空のように、海のように♪


パピヨンパパの思うこと
by willfiji
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メールアドレス
お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
いま憲法は『時代遅れ』か
at 2017-03-22 10:13
終わった人
at 2017-03-16 17:07
キャスターという仕事
at 2017-03-09 18:45
憲法という希望
at 2017-03-03 14:05
マッカーサーの二千日
at 2017-02-25 18:25
最新のコメント
紹介 日本語の起源..
by コトタマ学 at 22:03
ジョニー店長、動物達は何..
by パピヨンパパ at 21:10
目は、口ほどに…と、言う..
by Jony店長 at 20:08
大変参考になりました!!..
by 拓也 at 21:52
拓也君偶然ですね、弓張は..
by パピヨンパパ at 11:03
佳苗ちゃん、いいよ!幹事..
by パピヨンパパ at 10:24
突然のコメントすいません..
by 拓也 at 12:47
良いなぁ…月山!! 来..
by 佳苗 at 10:34
ジョニー店長。休みの考え..
by パピヨンパパ at 08:23
平田さん、   ご意見良..
by jony店長 at 21:48
最新のトラックバック
venushack.co..
from venushack.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
正義と信念のために
from 笑う社会人の生活
ドイツ皇帝の最後の宮殿で..
from dezire_photo &..
トキ 4羽の繁殖成功 多..
from ローカルニュースの旅
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

動物ドーセントになる!

2014年を迎えた。今年はどんな年になるだろうか?時代の流れには逆らえないが生き方を決めて行くのは自分でしかない。年頭にあたりちょっと書いてみた。
a0199552_22101527.jpg



リタイヤして4年目を迎える。3年経った。1年目は地域活動に参画して貴重な体験をした。東日本大震災が起き、日本人の考え方も変わった時だった。身近な人とのつながりが人間らしく生きる上で大切だ、そんな意味で絆という言葉は自分のものとなった
一方、地域活動を自分の利益だけのために利用する人がいることも知った。

仕事を通して長年の友だった会社に週3日顧問として行くようになったのはリタイヤから2年目を迎えた時だった。培ったファッションビジネススキルが友人の会社のために生かされるなら願ってもないことだ。
顧問はラインではないからアドバイスする立場になる。友人の会社は規模も小さく組織力ではなく個人技で動いている部分が多い。友人の人柄で持っていると言ってもいい。
それでも何十人かの社員を抱えているから雇用責任もあるしコンプライアンスもしっかりしていなければならない。僕のやるべき事は多義に渡る、友人もその意は十分汲んでいた。変えるべき点は明らかで1年で多くのことを変えた。しかし変わろうとしない所もあってベテランほど硬い。大手ならリストラ対象だがそうあってはならない。時間をかけてわかってもらえばいいと思うに至った。そんなわけもあって、
昨年秋より週2日勤務のプチ労働にした。

そこで増えた自分だけの時間をどう使うかという楽しい課題に早速取り組んだ。スポーツジムの時間を増やしても余りある日の使い方だ。


a0199552_2271967.jpg

リタイアした時、真っ先に行ったのは動物園だ。リタイアを決めた時、部下の一人がどうするのですか?と聞いた。「毎日でも動物園へいける」と即答したことがあった。

多摩動物園のパスポートを買って何度か通ううちに知ったのが「TZV」(東京動物園ボランティア)という東京都が運営する上野、多摩、井の頭の3動物園で動物についての教育活動(ドーセント)をするというものだ。ボランティア団体の中で40年続いている最も歴史のある団体とのこと。300人が活動している。説明会に行った。年1回の募集に老若男女の動物好きが多数集まっていた。申請理由レポート等を提出した後手にした合格通知に久しぶりに胸が踊った。

間もなく実習研修がはじまり既に3ヶ月が経った。図鑑ではわからない動物のことや動物園の歴史等を学んでいる。実際に来園者の前でコアラやレッサーパンダやシマウマの説明もした。
子供達が動物と触れ合って命や自然の大切さを知ればいいと思う。ディズニーランドもいいがリアルを体験して欲しいと思う。絶滅に瀕した動物達を動物園が救っている実態がある。動物が住めない環境では人間も住めない。
動物園は檻に動物を閉じ込める見世物小屋ではない。そんなことを報せることができたらいいと思う。
6ヶ月の実習研修が終わって認定されれば本格的なドーセント活動に入る。任期は2年。
更新可能だから健康の許す限りできるものになる

年間400万人も来る上野動物園にマックがあってもいいのではないかとビジネスの顔が持ち上がるしボランティアの世界も何があるかわからないけど、今年もポジティブに自分らしく生きたいと思う。

[PR]

by willfiji | 2014-01-02 22:15 | 動物 | Comments(0)
<< 幸福な朝食 ボクの町 >>