空のように、海のように♪


パピヨンパパの思うこと
by willfiji
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
メールアドレス
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
最新のコメント
紹介 日本語の起源..
by コトタマ学 at 22:03
ジョニー店長、動物達は何..
by パピヨンパパ at 21:10
目は、口ほどに…と、言う..
by Jony店長 at 20:08
大変参考になりました!!..
by 拓也 at 21:52
拓也君偶然ですね、弓張は..
by パピヨンパパ at 11:03
佳苗ちゃん、いいよ!幹事..
by パピヨンパパ at 10:24
突然のコメントすいません..
by 拓也 at 12:47
良いなぁ…月山!! 来..
by 佳苗 at 10:34
ジョニー店長。休みの考え..
by パピヨンパパ at 08:23
平田さん、   ご意見良..
by jony店長 at 21:48
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
正義と信念のために
from 笑う社会人の生活
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
トキ 4羽の繁殖成功 多..
from ローカルニュースの旅
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ウルフ・ウォーズ

ウルフ・ウォーズ」(著・ハンクフィッシャー)オオカミはこうしてイエローストーンに復活した。
a0199552_10584572.jpg

1926年イエローストーン公園からオオカミが姿を消した。その50年前から公園には密猟者がエルク(シカの仲間)やオオカミの毛皮を捕るために横行していた。
その上1914年からはオオカミ根絶キャンペーンが始まった。オオカミが消滅してから約70年後の1995年、イエローストーンにオオカミが戻ってきた

この本はオオカミをめぐる70年の論争を感情に溺れず論理的に記述している。だからと言って単なる議事録ではない、著者のオオカミに対する愛情がにじみ出ている
なぜこんなにも時間がかかったのか、オオカミを自然に戻すことの賛否を問えば誰でも矛盾にぶちあたる。酪農業者の反対は一貫しているが賛成論には色々あってなかなかまとまらない。ばからしいことでこだわって一歩手前で挫折するそんな姿が浮き彫りにされる。
それでも著者達は賛成反対を別にして自分たちの主張が実現するように誠意ある態度を貫き通す。動物愛護の真骨頂には頭が下がる。

この本の訳者は日本でもオオカミを復活させたいと活動されている人だが、イエローストーンで70年かかった問題を日本が踏襲するとは思えない。一からやらなければならないだろう
シカが増えすぎたこともあってほんのわずかだが日本もオオカミ復活にむけて生命が誕生する時のように微動しだしている気がする。

ボクもオオカミ復活を望むけれど、家畜や人身に及ぼす被害をどう判断したらいいのか迷っている。我が家はイヌ連れでキャンプを楽しんでいる、小型犬だからオオカミが来たら太刀打ちできない。ある人がアメリカでオオカミ復活ができたのは銃社会だからだと言っていた。キャンプ中に襲われたら撃ち殺してもいいからだ。

この本にはオオカミは彼等から人を襲う事はないという。家畜は襲っても人は襲わない、
ということは我が家のワンちゃんは襲われることになる。そのへんの折り合いがボクの中ではついていない。

オオカミは欧米では嫌われたが日本ではオオ神様と祀られた、共存の文化がある。

増えすぎたシカを減らすという合理的判断より大事な事がある。
日本の自然の中で野生動物の頂点にいたオオカミが日本の自然の一部として復活したらいいという理由だ。ボクの意見はそれに近い、
もし導入となればタイリクオオカミだからニホンオオカミより大型にはなる。そんなことはすぐには実現しないだろうがあと70年たったら復活しているかもしれない、思いを馳せることだけでもワクワクする。




[PR]

by willfiji | 2016-02-02 11:05 | 読書 | Comments(0)
<< ヒトの本性 知の発見 >>