空のように、海のように♪


パピヨンパパの思うこと
by willfiji
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メールアドレス
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
最新のコメント
紹介 日本語の起源..
by コトタマ学 at 22:03
ジョニー店長、動物達は何..
by パピヨンパパ at 21:10
目は、口ほどに…と、言う..
by Jony店長 at 20:08
大変参考になりました!!..
by 拓也 at 21:52
拓也君偶然ですね、弓張は..
by パピヨンパパ at 11:03
佳苗ちゃん、いいよ!幹事..
by パピヨンパパ at 10:24
突然のコメントすいません..
by 拓也 at 12:47
良いなぁ…月山!! 来..
by 佳苗 at 10:34
ジョニー店長。休みの考え..
by パピヨンパパ at 08:23
平田さん、   ご意見良..
by jony店長 at 21:48
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
正義と信念のために
from 笑う社会人の生活
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
トキ 4羽の繁殖成功 多..
from ローカルニュースの旅
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

「サイバー・コマンド」(読書no.226 )

サイバー・コマンド」 (著・福田和代)

サイバーテロという危機が世界を襲っているが、どんなことが起こるのだろうか、サイバーとはインターネット空間と考えていいだろう、インターネットを使ったテロをどう防ぐのか、そんなことが書かれている本を手にした。


a0199552_10174625.jpg

明神海斗が防衛庁のサイバー防衛隊に勤務したのは、自衛官に必須の体力には自信はなかったが、ハッカーとしての能力が際立っていたからだ。


インターネットが武器になる
、海斗はサイバーを戦場とする兵士なのだ。


トランプ大統領のロシア疑惑や北朝鮮や中国が発信先だとされるサイバー攻撃による通信障害疑惑がニュースに頻繁だが、情報戦は自由社会においても今や常識でメルケル首相がアメリカ滞在時に盗聴されたことなどで明らかだ。


ネットの世界で怖いのは、誰でもハッカーになれ、そして国境を越えて同志を募ることができる点だ、同志が集まれば
CPUが加算され戦闘力も増す。


この小説はちょっとしたことでサイバー戦争が始まり、その国のインフラを破壊する可能性を示す、コンピューターをコントロールすれば、交通機関を麻痺させ大事故をおこすことも、原発に入り込んでメルトダウンを起こすことも可能だ。


第二次世界大戦を契機に国際連合や
EUを産んだ世界がにわかに岐路に立っている。


日本にしても平和主義や民主主義が揺らいでいる。先の大戦から人々は善なるものの大切さを知り、性善説が世界をリードした、だが今、平和の芽を摘む勢力が待っていたように現れ、暗雲が出番をうかがう、自己利益実現を優先し他人を配慮しない人が闊歩する、ネットの世界は更に激しい、匿名性にあるからだ。


インターネットは本来人間の善意によって成り立つ仕組みだが、悪用する輩が幅を利かせていることも否めない、ネトウヨなど最たるもので愛国心というより自己顕示欲やフラストレーションの発散に近い、彼らの非難と罵倒はおよそ文明国の物言いではない。


この本はそんな人たちが仕掛ける戦争があると示すのだ、愛国者を語る人が集団で他国をサイバー攻撃することは可能だ、国がその人たちを仕向ける危険性もある。


武力行使がサイバーという手段になっても変わらないものがあると著者は綴る、国同士、国民同志が憎しみの連鎖を解き、自国も他国も互恵によって成り立つという正義に立脚することだ。

正しいことをやり続けるのが難しいなら正しくないことをやらなければいいのだ。
「正しいことをしなさい、正しくないことがわかれば正しいことがわかるはず」、


サイバーテロ攻撃を最小限に食い止めた海斗はこの言葉をかみしめる。


[PR]

by willfiji | 2017-08-08 10:25 | Comments(0)
<< 「浸食捜査」(読書no.227) 「パレートの誤算」・(読書no... >>