのプライドはどこにあるのだろうか? 

ベトナム戦争以後アメリカは何度も誤った戦争をしている。日本の立ち位置をしっかり持ち全ての国と友好な関係を築くことが政治家の使命だ。


このままではいけないと筆者たちは指摘する。その声はなかなか日本国民に届かないのではないかと懸念がよぎる今日この頃である。


[PR]

# by willfiji | 2017-02-07 11:44 | 読書 | Comments(0)

いま日本を考えるということ

いま日本を考えるということ」(山本理顕・大澤真幸・木村草太)

a0199552_11085578.jpg
集団的自衛権容認の法案に対して多数の憲法学者が違憲との立場を表明した。

木村草太はその中の若い憲法学者だ。最近マスコミにもてはやされるのは、政府の意向に沿ったコメントを発信する人たちだが、木村氏の発言は論理的で歯切れがいい。

彼は安倍政権の問題法案に対してその違法性を語るが反体制の人ではない。


山本理顕は建築家で政治的立場にはない。彼の主張は彼の建築に対しての価値観を示す、
仕事をする意味を考えさせてくれる。住宅構造が社会を変化させてきたとし、作り出される社会を考える。ギリシャアのポリスの住居から現代日本の住宅公団が作った住居まで、個人と家族と公がどうかかわりあったか?

地域社会の崩壊がなぜ起こっているのかを住空間を通して解析し彼が考えるこれからの道を示唆する。


大澤真幸は気鋭の社会学者、内向きになる世界やナショナリズムの台頭の背景を語る。


何故社会がこうなったのか?ボクが日ごろ考えていることに一つの答えをだしてくれる。


人間は夢から逃げてより浅い現実の方へ覚醒し妥協した」というものだ。


この本のテーマである「何故安倍政権は支持されているのか?」という疑問に答える。

善をおこなうこともなくカリスマ性があるといえない人がなぜ支持率が高いのか?

カジノや共謀罪や年金法案に対して多数の人が納得していないし反対しているのに政権を支持する人が多いという不思議な現象がある。そんな日本人たちに再考を促す。


面白い例をあげる。憲法
9条に対して敗戦の一種の懲罰と受けているというものだ。

戦争放棄は誰が考えても理想の社会だが懲罰的にそれを受けるとは、髪を染めてはならないとかスカートの丈が決められ、喫茶店に入ることを禁じている校則のように思うことだ。
校則を破りたいと思ったり破った人多いと思う。ボクも校則はうっとおしいと思っていた。

平和憲法を守ることはうっとおしいと思うことが改憲で、そこが右翼の窓口だという。

日本は中国脅威を打ち出して軍事費を増やしているが中国とは少し前までは仲がよかった、ボクの学生時代は嫌いという人は5%、今は嫌中が過半を占める。

なぜか?

それは完全に差があった友達が自分と同じかある部分において勝ってきたからだ。

日本人が余裕と自信を失い嫌中になったのだ。

友だちならそんなことで嫉妬するのはいやなやつだが国のトップがその傾向を強めればなびく人は多い。ちょい悪は正論を吐く人より人気があるのだ。


それでいいのだろうか?そうならないための教育が必要だ。

左翼やリベラルは悪いくせがある。正論を突き詰めるために許容範囲が狭めてしまう。結局割れて小さくなる。


一方、自公的なるもののしたたかさはいつも多数に寄り添うことにある。いい加減だから自分のためになるとしたら誰とでも手を組む。リアリスト集団だ、ボクは伝統を守る保守と言って欲しくはない。


このいいかげんさを著者はアイロニカルと表現する。「なんちゃって」という感覚だ

このアイロニカルがトランプ現象を生んだ、阿部政権の支持率にもつながる。


戦後すぐに出来た日本国憲法や国際連合は直後の回心の中から生まれた。それが維持できたら人類は永久平和を手に入れることができた。

回心の心は次第に消えていく「なかったことにしよう」というものだ。

歴史は真実を語っている、回心を取り戻そうという趣旨がこの本にはみなぎっている。


[PR]

# by willfiji | 2017-01-31 11:17 | 読書 | Comments(0)

南朝研究の最前線.もうひとりの天皇

南朝研究の最前線」(編・呉座勇一)
もうひとりの天皇」(著・小野寺直)

a0199552_17511289.jpg

a0199552_17521517.jpg

今上天皇の生前退位の問題が浮上してから、天皇について考える中、もう一度確かめたかったのは南北朝のこと。


今上天皇は北朝の流れをくむ、鎌倉幕府を滅ぼした後醍醐天皇は南朝の人、日本は南朝と北朝の天皇が交代で皇位を継いできた。


天皇は神様の子孫だと今では誰も信じないけれど、維新政府ができてから天皇は神格化され、あら人神のもとでは「カミカゼ」が吹くと無謀な戦争に突入した歴史がある


本の一冊は研究者の書で客観的な史実に基づいたもので、もう一冊は南朝天皇の子孫という人の本だ。

その中で注目されるのは桂内閣によって南朝が正統な天皇であるとされて、明治天皇もそれを認めたというところだ。


今上天皇の生前退位について安倍政権は判断を有識者に委ねた。人選が偏っているのはこの政権の常とう手段、生前退位はこの天皇に限るという特別法で扱うように持っていった。

今上天皇の意向は皇室典範を変えて欲しいというものだったが、それは無視されたようだ。安倍首相の仲間は神道国家観を持つが今上天皇との親和性がない。それはオバマ元大統領ややメルケル首相が安倍首相と親和性に乏しいのと同じ理由による。いわゆる理想の欠如である。

今上天皇は日本が民主国家になるように育てられた、平和についての造けいが深い。ボクは天皇に対しては否定的だったが、今上天皇の行動を長年見る中で今上天皇を敬愛するようになった。


改憲をめざす安倍政権にとって、平和憲法を擁護する今上天皇は都合が悪いのだ。それはちょうど南朝を正統と認めながら立憲君主として北朝の天皇を政体天皇として祀り上げた明治政府の立場と同じだ


南北朝の歴史を読むと政権と天皇の関係がよくわかる。今上天皇は権力に利用されないように穏やかだが強力に国民に訴えている。


天皇が訴えていることと政権が出した結論に相違があることを国民の多くが知ったと思う。天皇は決して神武から続く人ではないが日本の心をつないできた何かがある。

昭和天皇は誤った道を進んだが今上天皇はそうならない道を歩んでいる。南北朝の時代から天皇にも様々な人がいる。

盲目的に天皇を敬うのではなく敬うに足る人かどうかを主権者である国民が見極めていくことが大切だ。


[PR]

# by willfiji | 2017-01-23 18:07 | 読書 | Comments(0)

戦争中の暮らしの記録

「戦争中の暮らしの記録」(暮らしの手帳編)


暮らしの手帳社の
Twitterに掲載された。


『連続テレビ小説「
とと姉ちゃん」、ありがとうございました、ドラマを通して、
書籍「戦争中の暮らしの記録」に光があたり、多くの方が手にとって下さったこと、心より感謝申し上げます。映画「この世界の片隅に」へ受け継がれる思いに、希望を託して~』


a0199552_18064161.jpg

テレビの中で、戦争に巻き込まれていく当時の編集者の苦悩と戦後自ら戦争の事実をライフワークと課した編集長花森安治氏の姿が映し出され、それが「この世界の片隅に」に強く繋がっていることに感銘を受けたのはボクだけではないだろう。


この書籍はボクが高校3年の時に発行されている。

我が家でも購読していた「暮らしの手帳」。読んでいく中でこの本を読んだことがあると定かではない記憶が蘇ってきた気がした。

戦後23年経った時だ。戦争は戦争に行った兵隊だけが体験したものではない。


この記録にも書かれている東京大空襲では死者
89千人負傷者11万人とその数は広島、長崎を上回る。毎晩続く空襲から狭い防空壕に身を潜める。その防空壕も爆撃され死体の中を這い出して避難する、焼夷弾によって火の手に囲まれて逃げ惑うなどが決して上手くはない文章で綴られる、

切羽詰まった中で行われたできごとの悲惨さをも伝える。集団疎開した子供に親が送ったやっと手に入れたわずかな食料を横領する教師、すこしでも足手まといになる子供を容赦なく殴り続ける校長、女一人で子供を抱え実兄を頼って田舎に疎開するが追い出される姿など、戦争そのものが浮かびあがる。


ボクが今回手にしたのは再販版で、戦争体験のないボクの世代の感想文も載る。

なぜ国民は戦争をとめなかったのか?なぜ日本は今また戦争の道を進もうとするのか?


その時の問いをボクも思い出す。ベトナム戦争、学生運動の真っ只中だった,日本は自衛隊こそ派遣しなかったが、親米を貫いた。


ボクらは戦争を知らない子供たちとして反戦運動に加わった、戦争を知る人たちが閉ざしていた口を開きだしたのもこの頃だ。戦争を知らないボクらの問に答え出したのだ。


戦争反対なんてとても言えない、最初は正義のための戦争だと思っていたという、正直な人たちの話だ。この暮らしの手帳を読んでも、そんな一般の人の歴史がよくわかるのだ。


水木しげるの「体験漫画」も「この世界の片隅に」の主人公すずの言葉も戦争で何が起こったのかということがその後歴史を捻じ曲げようとする人たちがどんな手段に訴えても消せない事実を語っているのだ。

ボクはきっとこの本を読んだから全共闘の片隅にいたけど暴力革命には走らないべ平連シンパだったのだろうと思う。


とと姉ちゃんによってこの本が再び注目されていたのは、世の中が戦争の方向に歩み出しているからだ。
例えば日本人として慰安婦少女像は屈辱であってなぜあんな事をするのだろうとあきれるばかりだが、中国や韓国の人にとっては大臣が靖国に参拝するのは許せないと思うのと同じことではないだろうか。「
10億出した」という首相発言は更に火に油を差す。


アメリカ大統領は核のボタンを押せる人、危険な人だと多くの人が感じているがアメリカ国民はトランプ氏を選んだ。

日本人もそんな人を選ばないとは限らない。


メリル・ストリープのゴールデングローブ受賞での「軽蔑は軽蔑を招きます、
暴力は暴力を呼びます」というスピーチをあの戦争を肯定する人はどんな受け止め方をするのだろうか?


[PR]

# by willfiji | 2017-01-12 18:20 | 読書 | Comments(0)