空のように、海のように♪


パピヨンパパの思うこと
by willfiji
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メールアドレス
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
最新のコメント
紹介 日本語の起源..
by コトタマ学 at 22:03
ジョニー店長、動物達は何..
by パピヨンパパ at 21:10
目は、口ほどに…と、言う..
by Jony店長 at 20:08
大変参考になりました!!..
by 拓也 at 21:52
拓也君偶然ですね、弓張は..
by パピヨンパパ at 11:03
佳苗ちゃん、いいよ!幹事..
by パピヨンパパ at 10:24
突然のコメントすいません..
by 拓也 at 12:47
良いなぁ…月山!! 来..
by 佳苗 at 10:34
ジョニー店長。休みの考え..
by パピヨンパパ at 08:23
平田さん、   ご意見良..
by jony店長 at 21:48
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
正義と信念のために
from 笑う社会人の生活
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
トキ 4羽の繁殖成功 多..
from ローカルニュースの旅
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧


朝練IN多摩川

先週末に予定していたフリスビー大会は雪のためキャンセルした。
寒い朝が続くけどリンとした空気がいい
多摩川から富士山もくっきり見える。
次に備えてライクルの朝練!
パルティーのちょっかいが楽しい。[50秒ストーリー]


我が家の車だけ雪
a0199552_18251380.jpg

パルティーおいで!
a0199552_1826334.jpg

[PR]

by willfiji | 2012-01-26 18:33 | スポーツ | Comments(2)

経営者

年明けから週3回友人の会社に通いはじめた。先週は元部下と飲んで、話を聞いた。
バブル後の経営は会社を筋肉質に変えるリストラがやむおえない手法だった。
投資を抑え、持っている資産を債務返済にあて、耐え忍ぶ経営を余儀なくされた。
しかしダイエットも限界を超えればその手法は致命的に社員を不幸にする
賞与やベースアップは言うに及ばず定昇もできない企業となる。
経営者を正す役目を負うはずの組合は縮小均衡下の少ない雇用を人質にされ、自己矛盾をかかえながら経営者と手を結ぶ組織防衛に走る

デフレ、円高、少子高齢化、震災、等、日本企業は6重苦をかかえていると言われているがそれを乗り越えるのは人材でしかない。特に小売業は継続的な人の採用が成長の原動力でOJTを実現する人員確保が必要だ。ファッションを担うなら尚更だ。
社員は経営者の大事なパートナーであっておもちゃではない。

友人の会社には資産はないが人を育てる土壌がある。社長に社員の人格を認める思いがある。信頼関係がそこから生まれている。
それがあるから僕は顧問として彼を全面的にバックアップすることをミッションにした。
元部下はそんな関係を望み、現実と向き合っていた。


a0199552_22115495.jpg

調布飛行場を飛びたつセスナ「ドルニエ 
[PR]

by willfiji | 2012-01-22 22:19 | ビジネス | Comments(2)

社会保障と税の一体化

趣味であるワンちゃんのこと、リタイアした後の生き方について思うこと、そして政治や経済のことをこのブログに書いている。世間で語られることを自分なりに整理して自分の意見として書くからその段階で迷っていたこともまとめることができる。
かつての部下から思想家のようだとメールがきた。傲慢さは持たないようにと思っていたが反省しなければならないと思う。

そんな感じで今思うこと、考えてみた。政権が政治生命とする社会保障と税の一体改革について、どうしたらいいのかということだ。
この日曜日に格差を象徴する貧困家庭の象徴としてシングルマザーの家庭が紹介された。
増税は生活保護世帯の給付増にも対応するという報道ストーリーからだ。
庶民派の代表として金さん銀さんの娘達(といっても70歳以上のおばあさん)が発言した「がまんしないから夫と別れた、それがダメ」との発言に司会者があわてて発言をカットした場面があった。そのシングルマザーの事情はわからないが指摘は放送局の思惑とは違うが正しい側面を持っている。

自制して勤勉に働く人の汗がうむ増税部分が我がままな生き方や怠惰な生活をしている人に流れ保障されるとしたら、この国の未来は少子高齢化以前に衰退する。
改革とは機会平等の上に立った、努力が報われる社会の創造を目的になされるものだと思う。
メールをくれたその部下とはなじみの店で明日飲む。

ワンちゃんからの逃避・・姪の娘が我が家にやってきた。 

a0199552_22224755.jpg
a0199552_22221555.jpg

[PR]

by willfiji | 2012-01-18 22:27 | Thnking | Comments(5)

フリスビードッグ

あと1カ月で1歳のライクル、来週開催のフリスビー大会にエントリーした。団体は違うが、8か月の時、フリスビーでもボールでもなんでもいいから投げて持ってくるビギナークラスに、フリスビーで出場した。競技中にMCの「ジャンプキャッチしたらノーカウント」との声でその団体がディスク競技は10カ月以上としているその意味を知った。
a0199552_2256348.jpg

今回の団体にその制限はないがなんでもいいクラスの上にフリスビー限定のトライアルクラスというがあって、初心者又は初心犬とあったのでそのクラスに申し込んだ。
ライクルとフリスビーをやろうと思い、知ったのは団体毎に認定のディスクの大きさが少し違うということだ。大きい方が遠くへ飛ぶしコントロールもしやすい。しかし大型犬が使う大きなディスクは小さなパピヨンにとっては大きくて上側でくわえると地面ついてしまうから、下側にくわえ直すにも持ってくるにもハンデとなる。

兄犬のウイリー&パルティー達は大会出場を考えてなかったのでほとんどの団体で認定されていない小さいので遊んでいた。

a0199552_2256670.jpg


ライクルは大会に出るために認定されている大きさの中でくわえてこられる最大を考えて練習した。 
いよいよライクルと新しいスポーツに挑戦する。そのドキドキとワクワクがとてもうれしい。
a0199552_22565454.jpg

[PR]

by willfiji | 2012-01-14 23:03 | スポーツ | Comments(5)

進化論

動物園友の会に入っているから、機関誌「どうぶつと動物園」冬号が届いた。
記事の中に「ダーウィンの進化論」があった。考え方のヒントになった。
a0199552_10535024.jpg

オラウータンの子供と人間の子供は同じような行動をする。
a0199552_10532671.jpg
そこで「人間は猿から進化した」とするのが普通だがダーウィンは「人も猿も共通の祖先から進化した」とした。
地球には多種多様な生き物が存在する。種の数が増えたからという。
何故か?「似た者同士でも、自然界における役割が少しずつ違えば共存が可能」だからだ。この結論がすごい!
a0199552_10521265.jpg

人は「違う事で争う」、「違う事で共存する」ことが進化だ。今、地球は生物多様性が問われている。異端や異教を排するイスラム対キリストの争いは進化の頂点に人類が立つとはとてもいえない史実だ。どちらも自然が無くなった砂漠で生まれた。
これからはすべての所に神がいるという自然信仰から生まれた仏教的考え方が神様の主役のような気がする。
それは企業経営にもいえることではないだろうか?一人一人が役割を持って仕事をするには、一人一人の異なった能力を認め育てることが前提となる。自己実現の世界だ。
a0199552_10525762.jpg

この機関誌冬号には他にも熊の赤ちゃんが冬眠中に生まれることや蜘蛛の巣によく蜂がかかっているがあれは蜘蛛に卵を産みつけて寄生するための演出というような、興味ある記事が載っていた。

[PR]

by willfiji | 2012-01-09 11:17 | ビジネス | Comments(2)

太極拳・(Yogaとスカッシュの他に)

昨日、2012年最初のジムに行った。太極拳の稽古の前に約1年教えていただいたM先生に来週から来られない事、日にち違いのY先生のもとで続ける事をお伝えした。「大変残念ですが是非続けてください、いい先生ですよ」。との言葉をもらった。

5年程気功をやっていたので、年を取ったら太極拳だと思い習うことにしたがそれは外から見たイメージだった。台湾や中国で高齢者がやる早朝の太極拳を見ていて感じたものだったが、誤りだった。太極拳は踊りではない。しなやかさで敵を倒す。力を抜くことで数倍の力になる武道だ。頭の中心「百会(ひゃくえ)」を天が引くまっすぐな体と、すっと腰を落としそれを受けた股関節と膝とで倒れない体をつくり、陰と陽の手が敵を攻撃し自分を守る。大木の強さではない柳の強さがそこにある。

僕は、持続力より瞬発力のあるスポーツが好きだった。体が固い、力が入りすぎるとよく言われた。決断力や独立心を押し進めるのが男らしい正義だと思っていた。年とともに感性や思いやりや許容を大切なものとして育ててきたもう一人自分がいると考えるようになった。だがそれを弱い自分だとする部分は捨てきれない。しなやかな自分に生まれ変わることがこれからのテーマだ。

「またお会いしましょうね!」。と最後に差し伸のべてくれたM先生の手にはしなやかさから生まれたぬくもりがあった。年末に彼女は太極拳最高位の3段に昇進していた。


今年もよろしくお願いします! 
a0199552_18364337.jpg

新年の浅草・・人・人・人! 
a0199552_1837912.jpg

参拝制限・・スカイツリー人気で増えている! 
a0199552_18382522.jpg

[PR]

by willfiji | 2012-01-04 18:48 | Thnking | Comments(4)