空のように、海のように♪


パピヨンパパの思うこと
by willfiji
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
メールアドレス
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
最新のコメント
紹介 日本語の起源..
by コトタマ学 at 22:03
ジョニー店長、動物達は何..
by パピヨンパパ at 21:10
目は、口ほどに…と、言う..
by Jony店長 at 20:08
大変参考になりました!!..
by 拓也 at 21:52
拓也君偶然ですね、弓張は..
by パピヨンパパ at 11:03
佳苗ちゃん、いいよ!幹事..
by パピヨンパパ at 10:24
突然のコメントすいません..
by 拓也 at 12:47
良いなぁ…月山!! 来..
by 佳苗 at 10:34
ジョニー店長。休みの考え..
by パピヨンパパ at 08:23
平田さん、   ご意見良..
by jony店長 at 21:48
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
正義と信念のために
from 笑う社会人の生活
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
トキ 4羽の繁殖成功 多..
from ローカルニュースの旅
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

殺人犯はそこにいる

殺人犯はそこにいる」(著・清水 潔)
 隠蔽された北関東連続幼女殺人事件。


警察は菅谷利和さんという男性を「誘拐殺人犯」として逮捕し、
17年の間刑務所に閉じ込めた。もっとおそろしいことに時効によって真犯人は不逮捕のライセンスを得る。

a0199552_17584666.jpg
冤罪はあってはならないが真実が明かされることなく刑に服した人は数えきれないほどあるだろう。

それ以上に許されないのはこの本のような検察のメンツをつぶさないための冤罪が存在するということだ。

検察で扱った足利事件は北関東連続幼女殺人事件とするのが真実だと著者は訴える。
足利事件の犯人とされた菅谷さんは足利事件で無期懲役の判決を受けて、その前後に連続して起こった幼女殺人事件では証拠不十分で起訴されなかった。


菅谷さんは足利事件の犯人とされ、世間ではその他の事件にも関与したのではないかとグレーのまま服役した。
著者の清水氏は日本テレビの記者。

この事件を追う中で、警察や検察や裁判所までが自ら決めてしまった決定を改めることなく隠蔽の上乗りを続け組織防衛に走る権力の横暴に直面する。警察でもない清水氏は記者として取材でつかんだ事実を報じるしかないという信念のもとで徹底的に現地調査しついに真犯人を突き詰める。

しかしその真犯人は逮捕されることもなく今も一般人の中で暮す。

この本は実名こそ出さないが、殺された幼女たちの声に代わって事実を訴える震撼の書と言っても過言ではない。


何故冤罪が起こるのか?犯人を捕まえると賞が与えられる
という一面がある。未決事件は恥とされその警察や検察の意地をかけた戦いになる。


卑近な例だが隠れていた白バイにボクも交通違反キップを切られた経験を持つ。バイクの警官は違反した場所はボクのように他県からきた人には解りにくいのだとうそぶいた。
ボクは冤罪ではなかったが反省するより運の悪さを悔やんだ


この事件は権威ある科捜研のDNA検査が誤りの根本だと指摘する。DNA検査が菅原さんの有罪を決定づけた。科学は嘘をつかないと動かぬ証拠となった。


無罪を主張する菅原さんは何度もDNAの再検査を要求するが認められない。証拠が年月によって劣化したその後の再検査でやっとDNA不一致が認められたが検察は最後まで当時の検査に間違いはなかったと主張する。

法廷に出される証拠はあくまで容疑者を有罪にする証拠だけだ。


ボクは清水氏にジャーナリストとしての誇りを見た。

清水氏及びそれを取り巻く局の人たちは権力に屈しない気概を持っている。


それが日本テレビということに驚いた。政治記者と事件記者との違いがあるのだろうか?日本テレビの今の報道はフジテレビと同様に政権にすり寄りすぎる傾向がある。

保守的な新聞社がバックにあるからだが最近はここまでやるかと思うくらい政権を持ちあげる


昔見ていたフジテレビの
2020は保守的ではあったが批判すべきことはしっかりしていた。日本テレ系列の読売テレビの辛坊氏の番組も良心的な番組だったがその変貌ぶりには首をかしげるばかりである。


事件の真犯人はもう捕まることがない。捕まれば科捜研によって死刑台に送られた人たちの証拠そのものが疑われるからだ。

この本は権力の誤りを臆する事なく広く知らしめる使命を持って出版され多くのジャーナリストが称賛している。
政治部報道記者に噛みしめてもらいたい重さがある。


[PR]

by willfiji | 2017-02-17 18:19 | 読書 | Comments(0)
<< マッカーサーの二千日 知る沖縄 >>