空のように、海のように♪


パピヨンパパの思うこと
by willfiji
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
メールアドレス
お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
いま憲法は『時代遅れ』か
at 2017-03-22 10:13
終わった人
at 2017-03-16 17:07
キャスターという仕事
at 2017-03-09 18:45
憲法という希望
at 2017-03-03 14:05
マッカーサーの二千日
at 2017-02-25 18:25
最新のコメント
紹介 日本語の起源..
by コトタマ学 at 22:03
ジョニー店長、動物達は何..
by パピヨンパパ at 21:10
目は、口ほどに…と、言う..
by Jony店長 at 20:08
大変参考になりました!!..
by 拓也 at 21:52
拓也君偶然ですね、弓張は..
by パピヨンパパ at 11:03
佳苗ちゃん、いいよ!幹事..
by パピヨンパパ at 10:24
突然のコメントすいません..
by 拓也 at 12:47
良いなぁ…月山!! 来..
by 佳苗 at 10:34
ジョニー店長。休みの考え..
by パピヨンパパ at 08:23
平田さん、   ご意見良..
by jony店長 at 21:48
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
正義と信念のために
from 笑う社会人の生活
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
トキ 4羽の繁殖成功 多..
from ローカルニュースの旅
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2014年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧


クローズド・ノート

あのエリカ様の試写会事件があった本。原作クローズド・ノート(著・雫井脩介)の主人公は江尻エリカとはちょっと違うイメージだった。ちなみに映画は見ていない
a0199552_1845536.jpg

香恵は本人も認める天然。男の人が好きな癒し系にはなれないと自覚している。そんな女子大生だ。天然の香恵の言動はテンポがいい。

香恵はマンションの先住人が残したノートを発見する。先住人伊吹は竹内結子が演じた、こちらはイメージに合っている気がした。

恵のアルバイト先の気になるお客さん、石飛隆作が伊吹の恋人だと本の途中で推測できるほど筋書きはきわめてオーシドックスだ。
ノートから伊吹が小学4年生の先生で生徒のことを思い、生徒に慕われ、ちょっと失敗もする魅力的な女性であることを香恵は知る。

自分の恋が伊吹とダブって香恵は伊吹のように恋に悩み恋を成就するために行動する。
伊吹のノートに勇気づけられ次第にあこがれるようになる。

ノートはハッピーエンドを予感させる直前で終わってしまう。香恵は幸せな結末を聞きたくて伊吹に会い行く決心をする。そこで知った衝撃的な出来事。
ストリーは単純だが香恵は最後に癒し系の片鱗を見せながら伊吹と違う天然を発揮する。見事なエピローグだ。

[PR]

by willfiji | 2014-06-18 18:49 | 読書 | Comments(0)

つばさものがたり

つばさものがたり(著・雫井脩介)は家族愛に満ちた感動の小説だ。
この作家を推薦してくれた友に重ねてお礼をいいたい。

a0199552_2184976.jpg


君川家の希望の星は二人兄弟の兄代二郎ではなく妹の小麦だった。
兄妹は仲もよく、兄は好きな道を選び結婚して子供もできた。

父親は妻と小麦と一緒に店を持つのが夢だったが小麦が東京でパティシエの修行中に亡くなった。
修行を切り上げて小麦は地元に帰って母親と兄嫁の道恵と一緒にケーキ屋を始める。

早く母親と一緒に店を持ちたいと母や兄に話した小麦だったが、病魔が刻々と小麦を襲っていた真相を隠していた。小麦は店を一刻も早く軌道に乗せるために懸命にケーキを作る。軽く手伝うだけの気持ちの道恵をパティシエにしようとする小麦。二人の葛藤。
うまく行かない店、救いの手を差し伸べる先輩シェフ。
こんな題材だけでも興味深いのにこの小説にはもう一つのストーリーが加わる。

代二郎の子供、叶夢の存在だ。友達ができず、人見知りする男の子だが彼にはレイという親友がいる。
天使と妖精のハーフの子だという。レイと話せるのは叶夢だけだが、まるでそこにいるような不思議なことがしばしば起こる。
叶夢は小麦に心を開く、代二郎と道恵も叶夢には障害があのではないかと懸念していたがやがて他の子と違う子であっていいと思うようになる。次第に親子の絆も深まっていく。

小麦の悲劇が天使や妖精のようにふんわりしたイメージと重なって、泣きながらでも読み進む感動をもたらす。この物語を読んだ人は皆天使が見える人になりたいと思うのだろう。

[PR]

by willfiji | 2014-06-11 21:13 | 読書 | Comments(0)

通りゃんせ

「通りゃんせ」(著・宇江佐真理)は若いサラリーマンが江戸時代にタイムスリップする物語。
それほど珍しくもない展開だが作者の江戸時代の農家の暮らしがしっかりした歴史認識の元に描き出されている点で歴史小説といってもいい作品だ。

a0199552_1802037.jpg

主人公大森連は休暇を取ったサイクリング途中の小仏峠あたりで江戸時代に入ってしまう。目覚めた時傍ら
には連より少し年上の兄の時次郎と年下の妹のさながいた。
連は田沼意次が失脚し松平定信が登場する天明時代に目覚めたのだ。高校時代の先生のおかげで少し歴史に明るい連は大きな歴史の流れを時次郎に教える。天命の飢饉があったことも思いだしたが武蔵野国青畑村というこの村の飢饉の程度はわからない。兄は組頭で領主は旗本、そこから派遣され農民達を監視する役目も負っていたが、特別に手当をもらっているわけではなく百姓としての暮らし向きは決して楽ではない。

当時の農民はただ耐え忍ぶだけではないしたたかさと威勢を持っていた。年貢の取立てが厳しければ一揆をおこし庄屋や代官、領主にまでも反逆を企てた。幕府は厳しく断罪したが一揆を起こされた領主も管理責任を問われお家断絶は常であった。しっかりした根拠を持って作者は江戸の農家の暮らしを紹介する。

連は幕末を迎えるひと世代前の幕府が緊縮財政を敷き悪天候によって飢饉に襲われるその時代に放り出される。その中で村のため、領主のために懸命に生きる兄の時次郎と妹さなと共に持てる力を発揮していく。

サラリーマン生活を送ってきた自分となんと違うのだろうかと連は思い当たる。質素な中でも飢え死にしそうでも生きている実感が違う。これこそがこの物語の主題だ。さなは連に思いを寄せるが連には現代への未練がある。物語はロマンも忘れない。
現代社会に帰った連はたくましく成長している。今うじゃうじゃいる草食系男子に是非読んでもらいたい小説に仕上がっている。

[PR]

by willfiji | 2014-06-05 18:04 | 読書 | Comments(0)