空のように、海のように♪


パピヨンパパの思うこと
by willfiji
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メールアドレス
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
最新のコメント
紹介 日本語の起源..
by コトタマ学 at 22:03
ジョニー店長、動物達は何..
by パピヨンパパ at 21:10
目は、口ほどに…と、言う..
by Jony店長 at 20:08
大変参考になりました!!..
by 拓也 at 21:52
拓也君偶然ですね、弓張は..
by パピヨンパパ at 11:03
佳苗ちゃん、いいよ!幹事..
by パピヨンパパ at 10:24
突然のコメントすいません..
by 拓也 at 12:47
良いなぁ…月山!! 来..
by 佳苗 at 10:34
ジョニー店長。休みの考え..
by パピヨンパパ at 08:23
平田さん、   ご意見良..
by jony店長 at 21:48
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
正義と信念のために
from 笑う社会人の生活
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
トキ 4羽の繁殖成功 多..
from ローカルニュースの旅
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2015年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


愛犬王・平岩米吉

愛犬王・平岩米吉伝」(著・片野ゆか)「狼と生きて」(著・平岩由伎子)
動物文学という定期書籍を刊行しそのジャンルを確立した平岩米吉を語る本。

この人の名前が動物に関係する本の中で度々登場する、「動物文学」とはどんなものなのか?この2冊で知る事ができた。
a0199552_18112745.jpg

「子鹿物語」や「シートン動物記」によって動物愛を育まれた人は多いだろう、ボクもその一人だが、この翻訳を世に紹介したのが「動物文学」だ。
米吉にとってこれは当時片手間の仕事だった。彼が本当にしたかったのは、一生を通じて彼のそばにいた犬たちと人間との関わりを研究し犬と一緒に暮らすその素晴らしさを紹介することだった。

彼は犬族の狼、ジャッカル、コヨーテ、狸、狐まで飼っていた。
ニホンオオカミは死滅していたが、朝鮮オオカミや大陸オオカミを犬のように飼い研究論文を「動物文学」に掲載した。

この2冊の本には明治、大正、昭和と彼の犬との暮らしが書かれていて、犬の風俗史にもなっている。彼は資産家で愛犬のシェパードを連れてお抱えの車で銀座に行き、銀ブラを楽しむ。戦争前の優雅な時代だ。よく訓練された犬はノーリードだ。こんな自由が日本にあったことを知る。ボクはドイツのように訓練すれば犬とノーリードでどこでも行ける世界を夢みている。

戦時中、犬も大変な時代だった。犬を飼うのは非国民、大事な食料を分けなければならないからだ。殺処分や毛皮を軍備品にするために全国の役所が動いた。軍に供出するくらいなら共に死のうと投稿された文がある。街から犬がいなくなった

米吉が狼を普通の犬のように飼った事には驚くばかりだ。亡くなると頭骨を残し犬との違いを発見し、絶滅したニホンオオカミやエゾオオカミの骨を判別する事に貢献した。
縄文の頃きっとオオカミは人間の近くに住んでその中で人間に慣れたオオカミが次第に日本の犬になっていったと思うと犬と人間との壮大なロマンが拡がる。

豊作の時は神として凶作の時は災いを招く動物として日本人の心の一角を担った日本オオカミの姿をもう見ることはできない。海外からもたらされた狂犬病と都会化によって彼らの餌が激減し家畜を襲うようになったために、毒殺や猟銃によって、あっという間に姿を消してしまったのだ。

ボクがボランティア活動をしている多摩動物園には10頭のヨーロッパオオカミがいる。
ある時間になると一斉に遠吠えをする。その姿は正に犬の祖先を思わせる。
観ているとふと撫でたくなる時がある。米吉ができたようにボクにもできるような気がする

[PR]

by willfiji | 2015-11-27 18:17 | 読書 | Comments(0)

地上から消えた動物

地上から消えた動物」(著・ロバートシルヴァーク)

今世紀に入って絶滅する動物が加速度的に増えている。一度消滅したら2度と生きている姿を見ることができない
哺乳類が誕生してから多くの種が栄えたが、絶えてしまう種には色んな原因があった。
a0199552_1655829.jpg


自然によるものが初期にはあったが加速度的になったのは人為的な要因が大きい。
「ドードー」、「モア」、「オーロラックス」、「クワッガ」と聞けばどこかかわいい響きがある、
おとぎの国のロマンがある。ボクらのおじいさんやそのおじいさんの時代には生きていた動物達だ。
「ゾウ」、「サイ」、「トラ」、「パンダ」が同じ運命をたどらないように著者はこの本を書いた。

それから30年以上経った今、絶滅が心配された動物達の中には少し回復した動物達がいる。シフゾウやモウコノウマ、アラビアオリックス、やパンダもそうだ。
絶滅危惧を救うために動物園の役割も変わってきている。

ボクがボランティアでスポットガイドをしている多摩動物園にはトキがいる。公開されていないけれど、ある場所からは見ることができる。江戸時代この鳥は多摩の空を飛んでいた。卵を抱いて雛が成長する姿を楽しみに観ている。成長したら佐渡で放たれる。

絶滅してしまったステラーカイギュウはかつて南極の海にいて、船員達は二つの乳房と白い肌から人魚と見間違ったという。アメリカ大陸にいた何百万といて空を埋め尽くし太陽も隠す程だったリョコウバトの姿は合衆国の短い歴史の中で一羽もいなくなってしまった。
両者ともその肉があまりにも美味だったからだ
言われている。

なぜ動物達を絶滅させてはならないのか?
著者のは「その姿を二度と人が見ることができなくからだ」と答える。
「生物多様性が持続社会をつくる」と言うより易しく理解できる解答だ。

[PR]

by willfiji | 2015-11-13 16:58 | 読書 | Comments(0)

伝える極意

伝える極意」(長井鞠子)著者は長年同時通訳者として活躍していた。
最近、TVの報道番組が政権の意向を汲んでか?おもしろくない。何でも政府批判をせよと思うのではない。
政権に権力が集中する中でジャーナリズムは均衡を図る方向に動くべきだが加担する方向や追求を緩めて圧力から逃れようとする、

それに比べてCNNやBBCの報道は自律性があって気持ちがいい。
その中で気になっていたのが同時通訳者の存在だ。相対する人の会話も一人でこなす。
最初は違和感があったが慣れてくるに従って、そのスキルに敬服する気持ちが生まれた。

ボクは今、週1回程度、動物ボランティアの活動をしている。
様々な来園者に動物達のことを伝えているがもっと深化させるためにどうしたらいいだろうかと思う事もしばしばだ。
同時通訳者が伝える極意を伝えるそんな本がボクのニーズを満たしてくれるかも知れない、そんな思いで読んでみた。
a0199552_17285639.jpg

著者は歴史を飾る会議の中で職を通して歴代の首脳の話し方を語る。
論理的な話は相手に伝わりやすい言葉になることは前提だが何を伝えたいのかとどう伝えたら相手が理解するのかを考えて伝えることが極意だという。これがなかなか難しい。

おもしろい例にバナナの皮で滑った人の話がある。アメリカ人は滑ったその姿を笑うがイギリス人は滑ったその人を笑うという。相手を知るにはそんなこともわからなければならない相手の立場に立ことは簡単ではない。

動物園ボランティアをやっていて楽しい時に、子供達に話をしてわかってもらえる時がある。
パンダは人間のように手で物を持って食べる。小さな子には「おいしいから大事なんだよ」と話し、少し大きな子には「骨と手の構造」を伝える。もっと高学年になったら、「食肉獣だったクマが笹を食べることで生き残った」話をする。更に興味のある人には「絶滅危惧種と人間の関係」を一緒になって考えてもらう。

人に伝えることは難しい、伝えるにはエネルギーがいる。黙って過ごしたい時もある
伝えるということは人にとってどんな価値があるのだろうか?
コミュニケーションのあり方はその人の生き方にもつながる。
人間は一人では生きてはいけないが孤独も愛する。

連帯を求めて孤立を恐れず」は座右の銘としていつもボクの心を刻んでいる。

[PR]

by willfiji | 2015-11-08 17:33 | 読書 | Comments(0)

犬たちの明治維新

犬たちの明治維新」(著・仁科邦夫)既に読んだ「犬の伊勢参り」の著者が明治の日本の犬事情について書いた興味深い本。
a0199552_171866.jpg

日本が開国した時、領事ハリスは犬の知識で役人たちを驚かせた。
「体に白毛のある犬の尾の先端は必ず白い」ということ。
そんな馬鹿な、と役人たちがこぞって白毛の犬を集めると確かにそうだった。
日本は動物愛護の国だと白人達は綱吉時代の読み物の知識を持って来日したが当時里犬といわれ江戸の町に沢山いた野良犬は傷を持ったものが多かった。武士の世が崩れていった時、「無礼者!」と切り捨て御免と試し切りされた犬達だったそうだ。
綱吉の生類憐みの令の反動で犬は犬でしかなかった。ほとんどは飼い主の決まってない里犬で町や村落をうろうろして町内皆で飼うような感じだった。

犬を家で飼うような事はなかったが愛玩犬の狆は別だった、
ブリーダーもいて高額で取引されていた。異人達もこの犬をジャパニーズドッグとして求め祖国に持ち帰ったが多くは船旅中に死んでしまった、寒さに弱い犬だった。

明治維新は犬にとっても新しい時代の幕開けだった。洋犬が沢山入って来た、狂犬病が流行り野犬狩りが全国で行われた。犬たちの暮らしはウロウロしてはいられなくなった。

ボクの敬愛する西郷さんはあの銅像が象徴するようにいつも猟犬を連れていた。
西南戦争でも兎狩りの日々を送り、最期も犬と一緒だった。銅像の西郷さんが連れているのも中小型犬で薩摩犬の雑種だと記されている、西郷さんに似合わず大型犬ではないのがうれしい。
a0199552_17201061.jpg


この本、悲しい戦時中の犬の供出の話が出てくる、兵隊さんの帽子や手袋や衣服にするために犬が屠殺された。小さな犬でも確かに毛皮をまとっているがそんな悲しい出来事を初めてこの本で知った。
明治維新、洋犬は「カム」と呼ばれ多くに「ポチ」という名前がついた。おいで!と外人が言ったcomeからだと、そして白いブチをパッチと言ったのがポチになったのではないかと著者の推論に納得する。シロという「花さかじいさん」の犬も唱歌ではポチになった。

我が家のワンちゃんは白毛が多く処所に茶毛が混ざる洋犬「パピヨン」だ尾の先端は白だった。戦争になって供出と言われたら一緒に山奥で暮らす事にしている

[PR]

by willfiji | 2015-11-07 17:25 | 読書 | Comments(0)