空のように、海のように♪


パピヨンパパの思うこと
by willfiji
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メールアドレス
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
最新のコメント
紹介 日本語の起源..
by コトタマ学 at 22:03
ジョニー店長、動物達は何..
by パピヨンパパ at 21:10
目は、口ほどに…と、言う..
by Jony店長 at 20:08
大変参考になりました!!..
by 拓也 at 21:52
拓也君偶然ですね、弓張は..
by パピヨンパパ at 11:03
佳苗ちゃん、いいよ!幹事..
by パピヨンパパ at 10:24
突然のコメントすいません..
by 拓也 at 12:47
良いなぁ…月山!! 来..
by 佳苗 at 10:34
ジョニー店長。休みの考え..
by パピヨンパパ at 08:23
平田さん、   ご意見良..
by jony店長 at 21:48
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
正義と信念のために
from 笑う社会人の生活
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
トキ 4羽の繁殖成功 多..
from ローカルニュースの旅
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


永遠の0(ゼロ)

 「永遠の0」:百田 尚樹著を読んだ。2013年に映画化が決定されているベストセラーだ。
南の海で転戦し最後は特攻で散った、1人の若者の心情を生き残った戦友達が語る形で話が進む。戦後60年、その時戦った人達は80歳を越えている。

戦争を知らない子供達と言われて僕達は育ったが、今の日本を見ると「2度と過ちはしません」という方向が消えているような気がする。

特攻隊員の心の声をこの本は語る。
「特攻隊員は国のために命を投げ打った英雄と称えられた時もあったし、歪んだ狂信的な愛国者と罵られた時もあった、しかし彼らは英雄でもなければ狂人でもない。のがれることの出来ない死をいかに受け入れ、その短い生を意味深いものにしようと悩み苦しんだ人間だ、彼らは家族のことを考え、国のことを思った」

「指揮したり命令したりした将校の多くは前線に出ず、『お前達だけを死なせはしない、俺も後から行く』と言った連中の中にも後を追うものはほとんどいなかった」。兵隊は駒でしかなかった

a0199552_19115394.jpg


衆院選挙で第1党になりそうな安倍さんは自衛隊を正式に軍隊にしようとしている。
尖閣問題を引き起こした石原さんは維新の代表になり若者の人気が高いという。
今夜ニコニコで党首討論が行われるが、投稿する若者は軍事力強化に賛成する書き込みをすると思う。
反日教育を受けた中国と同じ傾向になるのはやはり日本経済の悪化が原因なのだろうか?

太平洋戦争で亡くなった人は少なくとも200万人以上だ。この震災の100倍にも及ぶ
「脱原発があるのになぜ脱戦争がない」のだろうか?社民や共産ではこの国はやってはいけないと思うが、「2度と同じあやまちはしない」と誓った言葉の重みを国民はもう一度考えてもいいのではないだろうか?

[PR]

by willfiji | 2012-11-29 19:13 | Thnking | Comments(0)

今どきの若者

採用面接をすることになった。物流・商品管理経験者でパートさん達をマネジメントする30〜40代の人を募集した。

驚いたことがいくつかある。ひとつは、せいぜい数人だろうと思っていた応募者が30数名、瞬く間に現れたことだ。
多いので、先ず、書類選考することにしたがその履歴書と応募書類を見て驚いた!
これで採用されると思っているのだろうか?と疑ってしまう書類が半数以上だった。
一応書いてはあるが、「何がしたいのか」、「出来ることは何か」、「自分はどんな人間なのか」、よくわからない。これでは箸にも棒にもかからない、書類審査だけで面接には至らないのは当たり前だ。

応募者のほとんどの人はアルバイトや契約社員としていろんな所を渡り歩いていた。企業閉鎖や倒産、合理化やリストラ、契約満了といった波にあって、失業中の人達だ。波を乗り切らなければならないのになぜ自分の力でもっと求職の努力をしないのか?自分自身のことだ。自分をPRしない人に採用者側から手を差し伸べることはない。

君たちは面接なくてよかったね! 
a0199552_191142.jpg

そのあと書類をクリアーした10数人を面接した。そこでまた驚いた。
多くの人が、一言でいえば草食系だ。書類にはやりたい事が書かれてはいたが、言葉に力がない、説得力がない。いいように見れば謙虚だが謙虚すぎるのは責任を取らない事にもつながる。仕事から逃げてしまう印象を持つしかなかった。

一度失職すると前職相当に就くのは難しいのが現状だ。不況のせいばかりではないと面接して思うようになった。「若者よ、もっと自分の足で立て!」40代を若者というのもおかしいが、草食系で幼くてこれで大人なのか?と疑ってしまう人ばかりだったからついそんな言葉で書くことにもなった。

それでも2次面接に至る者が3名いた。社長と一緒に質問攻めにした。幸いにも30数倍の難関?をくぐり抜けたメンバーを選ぶ事ができた。やや草食系だが鍛えて行こうと思う。もう我社の仲間だ。

[PR]

by willfiji | 2012-11-21 19:09 | ビジネス | Comments(3)

小さなベランダの物語

気温が下がって、恒例のパンジー&ビオラを植えた。
a0199552_12134535.jpg


小さな我が家のガーデンには何種類かの鉢植がある。
その1つ1つに小さな物語がある
a0199552_121265.jpg

春夏、毎年のようにやってくるアゲハ蝶のためと、食卓に香をそえるための「さんしょうの木」
揚羽の幼虫がみんな食べてしまってこんな状態になった。
今、家の中では蛹が越冬している。全く動かないから羽化は無理かも?
幼虫の食糧難を無くすため今年2本増えて3本になった。
a0199552_12134580.jpg


「オリーブの木」
食卓にオリーブがあるとちょっとうれしい。自家製ができるかも?と1本買った。
自家受粉が難しいと知って、もう1本購入、口に入るのはいつの日だろうか?
a0199552_12213894.jpg


「球根アサガオ」
毎年、このプランターにもパンジーかビオラを植える。今年は「緑のカーテンに」とゴーヤときゅうりとアサガオを植えた。ゴーヤときゅうりは役目を果たしたがアサガオは花をつけず、葉だけが残っている。切ってしまうのはしのびない、もうしばらくこのままにすることにした。
情報募集中だ!

他にもいく鉢かある。植物は一つ一つに想い出の実をつけている。これからどんな実がつくのかベランダの物語が続く。

a0199552_1216262.jpg

[PR]

by willfiji | 2012-11-11 12:39 | Thnking | Comments(0)

24式太極拳

中国の老僧が雄大な大地の中で自然と一体となる姿見た。
その画像に感動して太極拳をやりだした
年配者の運動というイメージがあって、楽にできると思っていたが、とても奥深い。




ジムでやっているのは24式太極拳という太極拳の中で最もポピュラーなもの。
その名の通り24の型で行う。ラジオ体操と考えればいいのだが、動きを止める事がない。

体重移動の後に滑らかに次の動作が始まる、下半身が主導して回転運動によって上半身が動く、自分の体が筆のようになり、墨を含むときの感じで体を沈める。しっかりと自分の中心を作ることはゴルフやテニス、今やっているスカッシュやあらゆるスポーツに通じる事だ。

先生はバレエと同じでヒップホップとは違うと教えてくれたが両方ともやったことのない僕にはその点はよくわからない。

基本的には有酸素運動だから年齢に関係なくできるが、相当の筋トレでもある。
24の型は動作が微妙に違う。1年10ヶ月やっているが順番に迷い、1人ではまだできない。それでも、やった後の気分は爽快だ。

音楽がかかると自然にできるようになったラジオ体操のように体が覚えるにはあと何年かかるだろうか?
老僧の域に到達する のを目標に終生続けていきたいと思っている。

[PR]

by willfiji | 2012-11-08 18:59 | スポーツ | Comments(0)