空のように、海のように♪


パピヨンパパの思うこと
by willfiji
メールアドレス
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
最新のコメント
紹介 日本語の起源..
by コトタマ学 at 22:03
ジョニー店長、動物達は何..
by パピヨンパパ at 21:10
目は、口ほどに…と、言う..
by Jony店長 at 20:08
大変参考になりました!!..
by 拓也 at 21:52
拓也君偶然ですね、弓張は..
by パピヨンパパ at 11:03
佳苗ちゃん、いいよ!幹事..
by パピヨンパパ at 10:24
突然のコメントすいません..
by 拓也 at 12:47
良いなぁ…月山!! 来..
by 佳苗 at 10:34
ジョニー店長。休みの考え..
by パピヨンパパ at 08:23
平田さん、   ご意見良..
by jony店長 at 21:48
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
正義と信念のために
from 笑う社会人の生活
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
トキ 4羽の繁殖成功 多..
from ローカルニュースの旅
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧


ドッグスポーツ

昨日はパルティーとアジリティー競技会に参加した、小さな会だったので、アジリティー2回めだったが、初級コースで1等賞をもらった。小学校の運動会の時のようにうれしい。
このドッグスポーツは、歴史も古く、世界大会が行われる。いつもやっているエクストリームはこの競技を参考にして生まれた。両方ともワンちゃんが障害物をクリアーしていくのを人(ハンドラー)が併走指示していく。犬の方が速いから人間が小回りでその差をうめる。ワンちゃんにとって、一緒に走ることが楽しくてたまらない、また走りたいという気分にならなければならない。走り終わった時、ペアマッチのように、やったぁ!やったぁ!と感激を共にする。その瞬間は天にも届く気分だ。愛犬との絆も更に深まる。
競技するワンちゃんは少ないので、競技会に出ると顔見知りになる。親戚以上の付き合いになる仲間もできる。皆ワンちゃん好きだから話題は限りない。姓名が分からなくても、我が家なら今はパルティーパパ、ママ、とかウイリー家と呼ばれる。TV出演もその関係から回ってきた。
忙しくてこの1年、ドッグスポーツが出来なかったからこそ、リタイアして、そこで得るものの大きさを更に実感している。
a0199552_20365988.jpg

マオちゃんは真桜と書くウエルシュコーギーペンブローク。↓と姉妹
a0199552_20371771.jpg

マナちゃんは真夏と書く、ウエルシュコーギーカーディガン。姉妹の名前はママのイメージ
a0199552_20374290.jpg

メガ君、チワワ・スポーツドッグ日本1は太鼓判!
a0199552_2038434.jpg

とにかく速いシェルティー、メビウス君、くるくる回らない。ママも声以上に速くなった
a0199552_20394245.jpg

メガとは兄弟のラージ君、この兄弟の名前はママの酒量からつけられた?       
a0199552_20395936.jpg

パルティーとずっと一緒のスポーツドッグ・イブちゃん、レディーなのに速い!速い!世界大会出場を狙う実力
a0199552_20404044.jpg

このシーソーは慎重に・・・軽いパルティー、ガタン!の前に飛ぶなよ!
a0199552_20411068.jpg

表彰状!よく見てね。ゴールドメダル・パルティーと書いてある
[PR]

by willfiji | 2011-02-28 21:23 | 自由 | Comments(3)

ホワイトライオン

TVの動物番組がほとんどなくなった。《志村動物園》もバラエティー化している(パン君はいい!)。TBSの「動物奇想天外」(ウイリ-が出演したことがある、一瞬(笑))の羽仁進監修《マザーアフリカ》が好きだった。今はNHKの《ダーウィンが来た》位しかない。そんな中、BSで《ホワイトライオン》が放映された。アルビノ種かと思ったが、実は固定種、現在、野生では保護区にしか生息しないらしい。ラスベガスで見たのは、サーカス用に人間がより白く繁殖を繰り返して作られた動物だと知った。野生ライオンはあれほど白くなく、犬種で例えれば、白ラブや白っぽいゴールデンといった感じだ。
その番組で最も衝撃的だったのは、今も続いている《キャンドゥーハンティング》の事。動物を人間の手で育て、ハンティングさせるビジネスで、南アフリカや中央アフリカで堂々と商売しているという現実だった。キリン200万円。ライオン600万、像は時価で、ホワイトライオンは1200万以上だ。価格表も撮影された。ハンターはヨーロッパ人。獲物となった死姿と共に銃を片手に「採ったぞ!」と撮影する。ただそれだけ、ショックだった。
シーシェパードは人種偏見者の暴力集団にすぎないと思うが、ヒステリックに反捕鯨を叫ぶ人々はこの現実をどう思うのか。許されること、許されないことがある。
一人でも多くの人に「キャンドゥーハンティング」の事知ってもらいたい。           

3月初めにパルティーと一緒に東京MXTVに生出演する事になった、どうなるかな?
a0199552_11262628.jpg

                            カワウも飛んだ
[PR]

by willfiji | 2011-02-25 11:31 | Thnking | Comments(4)

独裁者

今、世界は大変な岐路に立っている。日本も無関係ではない。
豊かな時代に育った世代に、物の本質を知らせる大人はいなかったのか?
世の中はきっとこのままではない。

チュニジア、エジプト、そしてリビア、中東が揺れている。ムバラクは親米、カダフィーは反米の違いはあるが、いずれも民衆の独裁者に対する革命だ。なぜだろう?ムバラクもカダフィーも昔は偉大な指導者、民衆の英雄だった。それがなぜ?独裁者になるのだろう?
北朝鮮の金日正も民主化の旗手だったが2代続けた独裁体制を作り、民衆の餓えを犠牲に、3代目がその後を継ごうとしている。
民衆の為と戦ったリーダーも君臨すればするほど真の批判者を退け、おだてる者だけを重用する。権力の魅力に勝つ克己心を持てる名君は史上でもマレだ。

今、日本の若者の意識はあまりにも低いのではないだろうか?
TV番組のほとんどがバラエティーで、おもしろおかしく語る事ができても、真剣な問題は避ける。強いリーダーを求め、自ら、自由を勝ち取ることより従うことに安住する。
人として生きていく教育をしていたのだろうか。豊かな先進国だったこの国の義務を怠った代償は大きい。

a0199552_23195466.jpg
a0199552_23202028.jpg

                コサギ?ダイサギ?まだまだ初心者。
[PR]

by willfiji | 2011-02-23 23:23 | Thnking | Comments(0)

フォークソング

僕らの時代にとって、フォークソングはちょっと照れくさい。ヘルメットを置いて、手にしたギターで毎日、歌っていた。もちろんコードしか知らない。小室等のBS番組を見て思った。
今日はフォークが語ってくれる。
《私達の望むものは、あなたを殺すことではなく、私達の望むものは、あなたと生きることなのだ♪今ある幸せにとどまってはならない♪まだ見ぬ幸せに今飛び立つのだ♪》
《今~春がきて、君はきれいになった♪去年よりずっときれいになった♪・・・君のくちびるがさよならいうこと~怖くて下を見ていた♪》
フォークの旅は今も続いている。
《どれだけ待ったら叶うのか♪僕達の世界~友達よ、その答えは風が知っているだけ♪》
何年も前、甥にあげたギター、今どこにあるのかな?
a0199552_20531442.jpg

  姐さんにはかなわない           多摩川・カワウ
[PR]

by willfiji | 2011-02-22 21:00 | Thnking | Comments(0)

流通業・志

雑誌2020の編集長から、突然にメールが届いた、丁寧な長い文面の中に僕のブログ「志」を読んで、〈私どもの雑誌の伝えたいことそのものズバリをあのように書いてくださって、改めて自分たちのつくっている雑誌の存在価値を知らされました〉とあった。偶然に見つけていただいたのだろうか、流通業に身を置いた者にとって、うれしいメールだった。

土曜日は神田で着物時代からの友人と飲んだ。彼は1年下。気心が知れる仕事仲間でもあったが、飲み仲間といった方がぴったりの関係だ。飲み仲間にはルールがある。日程の決め方、飲み方、話題、同席者、勘定の仕方等々。彼と飲むと実に気持ちがいい。
その居酒屋は彼の同郷の元大手スーパーの優秀なバイヤーから独立した友人が経営する店だ。激戦の神田で繁盛店の地位を築いている。ブログからのお客さんも多い。
http://tokaisendan.blog76.fc2.co神田で飲むなら満足度は保障する。
毎日が食のイベント。さすが元バイヤーだ。旬のものがいつも旨い。この地のサラリーマンの心を掴んでいる。その日は薩摩祭りをやっていた。厳選されたさつま揚げはもちろん、是非と勧められたさつま地鶏のささみの刺身が柚子胡椒との相性もよく、口の中で融合した。
彼の話も一味違う、オーナーとしての見識がある。3人の話題はこれからどう生きるかになった。ステッキを持っても「自分の足で歩いて行こう。」との話になった。

a0199552_18124838.jpg

日曜日、久しぶりに富士山裾野で、ドッグスポーツ・エクストリーム練習会。
パルティーと思い切り楽しんだ                    
a0199552_18131164.jpg

跳ぶ!パルティー
a0199552_18141996.jpg

今日はママと二人で大喜び!実力日本一!マキシマス君
a0199552_18151158.jpg

陸上部のお姉さんハンドラーと一緒に!ランちゃん
[PR]

by willfiji | 2011-02-21 18:34 | Thnking | Comments(0)

美容と理容

1年半ほど前から美容室に行くようになった。ずっと理容技術にこだわっていた。満足する理容師にめぐり合うのが大変で調布に来てから何軒か行き、やっとめぐり合った理容師は調布では老舗の店のスタッフだった。彼が独立して、沿線の少し遠い所に店を出してからもその駅までわざわざ行っていた。一方、Pママが通う美容室はこの街では評判の店で、その理容師も一目置いていた。便利さもあって、その美容室に通うようになった。僕より若いオーナーは技術も会話能力も期待以上だった。誰にも言えない仕事の事、いっぱい言いたい趣味の事、会話を引き出してくれて、しかも教えられる事が多い。スタッフ達の礼儀のよさはこのオーナーの人柄を表していて。いごこちのいい店だ。
彼の美容と理容の違いの解釈からも学んだ。
それは「彫塑」の違いだった。彫刻は彫って創る。塑造は粘土などで作り上げていく。
美容は塑造で理容は彫刻だと言う。髪を刈り込んでいくか、その髪を生かして創っていくか違いは大きい。コストカットか投資かと同じテーマだ。未上場の企業にとってはその判断はオーナーにしかできない。僕が理容から美容へ移ったのも交通だけではなかったと思う。理容師は激減し美容師はサービス産業の一躍を担っている。

a0199552_16563323.jpg

ご当地デザインナンバープレート。ゲゲゲの鬼太郎。(調布には水木しげるが住んでいる。)好きなナンバーが先着順でもらえる、ただし、同じナンバーは抽選。その情報をオーナー美容師さんに知らせた。彼の多彩な趣味の1つが「ハーレー」で、大型バイク3台(もう1台増えたかな?)に乗って、見て、楽しんでいる。原付きバイクも持っていたので教えてあげた。家族所有になっていて反対されたと、僕のバイク見るたびに「イイナァー!。」
この番号、二つの秘密わかるかな?今度来るワンちゃん、犬種(パピヨン)は決まっている。名前は♂ならライクルだけど♀になったらハイジにする。わかったかな?
a0199552_16572399.jpg

[PR]

by willfiji | 2011-02-19 17:08 | Thnking | Comments(2)

夢は逃げない

ジムで、「Pパパさん!フットサルやりませんか?」とスタッフから声をかけられる。
「やりますよ。」と即答。このクラブにあったのかと聞くと、2カ月に1度程、外部会場でやるという。M調布クラブだ。
「ユニフォームも、スパイクも、ボールだって持っているよ。」
ユニフォームを着たのは去年の初夏の1度だけになってしまったけど、実に楽しかった。
サッカーをやったのは高校時代だから、40年以上前だ。フットサルは初めて、このボール、飛ばない、上がらない。(歳のせい?)
秋もやると聞いて、夏にボールとシューズを買って、パルティー相手に密かに練習した。(ポイントはコーチもやっている、SとNから聞いた。)
50代最後の遊び、会社のメンバーと共に笑えるのが楽しみだった。1点だけでもシュートしたかった。「今度は入りますよ。」と夏に対戦した、キーパーHが保障してくれた??
ユニフォームは各国代表のものを皆で選んで決めた。僕の好んだフランスのものになった。強制はしていない、それがスポーツだ。
背番号21は僕が野球少年だった時つけていた番号で、ちょっとこだわった。すでに決めていたメンバーから譲ってもらった、強制だと笑い話になった。(ホンマ二、スマン。)
秋のゲームには出られなくて、保障されたシュートも叶っていない。「夢は逃げない。」ユニフォームも1度だけかと思っていたから、嬉しい知らせだった。・・パルティーも見においで。

カメラ目線OK!・・・構図はイマイチ、僕のフットサルと同じだ。
a0199552_11174153.jpg

ともだち・その後
パルティーの一番のガールフレンド夏鈴(かりん・一番右)ママから送ってもらった写真。
ちなみに隣はお姉さんの萌香・雫、パルティーはどちらにも振られた過去がある。
気が強い子は引いた方がいいとなぐさめた。だから?姉さん達が夏鈴の間に入っているのかな?
a0199552_2143358.jpg

[PR]

by willfiji | 2011-02-17 11:22 | 自由 | Comments(3)

シベリアからの使者

野鳥観察会で覚えた鳥の名前、パルティーと散歩しながら確認する。
ツグミがいた。多分?そして、写真を撮る。小さな鳥だからできるだけ近寄る。
昆虫採集の感じで近寄る。小さい時から、得意分野だ!
うまくいった・・・と思った!パルティーは?と見ると、最初の所でオスワリして待っていた。ゴメン、ゴメン。相棒を忘れてはいけない。
思えば、待て!と合図して移動した。写真撮る時、これ覚えてね。いい子、いい子、と褒める。
帰って、調べると、ツグミは夏にはシベリアに住んでいて、冬、日本にやってくるとの事。
多摩川のこの小さな鳥はアムール川も知っているということかな?
メドベージェフさん!前原さん!歯舞・色丹・のこと、ツグミのように自由往来できるように、人類の知恵使いましょうね。
a0199552_215884.jpg

[PR]

by willfiji | 2011-02-16 21:06 | 自由 | Comments(0)

雪・フリスビー

a0199552_18124082.jpg

雪が積もった、新雪の中、パルティーとフリスビーで遊ぶ。
雪の白、パルティーの着ているダウンも白、フリスビーも白、もちろんパピヨン・パルティーも白、同じ白でも新雪はまさにスノーホワイト、光っている。

人間も生まれた時、心は白。最初から悪い人間はいない。
少しづつ光を失うのは仕方がないことだと思う。
心がBLACKにならないように、いつまでも白く輝くように、磨いていたい
a0199552_18132659.jpg
a0199552_18141490.jpg
a0199552_18144238.jpg
a0199552_1815859.jpg

[PR]

by willfiji | 2011-02-15 18:20 | 自由 | Comments(0)

早淵川野鳥観察

早淵川野鳥観察に同期Mの紹介で行った。鶴見川流域のこの川、
多摩川に比べたら支流の支流といった小さな川。あざみの駅からスタートして、
下流に向かう。観察には鳥との距離が近いので適しているらしい。
この前のブログにヒヨドリかな?と書いたら、義姉から、ムクドリだよと訂正が入った。
いくつ覚えられるか、楽しい学習だった。主催の人が丁寧に鳥を見つけるたびに説明してくれる。Mにもフォローしてもらい、見た鳥は21種、7種位覚えた。
カルガモ,コガモ、の違いもわかった。2月は渡り鳥が多いから、絶好の観察月との事。天気にも恵まれた。
鳥が大好きな大学生とも知り合った。学内に流域共生センターがあり、そこの教授が指導している。「コンタクトを取ってください。」と言ってくれた。
終わってMと2人で生ビールを飲んだ。「いつまでも社会貢献していたいね。」に共感。
鶴見川は日本一汚染の進んだ河川だった、それをこの人達が再生している。
この地域は僕の好きな街「青葉台」もある、民度の高い所だ。


a0199552_22331677.jpg

   カワラヒワ(スズメ位の大きさ)    覚えられるかな?
[PR]

by willfiji | 2011-02-13 22:40 | 自由 | Comments(0)