空のように、海のように♪


パピヨンパパの思うこと
by willfiji
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メールアドレス
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
最新のコメント
紹介 日本語の起源..
by コトタマ学 at 22:03
ジョニー店長、動物達は何..
by パピヨンパパ at 21:10
目は、口ほどに…と、言う..
by Jony店長 at 20:08
大変参考になりました!!..
by 拓也 at 21:52
拓也君偶然ですね、弓張は..
by パピヨンパパ at 11:03
佳苗ちゃん、いいよ!幹事..
by パピヨンパパ at 10:24
突然のコメントすいません..
by 拓也 at 12:47
良いなぁ…月山!! 来..
by 佳苗 at 10:34
ジョニー店長。休みの考え..
by パピヨンパパ at 08:23
平田さん、   ご意見良..
by jony店長 at 21:48
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
正義と信念のために
from 笑う社会人の生活
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
トキ 4羽の繁殖成功 多..
from ローカルニュースの旅
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

つめたいよるに・デユーク

つめたい夜に」(著・江國香織)
悲しい犬との物語と知っていて躊躇するものがあったが短編集の冒頭が「デユーク」。
a0199552_11565680.jpg

犬を飼う人の試練は人間に比べて余りにも短いドッグイヤーと呼ばれるその寿命だ。大型犬で10年~15年、小型犬でも15年を超えれば長寿犬だ

命の大切さや儚さを初めて知るのは多くの人にとってペットからではないだろうか。
涙が止まらない程悲しくなるのは多分大人になってからだと思う。

ゴースト」という映画を観た人も多いと思うがあれが大人の悲しさだ。
「デユーク」はゴーストの犬版ともいえる。愛情をかけた者が死に、魂がさまよう中で言い残した事を伝える、洗練された著者の文体は優しく悲しい、失ったものへの執着を静かに薄めていく

犬との関係は彼や彼女、友人、娘や息子、そして孫の時もある。
ボクの場合は長男、次男だったが三番目は三男ではなく初孫になった。
犬はあくまでも犬で必要以上の擬人化はすべきでない、世界には飢餓状態にある子供達が何億人もいるということをわきまえて飼うという理性が必要だ。
その中で、愛情を注ぐ、犬との暮らしはかけがえのないものになる。
犬は人の言葉を覚える、難しい言葉はわからないが、飼い主の気分がわかるようになる、10歳を超えれば言葉がみつからない感情までもわかってくれる。

そんなパートナーとの別れがあっという間にきてしまう。どうしようもない定めだ。「デユーク」はゴーストと同じように「その時があったことを感謝する」気持ちに導いてくれる、勇気ある愛犬家にオススメの本だ。

[PR]

by willfiji | 2015-12-22 12:03 | 読書 | Comments(0)
<< パンダの死体はよみがえる ティングトゥ >>