空のように、海のように♪


パピヨンパパの思うこと
by willfiji
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
メールアドレス
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
最新のコメント
紹介 日本語の起源..
by コトタマ学 at 22:03
ジョニー店長、動物達は何..
by パピヨンパパ at 21:10
目は、口ほどに…と、言う..
by Jony店長 at 20:08
大変参考になりました!!..
by 拓也 at 21:52
拓也君偶然ですね、弓張は..
by パピヨンパパ at 11:03
佳苗ちゃん、いいよ!幹事..
by パピヨンパパ at 10:24
突然のコメントすいません..
by 拓也 at 12:47
良いなぁ…月山!! 来..
by 佳苗 at 10:34
ジョニー店長。休みの考え..
by パピヨンパパ at 08:23
平田さん、   ご意見良..
by jony店長 at 21:48
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
正義と信念のために
from 笑う社会人の生活
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
トキ 4羽の繁殖成功 多..
from ローカルニュースの旅
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2016年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


戦争と読書

戦争と読書」(著・水木しげる・荒俣宏)水木しげる出征前手記。20歳の水木しげるが出征直前まで考え続けた死ぬ意味、戦争の無意味。

a0199552_10161344.jpg


話題の映画「この世界の片隅に」を観た時、水木しげるの戦記と同じ感覚を得た。

楽天的だがそこはかとない悲しさが流れる、普通の人たちが言葉にできない重苦しさの中で生きて行く姿があった。

この映画を観た人たちの中で「これは反戦映画ではないからいい」といった感想があるらしいが、戦争に対して反戦を口にできなかった人そのままの姿を描き出すことで更に深い反戦の意味を込めている事を見過ごしていると思う。

主人公すずが写生をしていると憲兵が来て糾弾する場面がある。こんなシーンや、原爆投下後の人たちのゾンビのような残酷な姿が映し出されていてもこの映画を反戦とは思わないという人がいることが不思議だ。

ボクのブログやSNSでも政治的な言及に対しての反応は極めて少ないことにも見られるように反戦イコール左翼イデオロギーといった風潮がある事は否めない。それでもこの本を少しでも多くの人に知ってもらい平和を守る大切さを心して欲しいと思う。

20歳の水木しげるは徴兵検査に辛くも合格してしまう。
戦争に行かなければならなかった多くの若者がそうであったように、読書は切実なものがあった。ニーチェやカント、マルクス、シェークスピア、ゲーテ、等々、ボクも若い日々読み漁ったが死を直前にする彼らとは真剣さが違った。当時の水木しげるの日記から若者の戦争に直面した心境を知ることができる。

当時は軍隊の不文律というべき「生きて虜囚の辱めを受けず」という自決強要の圧力から、死に対する恐怖や不安すら素直に口にできなかった雰囲気があった。その重苦しさこそ戦争の持つ非人間性なのだ。

水上しげるの日記も戦争そのものを批判してはいないが死ぬ覚悟ができることを書物に求める日記の中に強い反戦の意識があることが手に取るようにわかる。天皇のために死ぬとは一言も書いていない、それが重苦しいのだ。

日本軍は手紙は機密保持のためとして検閲したが日記は見逃していた。鹿児島知覧で特攻に行った人たちの日記を読んだ時、国のためにという言葉の中から読み取れたのは家族や友人や恋人を思う気持ちであった。国というのは日本国ではない、故郷のことだった。

水木しげるは亡くなったが、彼はボクと同じ町に住んだ人でボクの大学の前身である学校を卒業した、大先輩だ。
ゲゲゲの鬼太郎はボクのバイクのナンバーにも表示されて今もぼくらを見つめている。

姑娘(クーニャン)という、戦争中の悲しい出来事を描いた漫画を読んだのは1年前、水木しげるの歩んだ道を再び見つめ直していきたいと思う。


[PR]

by willfiji | 2016-11-29 10:29 | 読書 | Comments(0)

餓死(飢え死に)した英霊たち。南京の日本軍―南京大虐殺とその背景

「餓死(飢え死に)した英霊たち」
a0199552_17275187.jpg

「南京の日本軍―南京大虐殺とその背景」(著・藤原彰)
a0199552_17293765.jpg


どんなに忌まわしい過去であっても歴史の真実を直視し、そこから教訓を学んで二度と過ちを繰り返さないようにしなければならない。

こうあって欲しいと思うことは誰にでもある、しかし願望で史実を曲げてはならない。残念なことであっても未来につなげるためにはしっかり見据えてそうならないようにすることが歴史を学ぶということだ。

戦争を肯定し、過去の過ちを正す姿を否定して捏造だとか自虐的だとか主張する人たちが本を読まないネット世界に横行していることを少なからず危惧している。

時の防衛大臣や差別主義者やたちが大虐殺行為を数の問題にすりかえる、少数だから大虐殺はないという議論は事件の本質を隠蔽する。

この本は日本軍の本質を史実にもとづいて究明する。前回高校生に近代史を教えた、加藤陽子氏推薦の書だ。

太平洋戦争では日本人戦没者は320万人、そのうち日本軍が230万人、その過半数が餓死による。そして餓死にも階級差があった、メレヨン島の生存者比率は将校67%、兵18%だ。

補給を無視、軽視して現地調達とした大本営は精神力が生死を分けたとする。現地調達はジャングルや耕作地のない島ではたちまち食料不足となり死の行軍となる、その道は靖国街道と呼ばれる。アメリカ軍はあえて攻撃もせず自ら死に絶えるに任せた。戦闘もせず飢え死にする人たちの無念さはどんなものであっただろう

人権の尊重など全くない軍の本質が日本兵の飢え死にや南京の大虐殺を生んだのだ。
命を惜しまないのが軍人で天皇のために生命を捧げるのが最高の美徳とされた。

日露戦争前まではフランスやドイツに学んで軍備力や補給体制が戦力の基盤であるとの合理的思想があったが、日露戦争、その後の第1次世界大戦後世界が軍縮に向かう時、日本軍の思想は精神論に傾いて行った。

著者はなぜ日本軍の指導者が勝てる見込みのない戦争に突入したのか、徴兵によってやむなく戦地に向かった兵隊たちが戦いではなく、飢えとマラリヤ、風土病、の中で免疫力もなくやせ細って死んでいったのか
中国のとの戦争を事変と言って国際法を無視し南京周辺における収奪行為とそれに伴う強姦や捕虜の大量殺戮を一般の兵までもが引き起こしたのかということを、日誌や記録や証言や著者自身が支那駐屯中隊長としての体験などの多くの証拠をあげながら究明する。

著者は南京虐殺をなかったとする人たちや戦争を美化する人たちを戒める。
第1次世界大戦までは日本は国際法に従って捕虜の扱いも人道的であって捕虜となったドイツ人やロシア人たちも親日になったことや、欧米に変わって統治した国でも統治する人の中にも人格者が居て現地の人たちを差別なく扱ったり民主的であったり、満州へ渡った人にも現地の人との融和を大切にしたりしたことがあって、日本人に好感を抱く人もいた

その人たちの発言で戦争はアジアの開放の戦いであったと戦争を美化する人たちもいるが、

戦局が深まれば深まるほどに日本軍は正常の感覚を失っていたことは残念なことにその何倍もの生き証人や残った記録によって明白になっている。

今、右傾化する人たちを見ると人間の本能をむき出しにする考えに同調する傾向がある。トランプやEU離脱が多数を占めたのは人間の本能を是認する「隠れ」がマスになった証ではないだろうか。

それは教育という良心を育てる視点が欠けた結果だ。エセ保守派が道徳教育を持ち出して戦前の教育回帰を推し進めるという偏狭なことではなく、「自由、平等、博愛」にもとづいた教育が世界的に求められている。

ちなみにエセ保守派の本質は今回の「天皇の生前退位反対」の発言を見れば明らかだ。今上天皇の発言は生前退位の意向として多くの国民に受け入れられた、天皇も人間だからその人権は守るべきという当然の考えだ。

今上天皇は右傾化する今の政権にしばしば警笛をならし日本の平和主義の象徴にもなっている。ボクはそのことを日本の誇りだと思う。父親が犯した過ちを知っての行動は日本を平和に導くものになっている。

今上天皇が靖国に参拝しない意味を靖国に参拝推進する議員たちはわかっていないと思う。

南北朝を持ち出すこともなく天皇の系図は複雑で神武天皇の血が今もその中に残っているとは誰も思っていない。明治まで神官として身分を保たれた中に日本文化の神髄がある。

天皇のために戦えと言われる天皇を再び作りたいエセ保守の人たちは生前退位に反対だ。

この本は多くの日本兵がなぜ飢え死にしたのかと南京事件がなぜ起きたかを問い、歴史を捻じ曲げて捉え、戦争への道を歩む右傾化する現象を止めようとしている。

天皇という存在を利用した非人間性の世界は降状を認めず玉砕と特攻の精神を産み、多数の飢え死に者を出し、南京大虐殺をも犯した。

今上天皇のようにその事実を謙虚に学ぶ必要があるのだ。

[PR]

by willfiji | 2016-11-23 17:44 | 読書 | Comments(0)

それでも日本人は戦争を選んだ

それでも日本人は戦争を選んだ」(著・加藤陽子)
a0199552_11163030.jpg


アメリカ大統領選挙でトランプ氏が勝利した。アメリカ国民が選んだのだから尊重しなければならないが、ポピュリズムの怖さを改めて痛感した。

一般的に知的訓練を受け社会科学的な知識を持っている人間は外国への偏見が少なく外国に対して見方が寛容になるとされている。

イスラム教徒や移民に対しての発言は差別主義者のそれであって、アメリカ大統領ともなれば地球全体のことを考えなければならないのだが、トランプ氏の発言からは感じられない。

されどアメリカ大統領だ。発言は誇張されたものとして、格差のない社会の革新者に少しでも貢献してくれることに一縷の望みをつなぐばかりだ。

ボクが懸念するのは、米軍負担金をめぐる彼の発言だ。日米安保がただ乗りではないことは発言後わかったようだが、アメリカはトランプ氏の登場以前から世界の警察ではなくなっている、トランプ氏によって速度が増すことは明らかだ。

ボクはそれを懸念する。この本は、日清、日露のから、満州事変、太平洋戦争に至るまでの日本の状況と日本人の意識の変化を名門高校生を対象に講演したものを著したものだ。

戦争前後の近代史を学ぶことが少ない人たちが右傾化に走っている点では日本もトランプ化現象の渦中にあると言える。

この本にも紹介されているが、前述したように普通なら知識階級は他国に対して寛容だが、日中戦争直前には戦争やむなしとした東大生が(外交手段を尽くして32%を含めて)88%もいたという事実がそれにあたる。

日中戦争が侵略だったとする人が68%、侵略戦争ではないという人が10%という調査結果はまだ日本人が良識の中にあると考えられるが10%が増える傾向にあることが心配だ。

アメリカ軍が手を引いた時、日本はどういう方向に進むのかが問題だ。
核禁止にアメリカの言うなりに反対した日本がアメリカの言うなりにならないで世界の平和を対話によって築いて行く方向になればいいのだが、軍備増強に走ることを深く懸念する。

トランプ氏が軍産複合体に頼らないリアリストならロシアや中国やそして北朝鮮とも話す機会を作る可能性がある。それを日本が後押しする平和への先導国になることは難しいことではないと思う、

自主独立という戦前回帰の方向で軍備拡張を目指す国にならないことを切に望む。

[PR]

by willfiji | 2016-11-11 11:23 | Comments(0)

ニホンカモシカ 行動と生態 .カモシカの生活誌

ニホンカモシカ 行動と生態」「カモシカの生活誌」(著・落合啓二)
a0199552_9483721.jpg


a0199552_9492810.jpg


ニホンカモシカを40年にわたって、フィールド調査をした研究書が7月に発刊された。

前書は動物関係者にとっては話題の書、後書はその中で紹介された著者が24年前に書いた生活誌だ。前書はあくまで研究書だからカモシカへの思いは後書を読んで欲しいと書かれていた。

著者のフィールドは下北半島の脇野沢村、九艘泊(きゅうそうとまり)。北限のサルが有名な海岸線近くまで山が迫る小さな漁村の地。著者は高校生の時この地を訪れる、その時泊まったのは、今では北限のサルやカモシカが観察できることで一部の野生動物愛好家の間で知られているユースホステルだった。

著者はサルではなくカモシカに魅せられる。
この本に書かれていないが、日中国交回復の時中国からパンダが贈られたが日本からはニホンカモシカを贈った、その頃ニホンカモシカの生態がよくわからなくて、中国の飼育員が苦労したという話がある。ニホンカモシカの生態は著者たちによって次第に明らかにされたのだ。

研究者の多くは短期間の研究論文によって評価があがるものを対象にするが、著者の研究はそのたぐいから大きく外れる、蚊やアブやヒルに悩まされながらカモシカを何年にもわたって観察する。海峡の冷たい風が雪と共にふきつける中をカモシカを追う。

この地に住むほとんどのカモシカに名前をつけて、毎年の行動をフィールドノートに記す。
著者をそうまでさせたのは、じっと見つめるカモシカの目や座ってはんすうする時の姿などすべてが著者に離れられない魅力となったからに他ならない。

動物と人はそんな関係が結べることをボクはわかる気がする。

カモシカはウシ科だからシカよりウシやヤギに近い、崖や山奥に住むイメージがあるけど、
脇野沢村にはそれほど高い山はない。シカは群れるが、カモシカは単独またはメスの親子、
今年生まれた子供と去年生まれた子供と一緒の時がある。交尾期にはオスが加わる。

メスとオスはなわばりを持ちなわばりが重複する雌雄が夫婦となる。オスのなわばりと重複するメスが他にもいればそのメスとも交尾する。そんな生態が分かってきた

草食動物は森で住む動物は一般的には単独行動で姿は小さい木の芽や実を食べることが多い、良質少量になる。森を出て草原に住むようになった草食動物は栄養価は低いが全ての草が食料になって量も豊富だ、大型になって群れを作る、シマウマ、キリン、ヌー、が一緒にいるなど種を超えて群れをなす。そんなことを伝えながら、ニホンカモシカについて多方面から述べられる。

ニホンカモシカが天然記念物に指定されたのは1955年。カワウソやトキ、コウノトリのように絶滅しなかったのはこのおかげでもある。

但しその後食害の声が大きくなって猟が解禁されそうになった。その時合意されたのが地域特別天然記念物という考え方だ、保護地区を作ってそれ以外の所では許可を取れば捕獲殺傷してもいいというもの。毎年1000頭ほどが処分されている。

野生動物の食害について研究者の声が反映されていないと言う。カモシカの食害被害は人間の行動によって引き寄せられることが多い。戦後荒れ果てた山林を復活させるためにスギやヒノキを優先的に植林して、その芽のいくつかをカモシカが食したことだけをもって害獣扱いしたり、養蚕農家の衰退は時の流れであったのにクワの葉を食べるカモシカの害を殊更大きく取り上げたりするといった行政の不勉強さを著者は指摘する。

ツキノワグマが市街地に出没したり、シカやサルやイノシシによる害が大きく取り上げられている昨今、殺傷してしまえという声が大きくならないことを願う。

ジュゴンやヤンバルクイナの棲み処を軍事基地にするなど言うに及ばず、野生動物との共存を図る事が人間として大切だ。

著者がニホンカモシカの姿に魅せられたように、人間には誰でも丘の動物と共に暮らす本能が備わっているのだと思う。種を超えて群れをつくる動物たちのように、食する時も含めて殺生する気持ちを諫める心が人間には備わっている。

殺伐とした世の中に温かみを醸し出すものが動物との関係だ。

ボクはそんな心を子供たちに伝えたくてボランティアで動物のスポットガイドをやっている。著者のような研究者によって野生動物のことが更に解明されれば人間と動物との持続可能な世界が実現する。

動物たちの命の大切さを知る事が人種差別や憎しみの連鎖を絶って人間同士が争わない世界を作ると思っている。


[PR]

by willfiji | 2016-11-02 09:56 | 読書 | Comments(0)