空のように、海のように♪


パピヨンパパの思うこと
by willfiji
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
メールアドレス
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
最新のコメント
紹介 日本語の起源..
by コトタマ学 at 22:03
ジョニー店長、動物達は何..
by パピヨンパパ at 21:10
目は、口ほどに…と、言う..
by Jony店長 at 20:08
大変参考になりました!!..
by 拓也 at 21:52
拓也君偶然ですね、弓張は..
by パピヨンパパ at 11:03
佳苗ちゃん、いいよ!幹事..
by パピヨンパパ at 10:24
突然のコメントすいません..
by 拓也 at 12:47
良いなぁ…月山!! 来..
by 佳苗 at 10:34
ジョニー店長。休みの考え..
by パピヨンパパ at 08:23
平田さん、   ご意見良..
by jony店長 at 21:48
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
正義と信念のために
from 笑う社会人の生活
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
トキ 4羽の繁殖成功 多..
from ローカルニュースの旅
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

センスオブワンダー

センスオブワンダー(著・レイチェル、カールソン)。世の中を変えた数少ない本「沈黙の春」(既読)を書いた著者の遺作だ。
a0199552_1142997.jpg

可愛がっていた姪の息子に贈るとされたこの本は「沈黙の春」がその後の環境問題に大きく影響を与えたように、人間ひとりひとりの心に地球のすばらしさを生命の輝きにあるとして地球の美しさを探求するのも守るのも人間であると破壊と荒廃へ突き進む現代社会にブレーキをかけるのは子供達の感性だと遺したものだ。

女史は幼いロジャーを別荘のある地の自然に触れさせる。嵐の夜の海のしぶき、大波に立ち向かう小さなカニ、高原を彩る花々、断崖を覆うシダ。自然の中でロジャーの感性が育つ。
センスオブワンダーは「神秘さや不思議さに目を見張る感性」で、つまらない人工的なものに夢中になる解毒剤になるものだ。

知ることは感じることの半分も重要ではない」と女史は言う。名言だと思う。

この6月、梅雨時期に愛犬とともに南九州をキャンプ旅行した。
雨が多かったから友人からは大変だったね と言われる。
確かに晴れの日の展望はいいし行動範囲も広がる。
雨の中で感じたのは濡れた緑の美しさや水気をもった空気から伝わる自然の匂いだった。
犬たちは暑い太陽より雨の合間の芝生を駆け回る方が何倍も元気だった
自然の中での食事はプラスワンのサラダになって体を浄化してくれる

センスオフワンダーは誰にでもある人間的感性だ。
それを磨いていくことに喜びを感じるようになっていくことが大切だと思う。
女史はこの本を残して1964年に56歳で亡くなった。
「沈黙の春」が書かれたのは1962年、今でもロングセラーとなっている。
センスオブワンダーで現された女史の見識に人々が今も惹かれているからに他ならない。

[PR]

by willfiji | 2015-07-31 11:12 | 読書 | Comments(0)
<< 肉体の門 アニマルファクトリー >>